shucoさんの映画レビュー・感想・評価

shuco

shuco

卒論のテーマを映画にしたくらい映画好き
生活を豊かにしてもらえてます✨フォロワーさん達のおかげで映画の幅が広がりました♬

映画(701)
ドラマ(22)

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

3.5

パリの街をカーチェイスするシーンで思い出した。
見たことあるー!笑
ニッキー役の女優さん…見たことあるなぁ…
私はいったいこの映画を以前どこで誰と観たのかも思い出せない…

それにしても。
私だったら
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

この作品のメリル・ストリープはとても綺麗だったなぁ…
トムハンクスがトムハンクスに見えないところも面白かった。

こういう史実を知るために映画って本当に必要だなぁと感じる。
前に観た聖職者たちの虐待を
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

未来の街があんなに汚いのは驚いた。
VRの世界さえ綺麗だったら現実なんてどーでもよくなるのかな…
で、ラストに警察!笑
いたんだ…

シャイニングの双子が見れて嬉しい。
案内人は良かったなー
ショウも
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.0

空想って自由だし楽しいものだと思うけど、間違った方向にいくとこんなことにもなるんだな…ってお話

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

4.5

シリーズ完結!
スネイプのあたりから泣きっぱ…

マグゴナガル先生が、
この呪文、使ってみたかったの!
って言うシーンがかわいすぎ。

ニワトコの杖やドラコやアバーフォースへの対応を見てもハリーは人格
>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

4.0

ハリー17歳

master of death

ドビー!
って回でした…
みんなで囲んでいるシーンはとても人間的に感じました。

原作では炎のゴブレットから1000ページレベルになっていたものを今回
>>続きを読む

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

3.5

ハリー16歳
クライマックスに近づくにつれてどんどんダークになってきましたー
ドラコは実はとてもいい子なんだなぁ…って思わずにはいられなかったです。
彼がああなってしまったのは大人の責任ですね…

>>続きを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

3.5

ハリー15歳
冒頭、ダーズリー家にハリーを迎えに行った不死鳥の騎士団員のトンクス…ピンク色の髪をした魔女がとても美人✨
トンクスの母親はベラトリックスレストレンジとドラコマルフォイの母親と3姉妹だった
>>続きを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

3.5

ハリー14歳
男の子たちの髪がロングになってるところが面白い。当時、流行ってたのかな?笑
マフラーのデザインが変わっててびっくり!ユニバのマフラーと同じになってたー
トムリドルのお墓が出てて没年が19
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

3.5

ハリー13歳
引き続き再鑑賞。
原作を再読した直後に観るとかなり端折ってることがよく分かるけどそれでもこの世界観を大事に表現してくれている映画関係者さん達に感謝したくなります。
バックビークが可愛すぎ
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

3.5

ハリー12歳
ファンタビ観たので家にあるハリポタ全巻を再読してからの絶賛シリーズ再鑑賞中!笑
ハーマイオニーの髪が前作に比べて綺麗になっている!
1年で子どもたちの成長が著しい!
ドビーかわいい!
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

-

内容はイマイチなのに最後まで見せてしまう演出はさすがなのかな?
グロい場面あるけど、蓋を開けたらコメディでした笑
王妃リーて!笑

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

5.0

これはハリポタファンにはたまらない作品!
懐かしい面々が出演してるので記憶を呼び覚ますのが大変だけど楽しい✨
布の使い方も素敵だし、舞台がロンドンとパリっていうのもたまらないし、20年代のダブルデッカ
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.0

美術が良かった!
主人公もイケメンだし、アンジェラバセットは安定の美貌だし、黒人さんだらけなところも斬新。
ただ全体的にみると期待してたよりは…だったかなぁ。
エンドロールの曲はオススメ

marve
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.3

ヴェノムかっこいい!
サンフランシスコの坂のカーアクションは見応えあったなぁ。
エンドロールあたりのエミネムの曲と次の曲もかっこよかった!
おまけみたいなのは…残念な感じ。
全体的にストーリーは薄め。
>>続きを読む

アクトレス 女たちの舞台(2014年製作の映画)

3.8

ジュリエットビノシュはもうすっかり大女優さんなんだなぁと改めて思えた作品。
クリステンスチュワートとクロエとの競演って豪華✨
特にクロエはハリウッド畑なイメージがあるからかなり違和感があったけどとても
>>続きを読む

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

4.5

自分の仕事を全うする人はかっこいい!
実在する弁護士の話だとは思わなかったけど冷戦時代の歴史背景が垣間見れた。

不安はないのか?
ー それは役に立つか?

