Oliverさんの映画レビュー・感想・評価

Oliver

Oliver

仕事上、試写会で映画を観ることが多いけど、やっぱり映画館でゆっくり好きな映画を観るのが一番心地良い。

映画(634)
ドラマ(1)

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.9

2018年で一番泣き、心に響いた作品。
子どもが産まれたら何も先入観を与えずに観て欲しいと思った。

生まれつき見た目が少し違うオギーが家族に支えられながら、普通の男の子と同じ経験をしながら自分らしく
>>続きを読む

クレイジー・バカンス ツイてない女たちの南国旅行(2017年製作の映画)

3.3

軽い気分で楽しめる母娘のドタバタコメディ。南米旅行に出た親子が現地で出会ったイケメンに騙され、まんまと誘拐される。そこから逃げるために、ありとあらゆる手を使っていくのだが、スリル感は全くなくむしろもっ>>続きを読む

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

3.6

大学の体育会系部活あるあるがたっぷり詰まった、お馬鹿な青春ムービー。
男子が集まると常に繰り広げられる女のモテ方やいかに自分が凄いか自慢などなど、きっと誰もが経験したであろう今考えると恥ずかしくなる共
>>続きを読む

ラストキング・オブ・スコットランド(2006年製作の映画)

3.5

強烈なリーダーシップを見誤るとこんなことになるのかと思わせるほど、恐ろしい独裁者であったアミン元大統領。彼のアドバイザーに任命された1人の医師の視点から描いた本当のウガンダの実態。

少しでも疑いを持
>>続きを読む

イノセント・ガーデン(2013年製作の映画)

3.5

驚かせる仕掛けもなく、淡々と静かに狂気と執着がみなぎってくるサイコサスペンス。

父の不審な死から家に住み着くようになった不思議なオーラを持つ叔父。彼の怪しさに嫌悪感を抱きながらも、いつしか自分の中に
>>続きを読む

サイドウェイ(2004年製作の映画)

3.7

独身最後の男旅行に出かけた中年2人が、旅先で出会った女性たちとアバンチュールを楽しむ。ワインに囲まれながら、カリフォルニアの素敵な街で羽目を外す男性陣がこれまた中学生並みにアホすぎて笑える。

それぞ
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

今の人生に退屈で抜け出したい感満載のこじらせ女子レディ・ バード。
母親と話せばいつも喧嘩。恋に落ちた男子は期待はずれ。イケてるグループに入ろうとするが、背伸びしすぎて脱落。
あるあるこういう高校時代
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.6

魔物が暮らす鎌倉。
そこに住むある夫婦の愛の物語。

確かに鎌倉ってなんだか神が宿っているような独特な雰囲気を感じていた。だからこそ、鎌倉から死者が黄泉の国へ向かう列車が出ていても不思議な気がしなかっ
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

4.0

差別的な扱いを受けていたサーミ人であることを恥じて家族の元から逃げたある少女が、妹の死をきっかけに人生を振り返る。マイノリティ民族であることだけで、能力がないから進学はさせられないと告げられる。その理>>続きを読む

ル・コルビュジェとアイリーン 記憶のヴィラ(2015年製作の映画)

2.8

なんだかあまりにも抑揚のない静かな映画だった。これはアイリーンとコルビュジェの背景を理解していないとイマイチ楽しめない感が否めない。

コルビュジェは天才であるイメージが強かったが、これを見る限りだと
>>続きを読む

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

3.8

タイトルから全く想像もつかないストーリーの展開に最後まで騙された。
さすが伊坂幸太郎ワールド。

動物虐待グループを退治する中で起きた悲劇。その事件に関わった人々に実際何が起きたのかを謎解いていく。そ
>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

3.9

ウェス作品は得意じゃなかったけど、この作品は純粋に面白かった!

元盗っ人であったMr.Foxが奥さんとの約束を破りながらも、人間の農場にあらゆる手で侵入し獲物を奪う中で勃発する動物vs人間の戦い。
>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.9

自分の信念を最後まで貫き通しきった料理人の一生を辿りながら、依頼人からの要望である最後のレシピを見つけ出す旅に出る佐々木充。途中からオチが分かってはしまうものの、受け継がれた血と舌はやはり争えない。人>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

日本の現代社会の闇に真正面から切り込む本作品に嘘はない。貧困に陥った家族が万引きを繰り返すことで生計を立て、同時に祖母の年金をあてにしながら必死で生きている。この家族はそれぞれ誰にも言えない秘密を抱え>>続きを読む

トランス(2013年製作の映画)

3.7

何が現実で、何が催眠状態なのか、途中から分からなくなるほど、ある種のトランス状態に連れていかれる映画。

美術品の窃盗グループの話かと思いきや、男の忘れ去られた記憶を巡ってどんどん隠されていた謎が明か
>>続きを読む

最低で最高のサリー(2011年製作の映画)

3.8

生きることへ無気力だった少年がある女の子と出会い恋に落ち、自分の内面と向き合ったときに、初めて大人への一歩を踏み出す。

最後まで彼を見捨てなかった校長先生のどんなこともやればできるというメッセージは
>>続きを読む

マイアミ・バイス(2006年製作の映画)

3.0

とにかくコリン・ファレルの色気に酔いしれたければおススメ。ただ、132分の長尺の割には、いまいちストーリー性に欠ける気がした。

アクション映画なのか、ラブロマンス映画なのか分からなくなるほど、男女の
>>続きを読む

ザ・イースト(2013年製作の映画)

