劔岳 点の記の作品情報・感想・評価・動画配信

劔岳 点の記2008年製作の映画)

上映日:2009年06月20日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「劔岳 点の記」に投稿された感想・評価

ゆーこ

ゆーこの感想・評価

3.5
なぜ、あなたは登るのですか?

前人未到を成す事にどんな意味があるのか、考えさせる。
神の領域とされ、踏み入ってはならない山。立山剱岳。地元住民の反対を押し切って、彼らは考え挑戦して、やり遂げた。
今も世界で神域とされている山への初登頂を目指す人たちが沢山いる。彼らは山に拒み続けられるが、いつか誰かがやり遂げるんだろう。そうやって人間はどんどん進化してきたんだと思う。
来夢

来夢の感想・評価

3.3
正直映画としてのストーリーがあまりに面白くない。前半はまだしも、肝心の劔岳登り初めてから、一番大変だったであろう場所がすっぽ抜けてる感が。折角のライバルたちの存在も特に熱い戦いもなく終わってしまうし。
山の映像も、ものすごいのはわかるし撮影大変だったのもわかるし、監督が凄いカメラマンなのもわかるけれど、演出の古臭さで嘘っぽくなって台無しになってるよね。
これならドラマ仕立てにせずに、ドキュメンタリー映画にしたら凄く面白くなったんじゃなかろうか。
史実としてのドラマにはとても熱くなるものがあるだけにもったいない。
明治39年。前人未到の劒岳の観測登頂という大事業に臨む主人公たちの物語。

古くは修験道・立山信仰の地であり、信仰の上でもその険しさにおいても未踏の地であった劒岳。
吹雪、絶壁、圧倒的な大自然と、対比されるように配置された卑小な人間である主人公らが、ただひとつの己と向き合い、その険しい頂を健気にひたすらに目指す姿は、静謐ながら深い感動を呼び起こす。

実際に監督スタッフ演者ともども山岳に登り撮影されたという映像は、常にピンと張り詰めたように清亮としており、ゾッとするほどの山の美しさを存分に映し出している。音楽監督として編曲に徹したという池辺晋一郎氏の作り出す格調高いクラシックの名曲たちが驚くほど映像に寄り添い、見ているだけで清廉で明晰な気持ちになる。

香川照之はじめ、俳優陣の演技も素晴らしく、自然が美しく厳しいほど浮き彫りになる人間の感情を繊細に演じきっている。

自然讃歌であり人間讃歌でもある本作。
日本の物語らしい最後の展開も、レンズを通して彼らと共に劒岳に挑み、劒岳の信仰や美しさ、途方もない虚無を体感した視聴者に深い余韻を残しとても良い。

日本映画のその美学の粋を感じさせる名作。
山の日にこの映画を選んで良かった。
たな

たなの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

圧巻の映像。
厳冬期の劒岳登頂なんて現代の装備や環境であっても難しいのに、
こんなパワハラ軽装備で登るなんて。
今回は計量の話だけど、これだけで日本が太平洋戦争に負けたのも分かるな。
外野は置いておいて、山岳会、計量部、富山の方々など、みんな好きに楽しく山登って欲しい、、


しかし最後のオチは史実なのだろうか。
平安時代くらいの錫杖…?そりゃ仏教は栄えたけど、謎が残る、、
ロマンで片付けたくないな〜
現代の政権だったら錫杖のことなんてなかったことにしそうとさえ思った。
MakJohn

MakJohnの感想・評価

3.8
明治時代の末期の実話に基づく、仕事士の男達の静かに熱い物語。

いずれにしても、日本の軍の頭でっかちの歪んだエリート教育システムの弊害なのか、
現場に関心を持たず面子ばかりを気にする愚鈍で姑息な上層部が、その後のこの国の未来を台無しにするということがよくわかる。

香川照之の静かな演技に感動。
ゼロイチの尊さ。日常に溢れる当たり前を最初に生み出して来た人々、ましてやそこに命を賭して取り組まれた人々には畏敬の念しか湧かない。山を登る目的は違えど、山を敬い愛する気持ちで通じ合う山岳会とのエール交換シーンは心を揺さぶられるものがある。

いつしか登った立山に纏わる山岳信仰の話はやはり興味深いし、極楽浄土=立山三山に対し針山地獄と称される剣岳踏破は当面目標としたい。
y

yの感想・評価

3.2
絶対自分では選ばない作品
つい最近剱岳に3年連続で登りに行った彼と見て
違った趣味のジャンルになかなか1人では挑戦しないからいい機会だったな
登山好きな人の気持ちが徐々にわかったし興味持ち始めた笑 
達成感めちゃくちゃ感じそう
地図を作るってすごいよなあ
宮崎あおいが可愛い
な

なの感想・評価

4.3
地図を作るってめっちゃ大変なんだなと思った。今やGoogleマップがあるから簡単だけど、今の道は前人が必死に測量した土地なんだと思う。伊能忠敬とかもすごいけど過酷な山を登った彼らはすごい。槍岳に登りたいって言ってる人のことを、止めたいけど、それだけロマンがあるんだろうな。
一番にこだわらなくてもいいのに。1番じゃなきゃ賞賛されないんだね。
山好きじゃない人からしたら退屈かもしれないけど、拍手をこめてこの評価。
剱岳登頂の話をネットで拾ったので気になって観ました。
中身は置いといて、この頃の日本映画は脇役含めて名俳優ばかりで内容とは別に見ててドキドキしますね。
測量の仕事してる彼と見た。
最後の登頂シーンまでの具合が今までと違いすぎてちょっとびっくり。

あ、山って「ぱおん」って言います、にょ。
>|

あなたにおすすめの記事