アビエイターの作品情報・感想・評価・動画配信

アビエイター2004年製作の映画)

The Aviator

上映日:2005年03月26日

製作国:

上映時間:169分

ジャンル:

3.4

あらすじ

『アビエイター』に投稿された感想・評価

mizutama3

mizutama3の感想・評価

4.2
すごく当たり前なことを言うけど…
ディカプリオって演技上手いよね。
ハワード・ヒューズの精神状態が変わっていくにつれて 話し方はもちろん 顔つきがどんどん変わっていって 観ていて怖くなってくる😱

観てよかった!

このレビューはネタバレを含みます

情景描写メインで進む映画
解説がないからこそこちらにその権限が譲渡されてる感覚。
The way of the future.The way of the future. The way of the future.The way of the future. The way of the future.The way of the future. The way of the future.The way of the future. The way of the future.The way of the future.

ただのメモ。
死への恐怖。
確かなことは、
この世の人間は誰も説明することのできない死というイベントを孤独に向かい入れるということ。
そこに行ってみなければ分からない。怖いと生まれる感情もわかる。しかし、なぜ人は登山をするかという質問に、山があったからと答えるように、未知への体験をするのが人間の本質。つまり、この目で確かめるという自立がそこにある。エリザベス女王の後悔はないはさぞ立派である。
ヒューズの生き様を見ててこんなことを勝手に考えてた。
lente

lenteの感想・評価

4.5
若き日に主演した『太陽と月に背いて』(1995年)の頃のレオナルド・ディカプリオはおそろしくキレイだったのですが、この『アビエイター』は2004年のものですから29歳〜30歳の頃を映し出していることになります。20歳前後のあの妖しさはありませんが、とても艶(つや)やかで颯爽としていて。

そんな時期の彼が実在したアメリカの実業家ハワード・ヒューズ(1905-1976年)を演じており、飛行機を売るために軍の関係者たちをパーティーで接待するシーンを観ていると隣に妻が立っていました。「このひとはなんてキラキラしてるの」と眩しそうにつぶやくのを聞いて、本質的に役者に求められるのは技巧ではないんだと深く納得したことを覚えています。

おそらくディカプリオの自意識としては、もちろんその美貌を織り込みながらも「演技の人」であろうとしているでしょうから、様々なことを試みているように見えます。

またそうした技巧と、彼の体からキラキラと発散されるものとを比較するように観ると、この頃の彼は心の年齢に対して肉体が追いついてなかったように感じられます。同じくスコセッシと組んだ『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013年)や念願のオスカーを獲った『レヴェナント』(2015年)を観ていると、若い頃にやろうとしていたことにようやく肉体が追いついてくれた感覚があるのではないかと僕には思えます。



この映画を観たのは数年前ですが、ディカプリオへの思いに漂いながらも観終わって数時間が経ち、静かに停泊した港にはやはりスコセッシがいたことをはっきりと覚えています。

スコセッシという監督が基本的にはドキュメンタリーの人ではないかと最初に思ったのは『タクシードライバー』でした。ニューヨークの夜景や地下鉄の蒸気にあれほどの痛みを描き出す映像感覚は、ノンフィクション志向からきっと生まれている。

ですから彼にとってのフィクションとは、本来はドキュメント(記録)されるべきことに近づくための1つの手法に過ぎないのではないだろうか。その手法を用いてフィクショナルに象徴的なイメージを生み出しながらも、ほんとうはもっと手前にある「原像」のようなものを導き出している。

ハワード・ヒューズという実業家を僕はこの映画で初めて知ったのですが、まるでスコット・フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー』を地でいくような億万長者だったようです(バズ・ラーマン監督と組んでやはりディカプリオが演じている)。目的に向かうときの金の遣い方や意思の強さ、格調と野蛮が同居する姿も恋する女へのとり憑かれ方もそうですし、満たされることのない心の空白性もそうです。

フィッツジェラルドの描いたジェイ・ギャツビーとほんとうによく似ています。

スコセッシは20世紀を生きたそんなアメリカ人の原像の1つ(それも具体的な1つの肖像)を、可能なかぎり何もしていないように本作で撮ったように僕には感じられます。だからこそディカプリオがもつナチュラルなスター性が際立つことにもなった。けれどその背景には間違いなくスコセッシのまなざしが働いている。

