何者の作品情報・感想・評価・動画配信

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.3

あらすじ

『何者』に投稿された感想・評価

じゃっかん、大学生に見えない人たちではあったけど、演技はさすがで面白かった!
Null

Nullの感想・評価

3.0
就活に取り組む大学生5人がそれぞれの立場・環境で苦悩し、虚栄と本音の間で自分に向き合う青春群像劇。

sns、裏垢、親しい中での嫉妬・妬みなど、
言葉に出しづらい身の回りの
心の闇を抉るということが
当時センセーショナルだった気がする。


この映画に限った話でも無いけど
友達同士でみて
感想会をやろうものなら
「何者」第二回戦が始まるんだろうな。笑

まぁそんなものだと思う。

人間が持つ当たり前の感情を
否定もしなくていいし
誇示しなくてもいい。



山田孝之、いいね。
Mizu

Mizuの感想・評価

-
日本の就活のスタイル。。病む、人間性が大変に。。佐藤たけるの映画初めてみたかも。
ニシダ

ニシダの感想・評価

4.0
【時差投稿】
気になり、鑑賞。

たまたま就活前に見て、すごく嫌になった作品(笑)全てがリアル。
Twitterというなんらかの空間で自己肯定感を高め、プライドを高く持ちすぎたあまり自分はできると勘違いしてしまう

なんだか分かるからしんどい、人間の黒い部分を見せられた感じ

でも全体的に上手くできてて面白かった
marie

marieの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

就活のリアルを覗かせてくれる作品。
どの人物も、世の中にいそうで、就活ってこういうものなのかと、現実的にみさせてくれました。
神谷が「就活向いてるだけでなんだよね」と言っている時の、二宮の心境は意外と世の中にある感情なのかなと思いました。
ゆっぺ

ゆっぺの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

拓人が歪んだのはたぶん光太郎と片想い相手の瑞月が付き合った事とか、演劇に打ち込める情熱を持ち続けられる友人への嫉妬心とかからくるのかなと思いながら観ていた。
流石に裏垢に垂れ流すほどの行動は自分は取らないけど、感情は何となく理解できる。

理香の自己主張強めでプライド高くて意識高い感じになっちゃってるところとか、瑞月への嫉妬心からくる検索履歴とかはかつての自分とも重なって見ていて痛々しかった。
あと、その彼氏の就活への見下し感やあえて行動していないアピールから、実は自分に自信持てなくて逃げの姿勢を取ってしまっているところとかも結構共感できる。

光太郎や瑞稀みたいに健全な人達よりも自分にとっては歪んでしまってる3人の方が共感出来てしまうのが悲しい。
あじぽ

あじぽの感想・評価

2.5
いや、ホラーだなこれ。あんな特定余裕な毒吐きツイッターを鍵もかけずに垂れ流すとか、普通に怖い。一番雇ってはいけないのはりかちゃん。あれを雇うと職場の人間関係が腐る。佐藤健を雇わない企業はないだろ……ないです。
就活あるあるだし思い出えぐってくるなあ
これを何歳になってもあぁあるわかると思いながら観れるような心持ちは忘れないでいたい
はち

はちの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

割と原作に忠実な印象。
佐藤健の声がボソボソで聞き取りにくかった。あと、佐藤健の無駄遣いっていうくらい、全然カッコよく見えなかったのは逆によかったのかも。
二階堂ふみの意地悪な感じが結構リアルで好きだった。
派手なストーリー展開はないけど、ちょっとどんでん返しもありまあまあ。
Prime配信は残り7日以内の #何者 観た。
2022年映画 079本目
スラムダンク#THEFIRSTSLAMDUNK も気になるなー🏀
>|

あなたにおすすめの記事