永い言い訳の作品情報・感想・評価・動画配信

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

『永い言い訳』に投稿された感想・評価

奥

奥の感想・評価

3.8
不機嫌で堂々巡りな愚痴、穏やかに髪をカットする鮮やかな手さばき、対照的な夫婦のやりとりが強烈に印象に残るファーストシーン。

夫婦の愛情は当たり前の日常への感謝から。

妻と向き合う事をしなかった夫。妻の死と向き合うには、過去の妻と向き合う事から始めなければならない。

静かに見たい、深い作品でした。
朝倉

朝倉の感想・評価

4.8
滲みらぁ〜っくぅあ〜

映画みる時、み始めた時ってどことなく身構えたり「…っしゃ映画みるか」って緩く気合を入れてしまうんだけど、
始まった瞬間「あ、これは」って秒で脱力。
映画!!!って色味の映像ではなく、少し昔の動画とかホームビデオっぽい雰囲気がとても心地よくて。

そして本木雅弘さんと深津絵里さんね。
もう言うまでもないがすぎる。

子どもに翻弄される本木さんが、
本当に普通のおじさんで終始微笑み。
きっと3人のお子さんにもこんな眼差しを向けて大切に育ててこられたのだろう。
かの有名な内田家の家族写真に埃とかでいいから写りたかったと思わせるほど愛の深いおじさんだった。

愛してもよかった人を見過ごすこと、大切にできた人を蔑ろにすることは人生を諦めてるし自分のことも大事にしていない。
ってことを西川監督と本木さんの演技から学びました。
MAAAAA

MAAAAAの感想・評価

3.4
永い言い訳ね。。
んーわかるような、、、
わからんような。

そう言えばこの監督の
すばらしき世界も
こんな感じやったの思い出した^_^
わかるようなわからんような。

ひとつ言えるのが
本木雅弘カッコいい(笑)
あと物語としては
正直そんな響かなかった。
uli

uliの感想・評価

-
徹頭徹尾、幸夫くんがどうしようもない奴なのがすごい。このどうしようもなさを小説にするしかないんだなという生き様が見えたのが壮絶。最後の「人生は他者だ」って書く場面すごいよかった。小説家が自分で書いた言葉に打ちのめされていく様に震えた。
邦画特有のどろりと心を覆うこの感じ好き。カルマを背負った人間の生き様。
5loth

5lothの感想・評価

3.5
すごい文学だった。すごい文学だったけど、雪山を登っていくバスとか、桜の花びらの浮かんだ池とか、海辺の幸せな風景とそこにあるはずの喪失感とか、髪の毛が伸びることとか切ることとか(真平が父と同じ髪型になってるのとか)、映像の美しさが表現の深みを増すのね。よかった。

主人公のヤダみすごい。素直にひどい奴だと思った、最後まで。対等に話せるのは子どものみという人間性の幼さ。

人間の愛とか素晴らしさとか、醜さどうしようもなさとか、どっちにも振り切らないかわりに、どちらも“深い心”を描くことを出来るというのは是枝と同じか。是枝さんが気持ち愛とかに寄せて描く気がするが、だとしたら西川美和のが正解という気もする。

オープニングシークエンスの鋭さもすごかったなー。ヤダみと後悔を引きずるような。
SAIKIMAN

SAIKIMANの感想・評価

4.3
久々に見たけど、非の打ち所ね〜

自分の幸生くん的な部分を見つけてちょっとビンタしたくなる
あんな

あんなの感想・評価

4.8
私はまだ言い訳してる途中。言い訳し終わる人なんて居るのかしら、

子供を通して大人の滑稽さや美しさが描いてある作品はは私の中で特別な意味を持つことが多いとこの作品を通して思った。
夫婦関係、そして他人でありながらも
子育てをするシーンから分かる
"どれだけ相手を理解しているのか"
言葉ではいくらでも綴れるが
自分の人生なのに、他人への配慮なんてのは
本当に難しい。
人間は結局自分よがりで、何かを喪失した時
ようやく気づき始める。
"人生は、他者だ"
きっと誰かに必要とされているから
人は生きるのかもしれない。と

んでもね、何回言わせんだい?知ってても
難しいの!

ちなみに竹原ピストルおじさんの
怒ると見せかけて…からの〜
パワフルスマイル!が見てて
一番ハラハラしました。
本木雅弘さんの演技力が爆発してた。
世の旦那様たちにぜひ
しっかり観ていただきたい作品です。
>|

あなたにおすすめの記事