片腕マシンボーイさんの映画レビュー・感想・評価

片腕マシンボーイ

片腕マシンボーイ

映画(3723)
ドラマ(0)
アニメ(0)

それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星(2011年製作の映画)

3.1

ココリンは幼いとかやなくて性根が腐ってる!思ってしまったんは……マシンボーイが子供が好きちゃうから?ってだけやないはず!

星の全ての原動力であるエネルギーが枯渇寸前、ココリンはその問題を解決できるヒ
>>続きを読む

MONOS 猿と呼ばれし者たち(2019年製作の映画)

2.3

あー!年始に劇場で予告編みて面白そうやぁ!思っていたのに、その時すでに劇場公開終わる頃で見逃したやつやん、U-NEXTで観れるわぁ!ってワクワク観たら……

ゲリラの下っ端少年兵達がアメリカ人捕虜の監
>>続きを読む

夜を走る(2021年製作の映画)

3.8

「シン・ウルトラマン」に撃沈したマシンボーイやが、「生きててよかった」の格闘シーンでかなりテンション持ち直し、ラストの本作「夜を走る」でエモーション激走!終わりよければすべて良しとはまさにこの事やでぇ>>続きを読む

生きててよかった(2022年製作の映画)

3.7

生きててよかった公文式!
劇場で予告編観て面白そやなぁ〜、思って観に行ったんやが思わぬ豪華キャストにビックリ!予告編やと主人公もヒロインも知らん人やし、今野浩喜くらいしか知ってる人出てないかと思ってい
>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

1.7

マシンボーイは!絶対に!早見さんに!踏んづけられたいぺろ!

ウルトラマンが怪獣や宇宙人と戦うよ!って話

今日観にいくんは内容に惹かれた作品が2本、その2本は絶対観るんやが、その他にもキャストが好き
>>続きを読む

19歳(2018年製作の映画)

3.3

未だに映画の世界にも男根至上主義が残っているんは先日続々と明らかになった事件をみればわかるように明白な事実なんやが、それでも近年は実力派の若手女性監督がちょいちょい出てきてくれているんですよ
「少女邂
>>続きを読む

ヤマト探偵日記 マドカとマホロ(2022年製作の映画)

2.6

「VIDEOPHOBIA」や「TOURISM」の宮崎監督の新作やからばめちゃ観たかったんに、先週は井口監督の「IDLE NEVER DiES」と時間被りで観れんかったやつ!今週は張り切って観てきたんや>>続きを読む

納豆(2018年製作の映画)

4.2

これはちょい年間ベストクラスの傑作やからばね、ベストムービー登録しときたいからばオムニバスの中の一遍やけども、ちょいMark!だけさしてもらうわ!
詳しくは先にMark!した「Sexual Drive
>>続きを読む

Sexual Drive(2021年製作の映画)

3.7

納豆……麻婆……ときたら次はカレー一択だろうがよ!背脂マシマシラーメンってなんなん?きっと吉田監督は納豆麻婆カレー食ったこと無いに違いないわ!ぷんぷん

性と食にまつわるオムニバスと思わせて……芹澤興
>>続きを読む

謝罪代行承ります(2019年製作の映画)

2.1

マシンボーイ映画賞2018で、ベスト20に入賞したチンコチョッキン映画の快作「ケイタネバーダイ」の監督、中村友則監督の作品いうことで気になってはいたんやが、観る機会が無くて困っていたら…………あっさり>>続きを読む

劇場版 現代怪奇百物語 弐之章(2020年製作の映画)

2.8

冒頭から川連廣明!とかわいこちゃん達、ぺろぺろ
でも日本を代表する霊能者とか言って現れたこの女なんなん?日本にはNEO様っつ〜世界最強の霊能者がいるっつ〜んよ!どやぁ!


