ゆりさんの映画レビュー・感想・評価

ゆり

ゆり

  • List view
  • Grid view

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.6

思ってたよりグロい サイコ
盲導犬と頭のシーンは早送りしました。

警察の応援こないしさ、
目が見えないことがもどかしいっっ

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

3.6

精神科病院がどういうものかということは置いといて

『その優しさをあなたは咎めますか』

これがテーマなら、ほんとテーマ通り。

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

地味だけどなるほどーって感じ。
それは許せないよね。
けど、死ななくていい人を死なせたらだめだと思う。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.6

気持ちじゃどうにもならない現実がねぇ。切ない。

あらすじ読んだだけで泣けてきます。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.2

早口で会話の掛け合いが行われるから理解できないまま次へ次へと進んでった。。。
なんだか、全部の物事が突然すぎて、
キャラつかめないし、理解できないしで、エンディングになった。

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

あー、みんなそれぞれ小学生から高校生になって、自分のイヤなところと向き合って成長してるのに、川井だけ無成長でいやなやつ。

葛城事件(2016年製作の映画)

4.0

俳優さんたちの演技は見事でした。
苦悩や葛藤、どうしようもない気持ちや現実。
このうちは、全部掛け違えてしまったけど、こうならないように日々思いやりや気遣いを持って頑張って生きようと思った。

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.6

みんな多かれ少なかれ色々ある。自分のことでいっぱいいっぱいなんだろうけど、けど、悩んで息苦しさを感じてるのは自分だけじゃない。
誰かで憂さ晴らししても現実が変わるわけじゃない。
ほんと、まず、ちょっと
>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

グロかった。血の海。
いろいろな怪物が出てきてカオスだった。
エイミー・アッカーだけが癒し!

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.7

自分を持っててブレない響は物語としてはかっこいいけど、実際にいたら、めんどくさいから関わりたくない人間ですね。

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.9

人間のリアルな無責任さが、本当に残酷。

間接的にマウント取りたがる人、噂話を悪びれることなくさも本当のように話す人
女子の仲間ってこんな感じだなぁと。

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

2.9

作品はいいとして
特に恋人と秘書の吹き替えがヘタでびっくり。

氷菓(2017年製作の映画)

1.5

正直、
言葉の選び方や表現の仕方が大げさというか、気取りすぎてるというか…

置いてけぼり感半端ない

これはどこ世代がみて面白いと思うものなのか…すみません、わからない

曇天に笑う(2018年製作の映画)

2.3

原作未読ですが、
限りある時間の中に色々詰め込まないといけないので、全体的に薄い話で終わったのかなぁと感じました。
人気ある俳優さんを沢山使ってるのに残念。

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(2011年製作の映画)

3.0

可もなく不可もなくバランスいい作品でした。

安心して見れるちゃんとした話というのは、やっぱり東野圭吾さんだからですかね。

今観ると人気の俳優さん達も多く何だか得した気分。

友罪(2017年製作の映画)

3.5

色々しんどかったです。

みんなそれぞれ持ってる闇が深すぎて、こんな辛い思いで生きてる人もいるんだなぁって。自分ならどうするだろうと考えると…

こういうの観ると、ワイドショーや雑誌で勝手にああでもな
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

これは魅力的な作品だ。

ヨシカはぐちゃぐちゃに葛藤してるけど、態度や言葉が素直。

壱に再開するために、なりすまして同窓会開いて、なんとか後日また会えるようにするとか、容姿や小賢しさで異性を捕まえよ
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.4

歴史の勉強が必要です。
予備知識なしだとキツい。
言葉も難しくて字幕必須でした。

俳優陣が豪華だから見応えあるので
勉強してから出直します(^^;)

K-20 (TWENTY) 怪人二十面相・伝(2008年製作の映画)

4.0

このくらいの話が丁度よく面白い(^-^)

松たか子さんはとてもキュートですね~。

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

3.6

今回、夢子の存在感は控えめでした。
歩火役の福原遥ちゃんの半狂乱っぷりと木渡&芽亜里のきめっきめのポーズや変顔が脳裏に焼き付いてます。
これが、実写賭ケグルイの醍醐味って感じですね。

ただ、ストーリ
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

実写化としては成功だと思います。
限られた時間の中で、大事な場面をギリギリまで削って詰め込んでありました。

配役もよかったです!
大沢たかおさんが王騎将軍と知った時は?でしたが、王騎でした!
騰の要
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.5

全力でくだらないことをしていた
家でお菓子を貪りながら、寝転んでみたい!

二階堂ふみさんは男の子にしか見えなかったし、化粧映えもするし、
何にでも化けれる素晴らしい女優さんですね!

生贄のジレンマ 上(2013年製作の映画)

2.5

上、中、下 に分かれているから
続きに期待します。

清野ちゃんのスカート短すぎる気が…

トモダチゲーム 劇場版FINAL(2017年製作の映画)

4.0

原作未読

吉沢亮くんが上手いのに綺麗。
魅了されます。ズルいなぁ(笑

ファイナルだけど、続き見たい!

リアル鬼ごっこ(2015年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

いきなり人が真っ二つになったり、役者が変わったり、女しかいないと思ったら男しかいなかったり、頭がパニック

とりあえず、白髪のじぃさんの中身は男子のままで、だから、女だけだったり、脱いだりしてたんだな
>>続きを読む

トモダチゲーム 劇場版(2017年製作の映画)

4.0

原作知らずにドラマ→映画

普通に面白かった。
ユウイチの豹変っぷりが、吉沢亮くんの綺麗な顔でやるから、怖かった。
でも、似合ってた。

ザ・ルームメイト(2011年製作の映画)

2.5

とても怖い映画ではなかったが、ネコのシーンは見てられなくて早送り。猫好きには耐えられない。
でも、女の子達は可愛い。

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.4


残虐なシーンは多いんですけど、でんでんさんの熱帯魚店が有り得ない店だったから、リアルに感じなかった。
だから最後まで見れました。

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.0

ゲスいし、やっぱりマスゴミだと思ったけど、リリーさんの演技すごいっ!

すべての終わり(2018年製作の映画)

2.0

え?続き物じゃないよね?
結局何だったのか説明してほしい…

タイトル通りになるよって映画なのか?
もやっとしたまま。
何のために作ったの?

昼顔(2017年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

ドラマ見てなかったので、あれですが…

上戸彩がガキっぽい。
罪の意識をもって、一生慎ましく生きろとは思いませんが、不倫という世間的には非難される行動をとっていることを全くでわかってない。知り合ってす
>>続きを読む

犯人に告ぐ(2007年製作の映画)

3.5


この作品は犯人と警察の攻防ではないので、犯人は誰かとかそういうのを期待してる人には物足りないと思います。
最後までひっぱりますが、犯人はあっさり捕まります。

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

2.5

試写会にて

何も予備知識なしで観ましたが、
空海である必要性があったのか…

なんだか、ざっくり理解できたけど、
よくわからないところもあって…
整合性を求めず観ればいいのかな>_<

いつも思うけ
>>続きを読む

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

3.8

家族みんなバラバラな個性があり、好きなことをやっているが、愛はあり個人を認めてる。

コミカルな描き方だけど、彩りも豊かな映像が、温かな家族を感じさせられた。

不能犯(2018年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

初日に観ようと楽しみにし過ぎたせいなのか…内容は薄い気がしました。

もっと悪い人達を殺めるのかと(>_<)

よかった点は
松坂さん、間宮さん、真剣佑さんと
イケメン揃い!眼福です!

気になったの
>>続きを読む

>|