ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価・動画配信

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

3.9

あらすじ

『ハドソン川の奇跡』に投稿された感想・評価

n

nの感想・評価

4.0
ラストめちゃくちゃスカッとしたしドキドキして最高だった
しかしなんでトムハンクスは可哀想系の役がこんなにも
谷口

谷口の感想・評価

5.0
トムハンクスとローラリニーが冒頭で電話するところの視線、フラッシュの光、シャッターの音からして尋常ではない。とりわけアーロンエッカートの副機長ぶりが最高
しんた

しんたの感想・評価

4.2
ハドソン川に不時着し、乗員乗客155名全員を救った英雄の物語 


めちゃくちゃ感動しました〜
そして、何よりも元気を貰えましたね!!

クリント・イーストウッド監督と主演のトム・ハンクス
どっちも大好きだから、すごく入り込めた!

元々有名で知ってたけど、あそこまで短い時間にあんなすごいことをする判断を下せるなんて、本当に英雄って言葉じゃ表せないぐらい凄まじいな、、、

最高でした!
乗員乗客155名を乗せた旅客機をサリー機長がハドソン川に不時着水させた奇跡の出来事を映画にした作品です。


このような実話を元にした作品は、助かってよかったねーってところに焦点をあてがちかもしれませんが、この奇跡の出来事を様々な視点から見ることで、また違った見え方のする作品でした。少し関係ないことですが、、、個人的にはトムハンクスの吹き替えの声がいつもと違うのが違和感でした。


序盤は人としての素晴らしいことをしたのに、金のことしか考えないクソ野郎のやつらに振り回されるのはおかしい。と、機長を犯罪者呼ばわりしたやつらに怒っていましたが、その人たちも次起こりうる事故を防ぐためにやっている人がいるのかもしれないと思い始めてからは、どちらかが完全に正しいとは言いきれなかったです。もちろん、現場にいた人の証言がより強いことは自明ですが、この出来事を客観的に分析する人も今後の発展のために必要であります。国民のすぐに英雄にしたがることや、風潮やメディアの執拗な取材をすることを上手く表現し、世間に一石を投じているように感じました。

サリー機長の威厳と誇りが損なわれなくて、相手もそれを理解してくれて本当によかったです。最後の副機長のジョークも良かったです。
2009年に起きた実話に基づいた話。
英雄と呼ばれ、称賛される一方で
トラウマや普段の生活の制限や
乗客数の命を、プロパイロットとしてのスキルと経験で救ったはずの人が
受ける仕打ちとしても重たいと思う。

最後には潔白もはれ、正真正銘の英雄となったがそれでもなぜかやるけない気持ちは最後まで消えなかった。
me

meの感想・評価

4.2
「我々に指示はなかった。」

イーストウッド×トム・ハンクス!
おすすめされたから観てみた。面白い。

シンプルで単調だけど心にずしんと伸し掛る演出。魅せ方うまいなあ。
イーストウッドって、前観た時自分ゴリ押し過ぎてあんまり合わないなあと思ったんだけど、かなり印象変わった。追ってみようかなあ。

機内の緊迫したシーンがリアルで良い。そして何よりトム・ハンクスがうまい。
エンドロールが27分もあって戦慄したけど特別映像で安心した。ご本人もめちゃくちゃ男前っすね!!!!!
usagi

usagiの感想・評価

3.6
全員救えたからめでたし^ ^で終わらないんだな..
これ実話ってすごいな、自分だったら絶対パニックになって終わるから冷静に判断出来る人尊敬する
時系列順じゃない作り方が良かったと思う
良作

トムハンクスの表情がよき



クリントイーストウッド監督の
深く心に沁みる作品
心が温かくなった
まる

まるの感想・評価

-
助かってるから大丈夫だと分かってるけど事故のシーンは怖かった...
現実とフラッシュバックと妄想が混ざってしまう描写が印象的だった
過去回想と現在の繋ぎも好き
なな

ななの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

実話を元にした映画だとかなり誇張されていたりするけど、この映画は割と淡々と進んでいった。

現場で体感した人にしかわからないことってたくさんあるし、罪を誰かになすりつけようとする人たちの姿はよくあるなと感じた。

シミュレーションの時ダメかと思ったけど、ちゃんと異議申し立てをしてやり直しをした末に、機長は正しい判断をしたことが証明されて、なかなかないことだからこそ映画化されたんだなとわかった。
>|

あなたにおすすめの記事