「呪ノ接吻」
心霊スポット
>>続きを読む

新スパイガール大作戦〜惑星グリーゼの反乱〜(2012年製作の映画)

1.8

スパイ映画やと思ってマシンボーイも絶を使い気配を消して鑑賞するも……、宇宙人とライトセーバーでバトルする展開に、あれ?某宇宙戦争映画の日本版スピンオフやったんか!って興奮を隠しきれんかったぞぉ

科学
>>続きを読む

IDOL NEVER DiES(2022年製作の映画)

3.8

NOBORU IGUCHI NEVER DIE!
井口昇らしい井口昇映画としては2018年の「少女ピカレスク」以来、その間メジャーで無難なへっぽこ作品を数本、深夜ドラマやらアニメやらを数本、正直我々の
>>続きを読む

ファーストミッション(2022年製作の映画)

4.3

長野じゅりあVS伊澤彩織が観れるんか?ワクワク、つってノーテンキに観に行ったらば、
もはやこの映画観ずして今年のアクション映画は語れんよ!いま世界最先端のアクション映画はこれ!
っつ〜未曾有の大傑作で
>>続きを読む

日本列島 いきものたちの物語(2012年製作の映画)

3.5

ぐふぅ……誰かメダカくんの行方を知っていたらマシンボーイまでご一報お願いしたい!スンスン……

日本列島どうぶつさんドキュメンタリーやぞ!って話

メダカくんいうんはね、先日観た「味噌カレー牛乳ラーメ
>>続きを読む

いつも難しそうな本ばかり読んでる日高君(2022年製作の映画)

3.4

ゲラゲラ!日高くんめちゃヤバいやつやん!ゲラゲラ

電車を待っていると同じく電車を待っている日高くんと遭遇したぞ!日高くんとは同じクラスなのに中学卒業間近でこれまで一度たりとも話したことが無いぞ、いつ
>>続きを読む

ワールドオブザ体育館(2014年製作の映画)

1.3

ポエムに酔う、こういう作品を月並みな表現で表すとオナニーという、どうせ他人のオナニーを見せられんのならばセンズリ鑑賞系のAV観た方が俄然有意義よね!にゃんにゃん

目を覚ますと体育館が妙なことになって
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

3.7

マシンボーイはフィンチャーの映画なら本作と「エイリアン3」が好っきゃ!

誕生日おめでとう!お祝いに愉快なゲームをプレゼントすんよ!って話

そうね、マシンボーイは中坊ん時にこれ劇場で観てめちゃぺろぺ
>>続きを読む

HOME AWAY FROM HOME(2017年製作の映画)

3.0

みのりちゃん結婚の傷心からようやく立ち直ったマシンボーイに衝撃の情報が……阿部純子ちゃん結婚!ドカーン!

阿部純子ちゃんが外国人達を東京案内すんよ!って話……なんかな?

お……おめでとう!阿部純子
>>続きを読む

ツユクサ(2022年製作の映画)

2.2

今日も今日とて田舎映画!……まぁ渋川お兄やん目当てやけどね

悲しい過去を持つ中年女性が隕石と衝突すんぞ!って話

先日同じテアトル新宿で観た「山歌」は、本作同様に渋川お兄やん目当ての田舎映画で、めち
>>続きを読む

仄暗い水の底から(2001年製作の映画)

2.8

なんであんなに可愛らしチビちゃんが…………成長したら水川あさみなんよ!ぷんすか!ぷんすか!もし水つながりのキャスティングだったなら今なら関水渚ちゃんがいるのに……悔しいです!

団地に引っ越したら天井
>>続きを読む

魔の巣 Manos(1966年製作の映画)

1.9

レンズにゴミ?ホコリ?陰毛?ついてるけど……

楽しい家族旅行のはずが道に迷ってさぁ大変!俺は道に迷った事が無いんだ!と自信満々なお父さんは道を尋ねることも良しとしないためどんどんワケわからん道に迷い
>>続きを読む

N号棟(2021年製作の映画)

1.5

でた!今年のワースト有力候補!みのりちゃんと花純ちゃんと太郎ちゃんの共演でマシンボーイに早く終わんねぇかな?思わせるんとかまぢ驚異の退屈力よ!ひゃー!

映画サークルでホラー映画撮るぞ!つって有名な肝
>>続きを読む

山歌(2022年製作の映画)

3.9

もちろん渋川お兄やん目当てに内容も知らんと観に行ったば……マシンボーイ好みのド田舎……ってかド山林映画でマシンボーイ歓喜!やったー!