アメリカ人の原像をドキュメント(記録)しようとするそのまなざしは、旧くはロバート・デ・ニーロを新しくはレオナルド・ディカプリオを貫くように見つめた。

彼らの心と体がどんなものに突き動かされ、翻弄され、憧れ、そして喪失していったのかを、映画という港に停泊する船に僕たちは見ることができます。その原像を僕たちは足をとめて見つめることもできるし足早に通り過ぎることもできる。

ドキュメントとはそういうものでしょうし、スコセッシの映像にただようドライな感覚はこうしたところから立ち上げられているように思えてなりません。
レオ様のかっこよさに
はぁ、となるけど、
堕ちていく姿が悲しく、見ていて辛い

話の流れに見入ってしまうが
見終わってからの満足度は低い
中々良かった〜

エンディングはグレンミラーでムーンライトセレナーデ。
タイタニックが大好きで、この2人だったから見たんだけど、あの好き好き!愛してる!の感じが好きだったのにこれ見たらとても悲しい気持ちになりました🥲笑笑
ハリウッド映画で、ちょくちょく名前が出てくるハワード・ヒューズについて知ることができたのはよかった。
ただ、長くて、途中、少し苦痛を感じる瞬間もあった。
pon

ponの感想・評価

3.9
ハワード・ヒューズという日本ではあまり馴染みがないが、第二次世界大戦前後の映画界・航空業界で活躍した人の人生を描いた作品。

素人ながらに飛行機の実機を数十機使用した超大作リアルドッグファイト映画を作り、そしてヌードがNGという時代に際どい作品を作り、映倫に対して常識を覆す挑戦をしたり。
またパンナムがアメリカの航空業界を席巻している状況で、TWAという民間航空会社を作り、国際線を就航させるべく政府や上院議員と戦い、それと同時にアメリカ空軍向けの偵察機や当時世界最大の飛行艇を作ったり、間違いなく世界の航空発展に寄与した経営者の一人。

小さい頃に、世界一早い飛行機に乗る・世界一の金持ちになるっと宣言し、それを実現出来たあたりが超人的。映画を見終わった後にどんな人だったのか調べたら、大成の裏側では潔癖性や強迫性障害等々、映画で描かれてた以上に色苦しんでもいたようですね…。また映画では詳しいことは触れてませんでしたが、ハワードのお父さんはハーバードのロースクールを中退して、事業で成功したらしいですが、そもそもの自頭のできがその辺のパンピーとは違うんでしょうね。

こういう知らない出来事や人のことを映画を通して学べちゃう感じ、楽しい~。
817

817の感想・評価

3.8
評価が芳しくなさそうなので恐る恐る..

私は好きでした!!
でもひとつ言いたいことがある。
長い割に、ハワードヒューズという人の説明が不足しすぎていると思う。
もしかしたら、あえて実業家としての活躍に特化した作りなのかも?なんて考えてたり。

Wikipediaによると、晩年は苦しんだ様子。確かに若い頃からどこか突き抜けてるというか、なにか障害ぽいもの持ってらっしゃる?と感じてたけど、やっぱりそうだったんだね。
何かを成し遂げる人というのは、平凡とは程遠いところにいるのだろう。

ディカプリオ、もう少し年取ってからのこの役だったら、もっとよかっただろうなー。
chill

chillの感想・評価

3.0
実在の大富豪ハワード・ヒューズの伝記映画。

ディカプリオが"タイタニック"でついたイメージから一皮も二皮も剥けようとしてる時期の作品と理解しています。この作品にもっと"グッドフェローズ"成分を足せば後の"ウルフ・オブ・ウォールストリート"が出来上がるんでしょう。

内容は、やべえ金持ちがやべえことばっかして、でも時には苦しんでるよ。みたいな映画なんで「好きにしてくれい」くらいしか言うことないです。
やっぱ金持ちには感情移入しづらいですね笑
なんか遡ってトニー・スタークにまでムカついてきました。
>|

あなたにおすすめの記事