Oliverさんの映画レビュー・感想・評価

Oliver

Oliver

仕事上、試写会で映画を観ることが多いけど、やっぱり映画館でゆっくり好きな映画を観るのが一番心地良い。

映画(697)
ドラマ(1)

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.6

結末が分かってはいるにも関わらず、見終わった後のこの爽快感は堪らない。

男女の平等が当たり前のように認められなかった時代での、まさに世紀の戦い。すべての女性の期待を背負い挑んだ彼女の覚悟と根性があっ
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.6

あまりにも悲惨な家庭環境の中で育ったにも関わらず、華やかなフィギュアの世界で逞しく頂点まで這い上がった彼女の執念には脱帽。自分で撒いた種と言えばそれまでだが、それにしても彼女の栄光からのあの散り方はや>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

3.5

まさに女版『8マイル』
ただ正直彼女のルックスには最初どうなのー?と思いつつも、ストーリーの展開が意外と引き込まれる。登場する人物たちそれぞれが個性的、かつまっすぐで、音楽への情熱が半端ない。ジャケ写
>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.8

名女優陣による今時のジェンダー問題に斬り込む3世代親子ドラマ。

男の子の気持ちを持った娘の性転換手術を巡って、完全に受け入れられない母親と性に自由なおばあちゃんがバトル。母娘の関係だからこそ、いつも
>>続きを読む

フェイク シティ ある男のルール(2008年製作の映画)

3.2

話の展開がなんとなーく序盤から読める分かりやすい作品。これといって派手なアクションはないのだけど、とりあえずキアヌがカッコイイので最後まで楽しめた。

警察の汚職が現実でもここまで酷かったら、と思うと
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

2.0

一体この映画は何を伝えたかったのだろう。。ここまで名役者が勢揃いしているのに、暴力と性以外に残るものがなく、あまりにも残念だった。

あん(2015年製作の映画)

4.1

樹木希林亡き後に最初に観た彼女の作品。
こんなにも心が震える演技を見せられる女優は他にいるだろうか。樹木希林の人生はスクリーンの中でも、私生活でも嘘がないありのままの等身大に見えた。

ハンセン病患者
>>続きを読む

ナポレオン・ダイナマイト/バス男(2004年製作の映画)

3.0

主人公然り、すべての登場人物がとにかくダサくて、これでもかってほどしょーもない 笑 学園もののキラキラ感のなさがこの映画のいいところ。どこの学校にも1人はいるオタク男子の日常。

あの口の開け方、走り
>>続きを読む

ザッツ・ファビュラス!(2016年製作の映画)

3.3

スーパーくだらないお下品オバちゃん映画だったけど、登場してくるスーパーモデルや著名人がこれまた豪華!
ケイト・モスも凄いけど、ステラ・マッカートニーやエマ・バントンなど英国代表セレブが出てくるところか
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.9

25年間当たり前だと信じていた生活が一変し、現実社会に戻ってきたジェームス。
唯一の心の支えであったブリグズビーベアは、例え環境が変わろうとも、彼の人生のすべてだった。

好きなことに徹底的に没頭する
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

魔法の国・ディズニーランドの片隅には、貧困で苦しむ人々の日常があった。
そこに住む子どもたちは貧しい中でも、遊ぶ楽しみを見つけ、無邪気に生きていた。ただ、まともに働かないうえに、しつけもできない親には
>>続きを読む

アンセイン ~狂気の真実~(2018年製作の映画)

3.6

2年間にも渡るストーカー被害に遭っているソーヤ。妄想なのか、現実なのか、もはや分からなくなるほど不気味なのは、全編iphoneで撮影されている現実感からなのだろうか。

彼女に執着し続けた男のとんでも
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.8

前評判が良かった本作品をやっと鑑賞。
韓国版ゾンビ、サバイバル映画、よくある設定と思いきや期待以上に面白かった。

とにかくゾンビへの転換が超早いうえに、追いかけてくるスピードも半端ない。なのに、実は
>>続きを読む

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017年製作の映画)

3.9

子どもの頃から大好きなWinnie the Poohの誕生の裏にこんな深いストーリーが隠されていたとは全く知らなかった。

戦争のトラウマに苦しむ父が一人息子のために作った物語。息子をイメージして生ま
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

3.9

LGBT問題を高校生の視点から等身大で描く。自分がマイノリティであると気づいてからカミングアウトするまでにどれだけの覚悟と勇気が必要か。誰にも理解してもらえないと思って一生隠し通す人もいるだろう。>>続きを読む

パリ20区、僕たちのクラス(2008年製作の映画)

3.4

フランスの移民問題を教育の現場から切り込んだ映画。正直序盤は少し退屈な流れも多かったが、問題を抱える生徒たちがそれぞれの感情を露わにしながら必死に生きている姿があまりにもリアルだった。

フランス領出
>>続きを読む

横道世之介(2013年製作の映画)

3.8

どこにでもいそうな大学生のありふれた毎日。社会に出る前の最後の青春。横道世之介と周りを取り囲む仲間たち、誰もがとにかく一生懸命で一瞬一瞬を必死に生きている。そんな仲間が大人になったとき、ふと思い出す横>>続きを読む

ある愛の詩(1970年製作の映画)

3.8

母が中学時代に観て懐かしいという本作品を一緒に鑑賞。

裕福な彼と苦学生の彼女による、今の時代には稀な至ってシンプルで普通の純愛ストーリー。話の展開があまりに色々急すぎるものの、恋敵など複雑な関係がな
>>続きを読む

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

3.8

過去の辛い経験によりピアノが弾けなくなったピアニストが故郷の島に戻って音楽の先生を任され子どもたちと向き合っていく中でもう一度前に進む力をもらう。

柏木先生の人を閉ざしたぶっきらぼうな態度が最後には
>>続きを読む

かみさまとのやくそく ~あなたは親を選んで生まれてきた~(2016年製作の映画)