中学に馴染めず祖母の住む田舎にやってきた中坊、ある日住居も無く山
>>続きを読む

巨人の惑星(2021年製作の映画)

2.9

野球にも、ウルトラマンにも、進撃のにも、デカ魔ー羅ーにも、あまり興味の無いマシンボーイはやっぱり巨人といえば……

あれ?この捨てられている「巨人の星」の漫画本……ワシのんとちゃうか?!貸していた学生
>>続きを読む

JOINT(2020年製作の映画)

3.6

なんかめちゃヤクザ映画が人気やったイメージがある2021年やが、大ヒット作の陰に隠れて何気にこんな良作も潜んでいるんよ!っつ〜ノワール映画
まぁマシンボーイってば「素晴らしき世界」も「ヤクザと家族」も
>>続きを読む

青めぐる青(2022年製作の映画)

1.7

え!駒井蓮ちゃんの短編作品がYouTubeで観れちゃう?やったー!つって喜び勇んで観たらば……

高校生の頃を思い出すよ、あの子のこと好きやったなぁ!って話

ひゃー!めちゃおもんなくてビックリした!
>>続きを読む

劇場版ほんとうにあった怖い話〜事故物件芸人4〜(2022年製作の映画)

2.0

芸人達なんて目に入らないくらいヒロイン達が揃って可愛い!美人幽霊とドキドキ同棲?最高かよ!ぺろぺろ(うん、マシンボーイは他人と暮らす才能無いから同棲とかもう真っ平やけど!でも相手が幽霊ならあんまり気も>>続きを読む

15歳の総理大臣(2019年製作の映画)

2.1

さぁアメリカ大統領出演作連投!本作は大統領として現役の頃のトランプが出てるぞ!共和党はもしかして日本の映画作品に出ていく、っつ〜方針があるんかな?

日本初の女性総理!でもお堅い彼女は支持率はイマイチ
>>続きを読む

花井さちこの華麗な生涯 インターナショナルバージョン(2004年製作の映画)

2.3

大変!人殺し!写メ〜ル!バキューン!(頭撃たれる)(死なない)(覚醒)

ゴリラーマンみたいなイメクラの姉ちゃんが陰謀に巻き込まれるよ!って話

ブッシュのまんこ侵略!「イクラはシャケのベイビーなん?
>>続きを読む

電脳聖少女(2001年製作の映画)

3.2

それなりの予算とそれなりのスタッフキャストで撮れていたならば、それなりに評価され、それなりに後世に名を残していた可能性が大いにある、惜しい良脚本作品

目覚めたら知らない人達と一緒に知らない場所に閉じ
>>続きを読む

雨のまにまに(2020年製作の映画)

3.3

おっさんには眩し過ぎる!過ぎ去り二度と戻らない青春に絶望し、膝から崩れ落ちてもおかしくないキラキラ青春キュンキュンぺろぺろなやつ!

雨の帰り道、幼馴染の男の子を待ち伏せすっぞ!って話

海の向こうで
>>続きを読む

こっくりさん 本当にあった怖い話(2007年製作の映画)

3.4

コックリさんを題材にした作品と言えばマシンボーイもそこまで観れているワケでもないが、イメージとしてはほとんどが駄作凡作で、唯一「戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ! 恐怖降臨!コックリさん」のみが傑出したコ>>続きを読む

超少女REIKO(1991年製作の映画)

2.0

出来の悪い「学校の怪談」って感じやし、「学校の怪談2」や「学校の怪談3」の小学生にして色気垂れ流しな前田亜季のような魅力的なヒロインがいないんもガッカリやったよねぇ

学校に最近現れる幽霊を退治してや
>>続きを読む

ヘブンズ・ラッシュ(2022年製作の映画)

3.0

金沢に全国7位はおらへんやろぉ……

懸賞金1億円の殺し屋に次々と刺客が襲い掛かってくんぞ!って話

まぁね、これはこれで面白いんやけどね、「ぱん。」や「べー」「スロータージャップ」みたいなんまた撮っ
>>続きを読む

極悪拳法(1974年製作の映画)

3.4

確かにサワムラーは出ているけども……ノンノン、ポケモン映画では無いってばよぉ!

時は第一次世界大戦真っ只中!日本に入り込んだ外国のスパイをやっつける為に腕の経つ武道家達を結集したぞ!って話

そうね
>>続きを読む

>|