35さんの映画レビュー・感想・評価

35

35

エール!(2014年製作の映画)

4.3

コーダを観て、こちらがオリジナルと知り鑑賞した。オリジナルとリメイクで比べてしまうのは仕方がないけど比べられないくらいどちらも傑作だった。
尺が短いけど納得感と感動のあるストーリーで泣けた。個人的には
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

3.5

バタフリーとヒトカゲのエピソード泣けた。クロスがいい人風で去ったことが唯一気に入らない点。せめて謝れよって思った。
ホウオウがルギアよりもこういう要の役割をしていることが多くて、好きだから嬉しいけどな
>>続きを読む

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

3.8

こういう作品を観るたびに、やはり人間が一番怖いということを実感する。
ザック・エフロンが好青年だけど裏にサイコっぽさもある素晴らしい演技だったし、リリー・コリンズは美しかった。エンドロールで実際のキャ
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.3

インセプションは納得いかないところがあって理解できない部分もあったが、本作は意外と分かりやすかった。
レナードにしっかりと感情移入させるつつも徐々に事実が明らかになっていく脚本が見事だった。レナード目
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.6

映画は全然営業職の話じゃないのか。原作未読だから映画の主な登場人物は宮本と靖子以外キャラクターがあまり掴めなかった。絶対原作知ってる方が楽しめる作品だと思う。でも宮本の熱血さがドラマ版から引き続きで(>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.8

こんなに重い内容の映画とは予想していなかった。私はまだ結婚もしていないし子どももいないから、兄妹に感情移入して親に対しての不満とか苛立ちに共感してもどかしく辛くなったけど、子どもがいる人が観たら感想が>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.9

ときどき空想に逃げるアメリだけど実は全部が彼女の空想のような不思議なお話だった。
ずっと見ていたくなるアメリの容姿含むキャラクターに魅了された。人のためにはあれこれするしやりすぎに見えることもやっちゃ
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

4.0

主題歌が素敵。この曲だけでもこの作品が言いたいことが伝わりそう。
中学生とは思えないくらい大人びたひかりにやけに感情移入してしまって、家族の集まりのシーンは特に心が痛くなった。実際私も親戚の集まりがあ
>>続きを読む

ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ(2016年製作の映画)

3.5

来シーズンの剣盾ランクマッチで最強と目されているボルケニオンの映画。何の技を覚えるとか全く知らないから作中で打っている技が何か気になって仕方がなかった。
メガシンカ面白い。大戦ではメガゲッコウガは全く
>>続きを読む

ポケモン・ザ・ムービーXY 光輪の超魔神 フーパ(2015年製作の映画)

3.8

ラティオスラティアスに並ぶくらい好きなポケモン映画だった。
フーパが可愛いし禁伝好きには堪らない迫力あるバトルもあるし感動シーンもあるしで満足感のある作品だった。

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

3.9

難聴になる過程、難聴になった状態、手術を受けた後の聞こえ方を体感できる作品だった。小学校でヘッドホンをつけてやる聾体験よりこの映画の方がいいんじゃないかと思うくらい、人の声以外の聞こえ方も体験できて興>>続きを読む

ちょっと思い出しただけ(2022年製作の映画)

4.4

主演の2人が本当に素晴らしかった。本当のカップルの、人前ではしない会話や行動を覗いているような気恥ずかしさと微笑ましさがあった。
私としては珍しくもう一回観たくなる作品だった。現在から1年ずつ遡って描
>>続きを読む

かそけきサンカヨウ(2021年製作の映画)

3.7

最初のお出かけのときの2人の手の振り方がたまらなくかわいくて微笑ましかったけれどそこからの展開で心が痛くなり、でもずっとなぜか気持ちが温かかった。温かくて儚く移ろう青春の模様。
「サンカヨウ」初めて聞
>>続きを読む

ポケモン・ザ・ムービーXY 破壊の繭とディアンシー(2014年製作の映画)

3.1

ディアンシー役の喋りがどうしても苦手でオープニングから進めていなかったけど、XYの1作目として観ないわけにはいかないという使命感からやっと観終わった。フェアリータイプとメガシンカを全面的に押し出してい>>続きを読む

影裏(2020年製作の映画)

3.4

Clip 17

終盤がどう解釈したら良いか難しかった。あの涙をどう捉えるかがこの作品の面白さでもあり理解できない部分でもあると思った。
今野の表情で徐々に気持ちを察していたが、その表情を出せる綾野剛
>>続きを読む

ラブ&ポップ(1998年製作の映画)

3.4

Clip 16

カメラワークが面白かった。素人っぽかったり盗撮っぽかったりで他の作品にはない視点を見せられた。
めちゃくちゃ若い仲間由紀恵がすごくきれいで昔から美人だったことを改めて認識した。
原作
>>続きを読む

レッド・ノーティス(2021年製作の映画)

3.6

Clipしていた過去作品15

渋さのハートリー、陽気さのブース、妖艶さのビショップ3人の強烈なキャラのぶつかり合いが笑えた。
ハートリーが盗みをする動機になんだかしっくりこなかったけど、最後の10分
>>続きを読む

ハッピー・オールド・イヤー(2019年製作の映画)

3.8

Clip 14

ヒロインの顔見たことあるなーと思ってたらバッドジーニアスのヒロインか!相変わらず雰囲気が独特で素敵だった。
私自身、貰い物はなかなか処分できない性分だけど、元恋人からもらった不必要な
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.0