4.8

気づいたら涙が止まらなくなった。

胎内記憶を持つ子どもたちが声を揃えて教えてくれる神様がいる世界。子どもたちはそこで自分の母親となる人をTVスクリーンから選んで生まれてくる。目的は、母親を幸せにする
>>続きを読む

小さいおうち(2013年製作の映画)

3.9

おばあちゃんの死を通じて明かされるある一家の日常と秘密。戦争の恐怖と日々隣り合わせの中でも、惹かれ合った男女の禁断の恋。そして、それを間近で見続けた女中であるおばあちゃんの目線から語られる。

黒木華
>>続きを読む

ヒッチコック(2012年製作の映画)

3.4

途中までアンソニー・ホプキンズだと気づかなかった!!
ヒッチコックが衝撃作である『サイコ』を生み出すまでの軌跡を描いたストーリー。
サイコの原作に取り憑かれ、自分自身も狂気と嫉妬に満ち溢れ壊れていく姿
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

DCヒーローが勢揃いして敵と戦うといういたってシンプルなストーリー。

それぞれ個性的なキャラではあるが、いまいちインパクトにかける。ワンダーウーマンが一番カッコいい。美しすぎて見ていて飽きない。
>>続きを読む

アンナ・カレーニナ(2012年製作の映画)

3.4

許されることのない不倫の愛に走った結末を神は決してハッピーエンディングにはさせてくれなかった。多くの人を傷つけ裏切った代償はあまりにも大きいのだという教えをこの作品で叩き込んでいる。

それにしても、
>>続きを読む

ストーカー(2002年製作の映画)

3.4

なにこの不気味さ。。ロビン・ウィリアムのどんな役にもなりきれる素晴らしい役者魂に感心した。気持ち悪いストーカーも様になってる。

それにしても確かに写真屋さんって人の生活がもろに垣間見える仕事。しかも
>>続きを読む

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

4.0

こんなにもリアルに緊張感が伝わってくる映画も久しぶりだった。タリバン政権を崩壊すべく立ち上がったネイビー・シールズたちが下したある判断により窮地の状況に追い込まれる。助かるはずもない状況で神が味方して>>続きを読む

トガニ 幼き瞳の告発(2011年製作の映画)

3.9

聴覚障害者の子どもたちを襲った性的虐待。口がきけなくても、最後まで自分たちの心の声を訴え続けた彼らに待っていた結末はあまりにも残酷すぎた。もはや映画の枠を超えて、人々に悔しさと憤りをかりたたせたのはい>>続きを読む

NOセックス、NOライフ!(2005年製作の映画)

3.4

タイトルがイマイチーと思って見始めたものの、内容は男女の人生観を説いている意外とちゃんとした映画。

長年連れ添った夫婦、そして結婚に踏み切れないカップル。男女の数だけ悩みはあり、一筋縄ではいかないこ
>>続きを読む

マダム・メドラー おせっかいは幸せの始まり(2015年製作の映画)

3.4

母と娘の微妙な距離感がなんとも言えない。必要なときは1番に頼るくせに、あまりにも干渉されると冷たく突き放す娘。とにかく娘に幸せになって欲しい一心なんだけど、生活の全てが娘で子離れできない母。

同性だ
>>続きを読む

スパニッシュ・アパートメント(2002年製作の映画)

3.7

まさにスペイン版テラスハウス!
ヨーロッパの各国からバルセロナに留学で集まった男女の日常生活を描く。飲んで騒いで恋をして。。20代の青春をバカみたいに謳歌する彼らを見て懐かしさと羨ましさを感じる。
>>続きを読む

マイ・ビッグ・ファット・ドリーム(2009年製作の映画)

3.3

思いっきりB級感ムンムンのスタートだったけど、ギリシャを舞台に異文化交流をネタにしたドタバタコメディとして軽く見れた。それぞれの国籍の特徴をシニカルに捉えていて所々笑える。

大きな展開はないし、結末
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.6

就活って今まで見えなかった人間の本性を浮き出す魔の力を持ってる。本当は自分のやりたいことを仕事にするためのスタートラインでしかないはずなのに、学生にとっては人生を賭けた見栄と嫉妬に満ちた競争みたいにな>>続きを読む

5時から7時の恋人カンケイ(2014年製作の映画)

3.7

期待以上に良かったー。
午後5時から7時までの間しか会えないフランス人人妻との恋愛は何故か旦那も子どもも公認というまさにフランス型の設定。

でもやっぱりルールを超えてしまうのが本物の恋愛。プラトニッ
>>続きを読む

かぞくはじめました(2010年製作の映画)

3.7

ラブコメ女王のキャサリン・ハイグルがひょんなことから、ママになる笑えて心温まるドタバタファミリードラマ!

子育てって毎日が初めてで、不安もたくさんあるけど、それ以上の感動や驚きを与えてくれる。どんな
>>続きを読む

グッドナイト・ムーン(1998年製作の映画)

4.1

このジュリア・ロバーツ、かなり好き。
義理のママになろうとキャリアウーマンが必死に子どもに好かれようと頑張る。本当の母親に勝つことはできないけど、彼女なりの距離の縮め方で信頼を獲得していく。

色んな
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.6

原作の評判の良さに期待を込めて鑑賞。
登場人物みんなが狂気じみていて最後まで見事に騙された。とんでもない復讐劇は意外な展開へと向かった。

恐ろしかったのは、どんどん岩ちゃんの表情や顔が、斎藤工扮する
>>続きを読む

>|