Mishimasaikoの作品情報・感想・評価

「Mishimasaiko」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

陶器のような肌が小さく震える度、心が揺れる。大切に、丁寧に、それは華ひらく。待ち焦がれた瞬間。「君のためなら、僕は何だって…」。想いを窘めるように、確かめるように、繰り返される願い。それでも愛おしさは変わらないのに、生きる世界が違うから長く触れることさえ叶わない。華の命は、もうすぐそこ。救いたくて全てを投げ打った姿に、心が動いた。「その想いごと、私が還らせてみせる」。
yki

ykiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

これなに見せられてるんだろうと、思った。
こういうのにエロ要素を混ぜるのは残念というか、もったいない。
小籠包

小籠包の感想・評価

3.9
ミシマとサイコが合わさって一つの植物に、、!素敵な映画でした!
ほかの人の解釈をたくさん読んで色々と考察したいと思う🌼
AKANE

AKANEの感想・評価

-
かわいくてきれい。でもちょっと不気味な世界観。彼氏とバイバイしたあとに見てたからちょっぴり切なかった
Sayano

Sayanoの感想・評価

3.7
とにかく映像が綺麗!
イモムシがこんなに可愛く出てる作品ニャッキ以来。
Konomy

Konomyの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

蠱惑さをも感じさせる美しいアニメーションで、視界が幸せでした。イモムシかわいい。
太陽に弱いと思われる美男子、彼が何故ああまでして彼女に尽くすのか。がよくわからなかったけれど、ノンフィクションな男女もそういうこと、あるよね。

"ミシマサイコ"を調べたところ、植物の名前で、その球根には解熱や鎮痛作用があるとのこと。太陽の熱や棘で傷付いたミシマを、ミシマサイコの球根であるサイコが包み治癒してあげるエンドという事だったのでしょうか。それとも、ミシマとサイコなだけに、二人で一つになって"ミシマサイコ"が咲いたのか。
僅かにエロティシズムを感じて惹かれてしまう作品でした。
フランスのアニメーション作品なんだあ〜、かわいいきれい!不思議な世界観でむずかしかったけれど、最後までみて、そういうこと!ってすっきりした。野外でみたいな〜
merle

merleの感想・評価

-
虫の妖精と花の妖精の恋物語?的な?

小人たちのおはなし。
小人目線の虫や植物の描かれ方が良くて、アリエッティを思い出した。虫の足音とか生い茂る草とかあんなかんじ。

虫と花の異なるものを栄養源として生きるふたりの妖精(?)なのに、妙に人間らしさを強調する演出をしていた。特に脚。
単純に"別世界に住むふたりは一緒にはなれない───"から切ないねっていうストーリーなのは分かるんだけど、何を伝えたいのかよく分からなかった。

本当は女の子が自分で蜜を集めて服を作って暮らさなきゃいけなかったんだと思う。
青年が暗い場所でサバイバルして暮らすように女の子は明るい場所でサバイバルをして暮らす定めだったはずなのに、青年がプレゼントをしたから道が外れちゃったんじゃないかな。
不思議な感じだけど、とても好きなテイストだった
なんといっても絵が美しい
不思議の国のアリスの世界に迷い込んだ感じ

終始ほとんどセリフはないけど素敵なアニメーションだった
noe

noeの感想・評価

3.6
幻想的。色使いも線も素敵だった〜
まさに森の中で観るにふさわしい!
ほっとんどセリフを喋ってなくても伝わってくるってすごいな
>|

あなたにおすすめの記事