Clip 13

ほぼ1人の姿しか映らないのに夢中になっていた。ずっと同じような画面で釘付けになったのは初めてかもしれない。
何が“罪”なのか、根本的に考えさせられた。

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.4

Clipしていた過去作品が観たい12

すごい作品を観てしまった。登場人物全員の一挙手一投足から目が離せない。音楽にも毎度ハラハラドキドキさせられて、全てを含めて魅せ方が上手い。演出の思う壺だと分かっ
>>続きを読む

ラブドガン(2004年製作の映画)

3.5

Clipしていた過去作品11

B級映画感が強くて逆に面白かった。
ところどころにリアリで上手い描写があるのに肝心なところが笑ってしまうくらいB級。キャストが豪華だからなおさらもったいない感が否めない
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.1

前からClipしていた作品を観る⑩

盛者必衰とはまさにこのことという印象。2019年は誰に感情移入してもつらかった。人を傷つけて生きてきた彼らを可哀想とは思わなかったけど、足を洗った後も過去に囚われ
>>続きを読む

グッバイ、リチャード!(2018年製作の映画)

3.5

Clipしていた過去作消化⑨

ピーターが最高の親友だし娘と犬も可愛くてその2人と1匹がいてよかった。妻と別れるシーンは死を知るとそんなに綺麗に収まるのか疑問だった。
ジョニーデップのイメージは白塗り
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.7

Clipしていた過去作が観たい⑧

ハッピーエンド万歳!
汚い部分(主に部屋)があるからなおさらアナが綺麗だった。でもあの汚い部屋にアナが馴染んでいるのも面白い。
惨め大会でのアナの主張に対して、嫌な
>>続きを読む

ミセス・ノイズィ(2019年製作の映画)

3.5

Clipしていた過去作⑦

最初はサスペンスには到底思えないくらいコメディで、観る映画を間違えたかと思った。自分にとって正しいことをしていてもそれが他人にとっても正しいとは限らないということ。ちゃんと
>>続きを読む

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

3.3

Clipしていた過去作⑥

ジェイコブくんがすごく好きだから観たけど、下品すぎて少し嫌だった。子供がやってるからこその面白さもあるのかもしれないけど、下品としか感じられなかった。

ベルファスト(2021年製作の映画)

3.9

カラーとモノクロが現実と理想の対比のようでとても印象的だった。服装や街並みがとてもクラシカルで、モノクロでも映えていた。爆発や破壊はモノクロだからこそ凄惨さが際立っていた。
戦争・紛争が本当にくだらな
>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

3.3

Clipしていた過去作⑤

なぜか展開に置いていかれてしまって感情移入ができなかった。志乃が吃音だから喋りはすごくゆっくりなことに対して、志乃が何がどうしてそんなにしんどいのか分からないまま話が進んで
>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

3.7

Clipしていた過去作④

はみ出し者たちが仲良くなるっていう設定はよくあるやつだけど、本作は展開が全然ありきたりじゃなかった。彼らは最高の友達ができて無敵になりすぎてしまったのかな。あんな結末になっ
>>続きを読む

インターンシップ(2013年製作の映画)

4.3

Clipした過去作を観よう③

これすっごく好きだった!笑えるし元気出た!明らかな逆境でも自分を見失わずにいられるってすごい。その点ではあの嫌味な男の子も我を貫いていてすごかった。
クィディッチのシー
>>続きを読む

風の電話(2020年製作の映画)

3.7

Clipした過去作品を観よう②

あの日からもうなのかまだなのか11年が経って、辛い気持ちになることが分かっていてこういう作品をなかなか見られていなかった。スコアを付けるのがとても難しかった。当事者は
>>続きを読む

カツベン!(2019年製作の映画)

3.7

Clipしている過去作品を消化しようと思って鑑賞1作目。
テンポが良くて面白かった。1.4倍速で観たからなおさらハイテンポに感じたのかも。周防監督の作品は本作が初めてだったので、他の有名作も観てみよう
>>続きを読む

明け方の若者たち(2021年製作の映画)

3.7

黒島結菜があまりにも細すぎてびっくりした。雰囲気のある美人で素敵だった。
若者からそうじゃなくなりそうな姿がとてもリアルで説得力があった。
本作で挿入歌として使われているきのこ帝国の東京は私にとって思
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.4

絶対泣くって分かってたのにハンカチ忘れて行ったから服の袖が濡れた。結構序盤から泣けた。ほぼずっと泣いてた。
Mr. Vがとてもいい役柄で、登場からのギャップが大きくてなおさらかっこよく感じた。
両親に
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

3.6

ずっと気になっていた作品をようやく鑑賞できた。原作未読だが、村上春樹の独特な雰囲気がちゃんと残っているセリフの言い回しだった。分かりやすい話ではないのでもう一度観たら感じ方が変わりそうな作品だった。>>続きを読む

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと(2008年製作の映画)

3.7

動物の話だから泣いちゃうだろうとは思ってたけどやっぱり泣けた。
ずっと手をつけられないくらい暴れん坊のマーリーが急に大人しくなってすごくつらかった。騒々しくて人の犬だから面白おかしく見られたけど、きっ
>>続きを読む

>|