3.8

ジャケットからだけでは伝わらない面白さがあった。正義とは何かが問われる作品。

自分たちの利益のために人の生命に害を及ぼす大企業に立ち向かう環境テロリスト。『目には目にを』の精神で企業のCEOを攻撃す
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

3.8

こんなイケメン兄弟が実在したらヤバイでしょと客観視してたら、意外と最後までのめり込んで見てしまった。

車やレースに興味がなくても、兄弟愛やチームワークの熱さについ感動。エンディングが分かっているもの
>>続きを読む

ルージュの手紙(2017年製作の映画)

3.6

昔、大切な父を捨てた義母からの突然の連絡により、再会することになった2人。父を自殺にまで追い込んだ義母への憎しみの中、彼女の病気を知り、最期を看取ることを決める。恨んでいたはずの感情が形を変え、いつし>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.5

なんだかすっごく不思議系SFラブストーリー。地球に降りたった宇宙人の少女と地球人のパンク少年の甘酸っぱい恋のお話。宇宙人には地球人には到底理解できない文化があり、それを二人で乗り越えようとするロミジュ>>続きを読む

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

3.5

教師という職を持ちながらも、薬中から抜け出せない現実と戦う中、ある一人の生徒との出会いにより少しずつ変わろうとする姿をライアン・ゴズリングの脱力系演技が上手く表現してくれた。

一度手を染めてしまった
>>続きを読む

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.9

なるほど、Greeeenってこうやって誕生したのね。
歯科医という顔を持ちながら二足のわらじで活動してる4人を尊敬。ただ、それ以上に自分の活動を犠牲にしてでも、弟たちの才能を見出しデビューさせた兄の本
>>続きを読む

クレイジー・ハート(2009年製作の映画)

3.6

老いぼれた伝説のミュージシャンが、一人の女性と出会ったことで、昔のような輝きを取り戻そうと再び立ち上がる。

今まで当たり前のようにあった名声や地位が時とともに薄れ始め、新たな世代へ交代していく喪失感
>>続きを読む

アナザー プラネット(2011年製作の映画)

3.3

過去に罪を犯した女性が生きることへ希望を失った矢先、第2の地球が存在し、そこには自分と全く同じ人間がいるということを知る。贖罪の念に駆られる彼女はそのアナザープラネットに希望をかける。

タイトルから
>>続きを読む

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

4.0

ある家族の人間関係やなにげない会話がどこの家族にもある日常と重なって共感を誘う。兄弟の中で感じる親からの愛情の差。いくら大人になっても子どもは永遠に子どもとして扱ってしまう親。そして、悔しいけど、父親>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.6

一度見たような気がしていたが、実は見ていなかった一作。

このコンセプトは面白い。80歳でこの世に誕生し、どんどん年々若くなっていく。ただ、大切な人は皆年を取って死んでいくのに、自分だけは大事な記憶が
>>続きを読む

イーグル・ジャンプ(2016年製作の映画)

3.9

エディ、最高!こんな凄いオリンピック選手が実在したなんて知らなかった。

幼い頃からの夢を諦めることなく、叶える方法をひたすら追い求めて来た少年にはやっぱり神様は味方でいてくれた。誰かに勝つことではな
>>続きを読む

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

3.8

結末が最初から分かっているのに、悲しいというよりも心が温かくなる青春映画。

普通だったら、恋に落ちてしまうようなグレッグとレイチェルが最後まで熱い友情という確固たる絆で結ばれてるところがまたこの映画
>>続きを読む

ウェディング・テーブル(2017年製作の映画)

3.6

原題『Table 19』の意味合いが面白い。
結婚祝いだけ贈って会には参加しないでいい人と位置づけられた人の集まり。要は居ても居なくてもいい人たち笑

そんなメンバーがこれまた個性的でキャラが濃い。み
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

3.6

衝撃的な再会から9年後。
なんと2人は夫婦となり、2人の子どもにまで恵まれていた。あんなにも運命的でロマンチックな恋愛の先に待っていたのは、結婚というとてつもない現実だった。

愛し合って一緒になった
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

まさにトム・フォードの世界観を絵にしたような美しい色使いと角度。またそれが独特な雰囲気を醸し出し、恐怖すら匂わせる。

これは小説なのか、それとも現実なのか。境目が分からなくなるほど、どんどん引き込ま
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.8

正直2作目がイマイチだったから、3作目はどうだろうと半信半疑だったが、結果期待を超えた。最終作ということもあってか、色々と謎も解けたうえに予想通りのクライマックス。分かりやすいアクション映画としてはこ>>続きを読む

セイ・エニシング(1989年製作の映画)

3.7

周りに勧められて鑑賞。
いわゆる普通の男子高校生がずっと憧れていたマドンナ女子を卒業パーティーに誘い出すところから始まる青春のラブストーリー。

素朴な彼という印象から、紳士で優しく頼れる彼に変わって
>>続きを読む

スカーフェイス(1983年製作の映画)

3.8

まさにアル・パチーノのための映画と言っても過言ではない代表作。

貧しい移民の地位から大金を動かすマフィアのトップにまで成り上がる男の一生を描く。欲しいものはとにかく手段を選ばず手に入れていく野心は半
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.8

美しい2人の男のひと夏の恋。
北イタリアの別荘で出会った父親の教え子に恋心を抱くエリオ。ガールフレンドがいながらもオリヴァーとの距離が近くにつれ彼の魅力に引き込まれていく。

恋をするということは相手
>>続きを読む

>|