『命』に投稿された感想・評価

daiten

daitenの感想・評価

-
恩讐を越えて再び結び合う女と男。命を産み出し、同時に奪われる試練に向き合う。いら立ち苦しみながらも前へ進む、その時間は濃密だ。プライベートをさらけ出し、命のやりとりすらネタにする作家の“業”はそれほど感じられず。愛するふたりの素直さ、リアルな瞬間が印象に残った。
篠原哲雄『命』(2002)
KaraP

KaraPの感想・評価

-
柳美里さんの実話を元にした原作を元にした映画。初見(2002年)のときはリアルすぎて辛すぎて見るのがキツかった。当時の僕は映画というものを「どこかへ連れて行ってくれるファンタジー」として見ていたので、リアルすぎるものは受け入れられなかったのだ。こういう内容だと知ってたのにわざわざ見た理由は、トヨエツと江角さんが出ていたから。当時好きだったのだね。

というわけで、辛すぎて、その後は一度も見返さなかったこの映画。17年ぶりに見てみてどうだっただろうか。当時、リアルで辛い、と感じた部分が、当時ほどストレートに伝わってこない。実在の人物をモデルとしているため、その人物や関係者に遠慮して突っ込めなかったんだろうか?とまで思ってしまった。今ならもっともっとエキセントリックな表現でもよかった気がする。もちろん、こういう「抑えた演技」こそが伝わってくるという人もいるだろう。しかし私は当時ほどは胸に来なかった。理由も想像ついた。つまり。17年の間に「自分自身のリアルも十分ヘビーで過酷でキツくなった」ということである。だから感情に耐性がついたのだ。喜ぶべきことなのかはわからないが。そういうことだったのだろう。

この二人のような複雑な関係、クリエイターどうしなら「よくあること」だと思う。私もトヨエツと同じ立場なら、彼女の希望を受け入れてしまう可能性が高いなと思った。その部分はとても共感した。17年前に自分が想像してた自分の人生より、実際の17年間の自分の現実のほうがぜんぜん映画的だった。なので、これを見て「自分や知り合いに起こった、よくある出来事のひとつ」みたいに「普通に」見れてしまった自分が面白かったなと。
『万引き家族』の樹木希林を見ていて
この映画を昔観たことを思い出した。
柳美里の原作も良かった。一時期よく柳美里の本を読んでいた。
当時、柳美理さん原作の小説がかなり話題になっていたけれど、あの頃の私には受け入れられないだろうと勝手に思い込んで、映画も観ないでいたが、勿体無いことをしたと思うくらい、良い作品だった。
江角マキコさんも豊川悦二さんも美しくて絵になる。
自分の子どもでもないが、戻って来た元彼女が生んだ子どもを観て、もっともっと生きたい!と望む男、『東』
短い時間だったけれど、あの子にとって東は父親だった。
…全てが奇跡だ!と命を感じる作品。
slv

slvの感想・評価

4.0
18年前の作品だけれど、今この作品に出逢えて良かったな。
必死に生きようとする命の重み、愛の深み。
繋がっていく命の尊さ。
今の自分に、ズシリと響いた。

トヨエツと江角マキコさん、主役二人の熱演が本当に素晴らしい。
なんでフィルマの評価が低いのかわからないけど、私は良作だと思う。

主役の二人が、実在の人物を演じるという難しさに悩み葛藤しながらも真摯に向き合って、物凄い情熱を注いで演じたんだろうなぁという役作りの凄みが伝わってくる。

特に、トヨエツの役作りは本当に凄絶。
次第に弱々しく痩せ細っていく様がリアル過ぎて、なんだか痛々しいくらいだった…。

終始静かで淡々としたドラマだけれど、不意に胸を突かれて泣けてしまうシーンがいくつもあった。

トヨエツの、「自分の生まれ変わりをこの目で見たんだ。この手で抱いたんだよ。」の台詞と、神社で赤子を抱きながら声をあげて泣くシーン、病室でカステラ食べるシーンでは涙が溢れて仕方がなかった。。

江角マキコさんは、バラエティーとか『ショムニ』のイメージしかなかったから、こんなシリアスな役柄をやっているのが個人的には意外だったけど、この作品を観る限りやはり良い役者さんだなぁと改めて思った。
テーマも重く、凄く難しい役どころだったと思うけど、見事に役柄に入り込んで切々と丁寧に演じているのが伝わってきて引き込まれた。
佇まいも美しかった。
今さらながら、引退なんて勿体なかったのに…と思う。

そして、未読だった柳美里さんの原作をこの機会にぜひ読んでみたいなと思う。
柳美里の自伝小説の映画化で、当時話題になってたと思うんだけど、今まで何故かスルー。
柳美里の小説も今まで何故かスルー。
柳美里って、お騒がせ?で記者会見をしてたイメージしかなくて…
内容は覚えてないけど…
今までスルーしてたのが勿体なかった!
やはり数々の賞を獲っただけあって、素晴らしい作品だった。
今、特に世の中が大変な時だけに、命の大切さをひしひしと感じた。
原作も、是非読んでみようと思った。
余談ですが、江角マキコいい役者なのに、勿体ない。
原作本は柳美里。
麻生久美子が出てる。町田康?は一言もしゃべらなかった
arakara

arakaraの感想・評価

4.9
かなり濃いめな二人が主演な為少々不安だったが、
そんな心配は全く感じさせない程に静かで、良い映画。

ちと江角マキコが美しく撮られすぎてて気が逸れるか。
生まれくる命
死にゆく命
その両方の”支点“に立つ女

あれっ、そういえば江角マキコの”映画“って観たことなかったなぁ
【おまけ】
麻生久美子が初々しさ漂わせ、妹役で出ています
【追悼】
樹木希林が亡くなりました(18年9月)
本作は母親役で出演
日本映画界から星(スター)が一つ消えました
joker

jokerの感想・評価

4.0
途轍もなく重い。
これが実話ということが信じられない。

樹木 希林さんがまだ若く、
非常に新鮮だった。

柳美里さんの作品を、
もっと映画化してほしい。
>|

あなたにおすすめの記事