マイ・ツイート・メモリーの作品情報・感想・評価・動画配信

「マイ・ツイート・メモリー」に投稿された感想・評価

【仮想現実を独自の手法で表現】

ヨシオは、元恋人マサミの家に別れてからも居候し続けている。マサミもそのことを言えずにいた。偶然、飲み会の席で出会った女を追いかけヨシオは岐阜に遠征に行く。

Twitterの世界に逃げ込んでいるヨシオ。仮想現実を列に並ぶ人間で表現しているのが面白かった。
ちろる

ちろるの感想・評価

3.4
わたし、吉田恵輔監督が好きで、好きになったきっかけが『さんかく』なんだけど、ちょうどあのさんかくで高岡蒼甫さんが演じた痛々しいキャラとヨシオが被った。
もちろんこちらはあれよりもストーリーは荒削りだし、何よりヨシオの見た目も全然イケテナイけど、元カノの友人の酔ったノリをその気にして岐阜に行っちゃうこの痛々しさ、ありえなそうで実はリアル。

ラストの展開は誰もが予想ついてたものだけど笑
でも、逆に清々しいね。
kakuko

kakukoの感想・評価

3.0
よしおが惨めで情けなくて観ててつらい。
飲み会になぜ参加したんだ。
「マジで来たよ」って言われたくないセリフナンバーワン。
胸元とパンチラが見えそうで見えないところ見ちゃうのは完全に男。
別れた彼女の家にまだ住んでて無職でツイ廃情けなくなるわ。
岐阜行っちゃうのはウケる。
イカれてる怖い怖い。
時代を感じるツイートだな、どんな言葉がツイッターで使われてるかで時代がわかるの新しい、今だったらハッシュタグつけたり、「キンタマキラキラ金曜日」とか「連載再開がトレンド入りしてるからHUNTER×HUNTERかと思ったら違った」みたいなのが今ぐらいなのかな。
ムービーオン山形の映画祭で観たやつ。

ツイート内容を無表情で呟かせるというなんのひねりもない演出に虫酸が走ったのを覚えている。
端的に言ってクソだと思った。
嫌な性格の人ばっかりだな〜って思いながら見てた。この登場人物の誰とも友達になりたくないなー。
ゆーや

ゆーやの感想・評価

3.5
記録
松本卓也監督DAY(2014/07/21)にて「マイツイートメモリー」「ペーパーロード」を観た事を思い出した。
TAKーKUN

TAKーKUNの感想・評価

3.6
ツイートの世界をインディーズらしい低予算でうまく表現。

閉じこもった主人公(松本監督自ら熱演)がある時点をもって、どんどん外に出てくるさまが痛快だ。

あなたにおすすめの記事