大福劇団C4さんの映画レビュー・感想・評価

大福劇団C4

大福劇団C4

映画(2387)
ドラマ(442)

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

4.0

ウディ・アレンらしいテンポと会話。
どんどん進んでいくストーリーの中で、いつのまにか主人公の内面が垣間見えていて、ラスト近くの母との会話で本人が気づく気持ちに観ている側も気づく。
ラストの流れが必然で
>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.5

スタローン主演映画って、ほとんどが良くも悪くも『御伽話』だと思う。
ただそこに、スタローン演じる主人公に必ず人間らしい弱さと葛藤を滲ませる事で共感がもてた、気がする。
まあ、エクスペンダブルズは筋肉祭
>>続きを読む

ワールドエンド(2019年製作の映画)

2.4

最近、ロシアの映画を観る機会が増えたけと、どんどんハリウッド化してる気がする中、コレはちょっと違う。ただ。。。

原題を直訳するとどういう意味になるんだろう?でもまあ、邦題の「ワールド・エンド」は言い
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

4.1

想像していたよりずっと深い話だった。
予告編の問題か?

彼らが何を創り、何を競い、何を失い、何を得たのか。これは天才達の話であり、人類の話である。んだろうなぁ。
ともすれば下世話な話になるところを、
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

4.4

映画の底力。
20分にこれでもかと詰め込むアメリカの病理。
でも根本的な問題は日本も同じ。
人間社会全体が抱える闇。


本編は実話に基づいた話と聞く。
向き合って観られるか。。。

ブラッドショット(2020年製作の映画)

3.9

無敵のヴィン・ディーゼルが不死身のヴィン・ディーゼルになったというお話(笑)

コミックが原作なだけに設定、展開共にマンガ的で、ドラマやキャラクターに深みなし。
それでもヴィン様のアクションもの好きに
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.0

少々退屈するかもと思っていたけど、テンポがよく、過去と現在の進行とリンクが面白く、最後まで集中して見られた。

役者の配役、演技もなかなか。
改めて「若草物語」を読みたくなった。

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.6

ゆる〜い感じは嫌いじゃないけど、怖さも笑いもあと一歩ツボらない。
全然面白くなかったってわけじゃないけど、結局あの人は何だったの?とか、あの子達はどうなったの?そもそも何で出てきた?みたいな疑問ばかり
>>続きを読む

囚われた国家(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

何だろう。惜しいなぁ。

冒頭のエイリアン登場シーンはなかなかショッキングで掴みとしては悪くなく、何度も出てくる「マッチに・・・」というワードも、まあ、効果的。
エイリアンに人類が統治されている設定で
>>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

3.7

アクションシーンはまあまあだけど、ストーリーの流れでのアクションとして観るとドキドキもハラハラも爽快さもない。
色々回りくどいし、脇はそれなりの役者で固めてるのに。。。ってのが残念。
最新の科学兵器だ
>>続きを読む

ハリエット(2019年製作の映画)

3.4

色々タイムリーな感じだけど、映画としてはもうちょっと撮り方があったんじゃないかなぁ、というのが正直な感想。

テルアビブ・オン・ファイア(2018年製作の映画)

3.8

イスラエルらしい風刺的なコメディながら、現状を考えても、喜劇の肝であるズレや、台詞に何度も出てくる「占領」という言葉が深い表現になっていて感心する。
映画の力を再認識。良作。

T-34 レジェンド・オブ・ウォー ダイナミック完全版(2018年製作の映画)

3.3

初めて笑わずに(笑)観られたロシア映画。
戦車バトル映画としてはなかなか。
キャラクター設定もまずまず。
主人公の御都合良すぎる展開は相変わらず。

PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR(2020年製作の映画)

4.0

やっぱ、構成、脚本、演出とどれをとってもクォリティーが高い。
けど
次に向けた橋渡し的な部分もあるよね。
そこがちょっと残念。
「3」の着地点としては、満足。
スクリーンで観られて良かった。

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.4

韓国映画らしいアクションコメディ。
楽しめるけど、何も残らない。
そこがいいとこ。か。
ダメダメな捜査官達の隠れたスキルが凄すぎて笑える。漫画的だけどそのスキルが発動するシチュエーション設定は筋が通っ
>>続きを読む

MARIA/マリア(2019年製作の映画)

2.8

話の中身はないけど、アクションとしてはまあ90分だし。。。しかし、役者はまあまあなんだから、ラスト含めもうちょい何とかなったろうに。。。とにかく、すっきりはしないね、これ。

センセイの鞄(2003年製作の映画)

3.0

原作の作者 川上弘美の作品は好きで、この「センセイの鞄」も何度か読んだ。
キャスティングを見ておーっ思ったんだけど、やっぱり原作とはイメージ違ったなぁ。

それでも好きな役者ばかりだったのでこれはこれ
>>続きを読む

>|