俺たちの福浦さんの映画レビュー・感想・評価

俺たちの福浦

俺たちの福浦

映画(139)
ドラマ(55)
  • List view
  • Grid view

ナイト・オブ・シャドー 魔法拳(2019年製作の映画)

3.7

みんな辛すぎ〜💦
台湾映画でしょ?恋ありキャラありでいいじゃん。だめ?
まあ、もっとジャッキーのカンフーが見たいとは思うけどねー😁

10ミニッツ(2019年製作の映画)

2.8

確かにミステリ。まあまあ、先も読めない。でも起伏がなく、つまらない。ブルースは作品を選ばないなぁ…💧

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

4.0

これまでの映画版に比べスタイリッシュさがイマイチかな。
まあ、その分子供っぽくて微笑ましい、とも言えなくもない。
男はみんな敵役で女性がみんな正義の味方という描き方も分かりやすくて痛快。
続編を予感さ
>>続きを読む

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

2.0

画面も全編のムードも暗くグロい。理屈っぽいセリフでストーリーが語られアクションはほぼなし。休日の時間を返して欲しい。新木優子が出ている事だけが救い…。それ以外はお勧めしません。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.3

いい映画でした。泣けたー😆
あまりにもドロドロしてないところが良かった!
ヒデトシや篠原涼子や川栄など感情表現よりは一本調子の演技がウリの役者さんばかりで丁度いい。
しかも、所々に小粒な謎解きがあって
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

4.3

もはやいろんなバリエーションをやり尽くした感があるこのシリーズ。その最近の中では安定した出来栄えです。ストーリーもシンプルな原点回帰の王道。
チームプレーによる目まぐるしいアクションは、白髪のシュワち
>>続きを読む

居眠り磐音(2019年製作の映画)

3.6

今回の映画化は原作全体の設定だけで終わってる感じ…。でも、哀しさ、恋心だけでなく痛快さ、そしてユーモアと、何でもごちゃ混ぜ出来るのが時代劇の良さなので、どうしても展開スピードはこれぐらいじゃないとね。>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

2.5

がっかり。実写なんだからアクションが肝心なのに。始めの方につかみとしてあるだけでラストまでは、ほとんど短絡的ですぐ感情的にわめく子供っぽいシーンばかり。アニメ漫画のファンなら見覚えのある名場面なのかも>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.2

画面もそうだけど、ずっと不安で憂鬱。休日の午前中とかエネルギーある時じゃないと気持ちが切れそう…💧
でも、どうしても引き込まれてしまう映画。主演のシム・ウンギョンは一本調子だけど表情、特に眼の演技は
>>続きを読む

罪の余白(2015年製作の映画)

3.9

私は面白かった。この手の作品にしては演出があんまり醜くなくて、早くから内野VS吉本実憂の構図が中心になる。最後は人物の様々な伏線が回収されてカタルシスを感じる結末になっている。
ただ、心理戦が見どころ
>>続きを読む

ブッシュウィック-武装都市-(2017年製作の映画)

3.1

いろいろあるけど何が言いたいのかさっぱりわからないパニック映画!
出だしからいきなりの緊張感。カメラが2人の主人公の後を追い続けるので観ている方も臨場感があり、ハラハラドキドキが最後までずっと続く。そ
>>続きを読む

ワイルド・ストーム(2018年製作の映画)

3.8

皆さんの評価は意外に高くないけど私は好きだねーこういうの😁

ごちゃごちゃ感があるのはたぶん誰が中心人物かがはっきり定まってないからだと思う…
その分色んな要素があってお得感あるやん。

はじめっから
>>続きを読む

Mr.&Mrs.フォックス(2018年製作の映画)

2.5

ダラダラとどこに向かっているのかもわからないストーリー。爆笑🤣出来るでも無いコミカルさが皆さんの低評価に繋がってるのだろうけど、これはこれで倍速、字幕でボ〜ッと綺麗な女優さん見る分には有りかなと思って>>続きを読む

アンノウン・ボディーズ(2017年製作の映画)

3.2

原作小説がベストセラーというだけあって、それぞれの場面での面白味はある。でも主人公の大人とは思えないいい加減さと、リサという女性のキャラのブレ加減は、全体を通して全く感情移入できない…😅
不気味な雰囲
>>続きを読む

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

3.8

世界観や登場人物の設定が面白い。ストーリーやアクションも見ていて飽きない。ラストに向けてヒロインの成長もしっかりと描けている。
ただ、原作の小説ならしょっちゅうは気にしないで読めるんだろうけど、映画は
>>続きを読む

クリティカル・ブロンド(2019年製作の映画)

1.0

疲れを忘れてストレス解消!のつもりが完全に騙された!パッケージに惹かれて馬鹿を見る典型的なパターン。とほほ…💧
でも、この悔しさが次のビデオ選びへのモチベーションを高めるのさ!と信じたい😅
そんな一本
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.4

アクションやサスペンス性が無くても時間を忘れて楽しめました。
伏線やミスリードは、ほぼ予想できます。でも全部がパソコン画面上で表現されているため自分が当事者になっている感覚があるし、伝わってくる情報も
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.2

完全に振り切っている。荒唐無稽すぎるところが最高ー!

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.7

何事にもめげない強い意志を持ち続ける『強い女』。良い意味でアメリカ的で憧れる。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.5

サイコー!
怪獣映画なのでこれで良い!
最初から最後までエンターテイメントに徹していて、これで良い!
ブリーラーソンのかっこよさも最高でした。
今、公開しているゴジラ・キングオブモンスターも映画館まで
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.8

わりと重苦しい雰囲気で進んでいくえいがだけど、ラストが気に入った。ご都合主義なん言わないでください。
希望を感じさせるエンディングじゃないとね。
やっば。

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.7

続編だから比べられるのは仕方ないかな…。
でも氷上のバイク失踪とか、スタイリッシュな別の映画としてなら爽快感もあって、全然アリ!
ただリスベット役の人が可愛いすぎた上にスタイルはまるでアジア系女優並み
>>続きを読む

マッキー/Makkhi(2012年製作の映画)

4.3

痛快。痛快。
ご都合主義のストーリーだとか、登場人物の行動がイタい、とか言うのは野暮というもの。
金持ちは悪い人。その悪い人を虫けらのような貧乏人が懲らしめる。このムチャクチャ分かりやすい下克上を映画
>>続きを読む

ブラッド・ファーザー(2016年製作の映画)

3.2

年老いたとはいえメルギブソンにはもっと派手なアクションを期待していた…💧
エリン.モリアティーは金髪の方が可愛い。

PK(2014年製作の映画)

3.9

宗教論争も面白い。しかし、PKの恋愛映画として見る方が自分にはシンプルでわかりやすかった。ラストに向かうほどスリリングで切なかった。ストレートに楽しませてくれるインド映画としてお勧めできる。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.2

開始30分から5回は泣いた。内、2回は号泣。
娘を持つ父親ならきっと泣いてしまう。
ストーリーが進むに連れて人物関係や出来事の真実が明らかになっていくところも時間を感じさせない。
いい映画でした。

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

3.9

見終わったら、とても重い映画だった。でも、最後まで見入ってしまう。
元気がもらえる映画とは言いにくいので、エネルギーある時に見ないと。
クリントイーストウッド監督のはそんなのが多い印象です。
好きだけ
>>続きを読む

>|