キンキーブーツの作品情報・感想・評価・動画配信

『キンキーブーツ』に投稿された感想・評価

奥

奥の感想・評価

4.0
スルメのように味わい深い作品。

ドラッグクイーン・ローラのインパクトと繊細さを見事に表現したキウェテル・イジョフォーと、カリスマ性まるで無しの四代目チャーリーを演じたジョエル・エドガートン、絶妙でした。

また、ドラッグクイーンも見た目とは裏腹にマイノリティゆえの苦悩が丁寧に描かれており見事でした。

登場人物の背景にある人間ドラマが色々な方向から短時間の間に描写されていくさまは見ごたえ十分。

ローレンが美人すぎないのも大正解、一途で可愛かったです。

時代に取り残され、倒産の危機にある靴工場とマイノリティーであるドラッグクィーンとの異質な共存で、全ての人に夢と自信を与えてくれる幸せな作品でした。
う

うの感想・評価

-
物作りへのリスペクト、
着飾ることへの情熱、
常識への懐疑、
とにかく観ていて心が躍る作品だった。

2022年122本目
ma

maの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ミュージカルが大好きだけれど、映画も良かった☺️
映画の方がぽんぽんぽ〜〜〜んとテンポよく進む感じがして、違いを楽しめてよかった!
もち

もちの感想・評価

3.5
舞台を見た後に見た。舞台とは少しストーリーがちがう。どっちのローラも素敵。
最後のショーは圧巻でなける。
yuka

yukaの感想・評価

3.4
その6

ジャケットあまりにダサくて倦厭してたタイプ。

ニッチを見つけるの難しいよね。

元気になれる系のミュージカル?だった。

職人技って今どんくらい残ってんのかな。1回履いてみたいあぁいうの。
K

Kの感想・評価

3.8
人間よりブーツとか靴の存在感のほうが際立ってたけど、久しぶりにねじれのない善良なお話だった。
M

Mの感想・評価

3.8
よく出来てる。面白い。
海外作品にしては、珍しく起承転結がはっきりしている。場面展開もわかりやすいから、舞台向きだよね。

日本では、舞台で人気のキンキーブーツ。
ブロードウェイのオリジナルキャストのローラ役は、ビリーポーターでした。
(映像残ってないかなー。)

ローラとチャーリーに焦点を置かれがちですが、ローレンが凄くいいです。
ミュージカル版の華やかなイメージと違って、映画版は質実剛健というか舞台であるイギリスのシニカルな雰囲気を醸し出していて
それに対比してローラが異彩を放つので周りが引く感じになってるのがよく表せていた

キウェテルのローラは強そうなのに可愛らしくて好感持てる
ジョエル演じるチャーリーが後半ある出来事でやけになってローラに八つ当たりしたシーンには「おいおいそりゃないぜ」と思った
(それがラストの複線になるけどね)

総じてとても良い映画!ドラァグクイーンの皆がとにかく格好いい
やっぱり面白いなー。

と思ったけどちょっと中だるみ。
ローラと仲違いするきっかけが強引。
あみ

あみの感想・評価

3.0
ヒールを履くことで尻の筋肉に緊張感が出て性欲上がるって話は初めて聞きました
>|

あなたにおすすめの記事