バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3の作品情報・感想・評価・動画配信

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART31990年製作の映画)

Back to the Future Part III

上映日:1990年07月06日

製作国:

上映時間:119分

4.1

あらすじ

「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3」に投稿された感想・評価

Yu

Yuの感想・評価

4.5
続きで2から鑑賞。
キレイに完結していて、本当にこの作品が全世界の映画界の指針になっていったんだなぁと感じた。

あとここまでくるとビフが少しかわいそう(笑)
まさと

まさとの感想・評価

5.0
シリーズものにして完璧なエンディングを迎えた作品。

初めてみた10年以上経った今でも、面白くワクワクする。

マイケルjフォックスとクリストファーロイドのタッグが安心と勇気をくれる

何にも変え難い唯一無二の作品

このレビューはネタバレを含みます

 ストーリーの勢い、ダイナミックな音楽、過去と未来を行き来するストーリー性、全要素がワクワクに繋がっていくのが凄い。

 個人的には公式の熱いジュール・ヴェルヌ推しが印象に残った。

 序盤からドクが「地底旅行」のようなイニシャルサインを残したり、「海底2万マイル」の話をしたり。

 ジュール・ヴェルヌ大好きなドクとクララの2人が、「月世界旅行」の小説の話を月下に語らってるシーンもかなり素敵だった。
 
 そんな熱いジュール・ヴェルヌ推しシーンの数々だったけれど、ラストシーンは特に極め付きで、観ながら大笑いした。

 ジュール・ヴェルヌの話ばかりしているけれど、ジュール・ヴェルヌ以外にも印象的なシーンは勿論多い。過去作との繋がりを感じるシーンも多々あって、観ていてこれまたワクワクした。

 西部劇の世界でも現実世界と同じキャストが出てきたり、魅惑の深海パーティを連想するセリフやシーンがあったり、PART1との関連が多く、シリーズとしての広がりを感じて楽しかった。

 なんらかの変化が起こって、過去もしくは未来に行き、ドクとマーティvsビフのいざこざがあって、最終的に現在の時間軸の世界に帰りエンディングを迎える。PART1からPART3にかけてほぼ同じ構成なのに、色褪せることなくPART3でもずっとワクワクして観ていた。

 なんでこんなにワクワクするのだろう。
 このワクワクの要因について、どんな予想を超える展開が起こったとしても、ストーリーの核となる定石から外れないためなのではないかと私は考えている。

 PART3ではクララが登場するけれど、登場人物は基本的にPART1の頃から大きく変わってない。

 ストーリーの規模も、タイムトラベルはするけれど、国や政府が関わったり宇宙に飛び出したりといった物語がインフレするような要素は付け足されていない。

 「決まったメンバーで、シリーズを通して普遍的なストーリー展開でタイムトラベルを行う」という、無駄のないとにかくシンプルな構成。これこそが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の最大にして最高の魅力だと個人的には思う。

 このある種のベタさを含めたストーリー上の定石が守られているため、展開にハラハラしつつもハッピーエンドが確約されており、不安や衝撃といった感情を上回るワクワクが生まれてくるのかもしれない。

 3シリーズ通してワクワクしっぱなしで、観た後も一体なぜここまでワクワクするのか考えてしまう、ワクワクの代名詞のような映画だった。
あーこ

あーこの感想・評価

5.0
何がすごいって、3作品まとめて観たときのまとまり。シリーズものって、パート1は面白くても2.3は面白くない映画が多いけど、このシリーズは3作品全て最高に面白いだけでなく、3作品全部見てようやく1つの物語になっているようなまとまりがあるのが凄い。気軽にパート1を観ようものなら、面白すぎてそのまま2周はしちゃう。
パート3ではドクに焦点が当てられているのが良い。クララにはちょっとイラッとしたけど、終わり方が良かったから結果オーライということでまあ許す。
Jaq

Jaqの感想・評価

4.2
日本製が最高なんだぜ

誰にも腰抜け呼ばわりはさせない

時間を旅することには苦痛がありすぎる

君の未来はまだ決まってないということ
誰のでもそうだ
未来は自分で切り拓くものなんだよ
だから頑張るんだ
yuki

yukiの感想・評価

4.9
ラストでドクがマーティとジェニファーに残したセリフは一生忘れられんなあ
Catherine

Catherineの感想・評価

5.0
こと細かに記録するぞ。
3作目ということで少しあきてきて惰性で見始めた部分あったけど、1番おもしろかったかもしれない😼何より1885年らへんのアメリカについての作品は初めてだったから、この時代のアメリカが新鮮でおもしろかった😼
タイムマシンの壊れかけ部品(?)が日本製だから納得したわ~て博士が言うみたいなシーンあって、これに対してマーティが未来では優れた商品はみんな日本製だよって返すのがおもしろい。アメリカ映画は気軽に敵国とかをディスるって感じ😸
最初マーティが1885で首を吊られそうになった建設中のとこなんだろうって思ってたら、いつものお決まりの広場だったのがキレイな伏線回収というかそゆことねってなった😸
夜のパーティーでみんなが自由に音楽とダンス楽しんでたシーンで思ったけど、インディアンと戦ってこの地を手に入れたアメリカ人の先祖たちはやっぱり最初から広大な土地で自由奔放に生きる性格・気質をもってたんだろうなと😺
コメディ感強めに見えて、しっかりメッセージ性ある。未来はわからない、運命は自分次第😉😉
Jeanne

Jeanneの感想・評価

4.5
前二作よりちょっと間延びした感もあるけどやっぱり面白い。
怒涛のラストが最高。未だに西部劇見てると思い出す。
BTTFシリーズはよく話が繋がっててすごいと思った
4作ってーーー
前に見た。
結局のところ
バックトゥーザ・フューチャーって
好きな映画で絶対あげたくなる映画。
ラスト好き。
>|

あなたにおすすめの記事