最後のアベルが気になったけどエンドロールで
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.5

大人は子どもを幸せにする義務があるなぁ…とこの映画を観てたら改めて強く感じた。
幸せと書いてしまうと語弊があるかもしれないけど、マイナス方向へ持っていくことは決して許されないと思う。
子どもは何も悪く
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

3.3

キャスティングが豪華〜✨って思ってたらまさかのDボウイまで!
クリスチャンベイルって観る作品のたびに印象が変わる人だなぁ…
ヒュージャックマンはほんとに舞台人だなぁと思わずにいられない。

確認、展開
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

映画どうのっていうより、ラストのライブシーンの感動で満点にしました!

作品冒頭の20世紀FOXのオープニングファンファーレがクイーン仕様になってたところも良かった。
ライブ時に観客が歌うのって今では
>>続きを読む

ジーパーズ・クリーパーズ(2001年製作の映画)

-

女の子はかわいかったけど、もたつき感が残念。
シェイプオブウォーター的なブギーマンが出てきて月夜を飛ぶ姿は絵になってた。
ラストもいいんじゃない?

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ(2015年製作の映画)

5.0

これはおもしろい!
とゆうかとっても勉強になった。
アメリカの異常さを語ってるんだけど、日本も近いものがあるなぁと思わされた。
イタリア人を見るとセックス直後にみえる…とか、フランスはブロージョブ発祥
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.0

文明の響き

時間の流れとか職場の雰囲気、図書館のライティングとか全体的に好み。
ブラピの若さも微笑ましい。
ケヴィンスペイシーの胡散臭さも素晴らしいw

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)

-

あんまりオススメはしないけどドレスは良かったなー✨
白雪姫の眉毛がひどすぎ…って思ったけどだんだん見慣れてきたし、フィルコリンズの娘てー!
ゴキブリがバッタにレイプされる話はウケたw

パーフェクト・ルーム(2014年製作の映画)

3.5

前から気になってた作品。
まぁまぁ面白かった。
駆け引きうまいのよーって言ってた女が本気になってたところは痛々しかった。
犯人の動機だけが後付け感満載だったけど…
それにしても見事に嫁集団がいけてない
>>続きを読む

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.5

斬新な設定でハードな内容なわりにあっさり仕上げてるところがすごい。
純愛なようでいてビッチと言われてもしょうがないような関係。
主人公の女の子、ベッキーに似てた。

狂っちゃいないぜ(1999年製作の映画)

3.0

管制塔の仕事を知れただけでも満足。
もっと優雅な仕事だと思ってたけどあんなに忙しいんだ。
内容は主人公がひとりで騒いでただけだった。
アンジーとケイトの若い頃は楽しめた。

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

3.0

実現させてるところがすごいなー
下積みもなさそうなのに舞台度胸まであるし
実話かと思った

ヒート(1995年製作の映画)

3.3

昔に観たことがあったのをラストシーンで思い出した。
大ベテラン俳優の競演が観られるなんて贅沢だなぁ…
ナタリーポートマンかわいい!

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.0

ゾンビ映画ってとにかく逃走中なんだねー
スカウト拡散キャンペーンみたいで楽しめた。

特捜部Q Pからのメッセージ(2016年製作の映画)

3.3

カールの精神状態が心配。
アサドがバディで良かった。
犯人もかわいそうだった。
それにしてもエホバの証人を対象にしてクレームはないんかな?
パスゴーって刑事にきゅん♡ってなったので次回があれば出て欲し
>>続きを読む

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

3.3

悪い男は魅力があるもんなぁ…
10代だった女の子の人生が1人の男に振り回されて終わるなんて哀しいお話でした。
カールの熱いキャラも微笑ましく見応えありました。

インフォーマーズ〜セックスと偽りの日々〜(2008年製作の映画)

-

レビューを読むと内容はあんまりってことだったんだけど、アンバーハード見たさで観た。
ウィノナがトリガラみたいになっててびっくりした。
ダンナは浮気してるけど自分も若い男と寝てて何をそんなにキレることが
>>続きを読む

パーフェクト・ゲッタウェイ(2009年製作の映画)

3.0

ジーナとニックのカップルがステキ♡
大好きなクリス君もチョイ役で出ててハッピー♡やっぱりかっこいい♡

最終絶叫計画(2000年製作の映画)

-

こないだスクリーム観てて良かった…って感じのいろんな映画のパロディ。
素でみてしまうけど、たまに笑えるところがあるので最後まで観れた。
マスクの七変化はオススメ

>|