ぶなっしーさんの映画レビュー・感想・評価

ぶなっしー

ぶなっしー

洋画、邦画どちらも観ますが邦画より。
ジャンル的には、アクションやホラーはあまり得意ではないけれど、観たりもします。
ラブストーリー、青春、アニマル、コメディー、音楽系とホッコリするものが好き。

こんな考えもあるのか?と自分のレビューとは真逆のでもいいね!する事があります。

表現が苦手。
頑張ってレビューをしますので、共感出来たら『いいね!』をお願いします。

2015年12月より記録。

映画(616)
ドラマ(0)

来る(2018年製作の映画)

3.0

エンターテイメント性の高い作品で私的には失敗かな~(^^;
しかし、キャストの皆さんの演技は素晴らしいです。
柴田理恵さんはハマり役でしたし、小松菜奈さんは、初め誰か分かりませんでした。
こんな役も出
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.3

インド映画。
またもや当たりでした。

妻の為に生理用ナプキンを開発。
女性のデリケートな商品だけに変態扱いに非難もされる。

私も男性に何が分かるの?
余計なお世話よ!!!という部分もあります。
>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

2.9

最初から最後まで二人の会話のやり取りに、つまらなさを感じました。
何であれ幸せになる事は嬉しいものだけれど、しゃべり過ぎだよ!

ミニオンのミニミニ脱走(2018年製作の映画)

3.8

グリンチ同時上映

可愛らしくてユーモアたっぷりで好きです。
グリンチの上映時間が86分と短い為に
急きょ入れたのかな?と思います。

グリンチ上映前に観賞。

グリンチ(2018年製作の映画)

3.8

試写会でいち早く観賞。
ひねくれ者でクリスマスが大嫌いなグリンチ。
ある日、クリスマスを壊そうと計画。
ストーリー的には面白いと思うんだけど

壊した後、無理矢理終わらせた感が残念です(>_<)

>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.5

この作品に使われている音楽が好き。
そしてクララの美しさと可愛らしさに目が保養されていました(^^;
華やかさがある世界観好きです。

第4の国へ行き鍵を開けた!所辺りまでは記憶しているけど
またやっ
>>続きを読む

ソフトボーイ(2010年製作の映画)

3.3

自分を受け入れる事はそこから始まる!
全てやってみなければ分からない!
とにかく諦めない!
恥ずかしいと思う自分が恥ずかしい!
だの臭い言葉を並べてくれました。

しかし、何だか見ていて楽しい。
青春
>>続きを読む

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

3.8

子供の頃は誰もが嘘はいけない!
と言われてきた事が、大人になったら嘘も必要。

息子が首を吊り、母親がそのロープを包丁で切ろうとし、誤って自分の手首も何度も切りつけ意識不明となる。
目を覚ました時、息
>>続きを読む

ニート・ニート・ニート(2017年製作の映画)

3.3

とても緩〜くて、眠気に襲われつつ観ました。
会場に若い女性が多くて満席だったのはジャニーズの方が出演していたからなんですね。
しかし、全くジャニーズらしくない。

ニートの男性3人が旅に出て、途中女性
>>続きを読む

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

4.0

うーん(--;)と考えさせられた作品。

もちろん太賀さんや吉田羊さんの演技は文句なしに素晴らしいよ(^-^)
しかし、実話だから忠実だったのかも知れませんが
虐待を受けた人、皆が皆
太賀さんのように
>>続きを読む

春待つ僕ら(2018年製作の映画)

3.7

試写会でいち早くの観賞。

まずバスケ仲間4人と小関裕太くんの顔面偏差値高過ぎ(^-^)
それだけに胸キュンキュンしながらの観賞。

一歩を踏み出す勇気が環境や立場、人生をも変えてくれる!
というよう
>>続きを読む

アウト&アウト(2018年製作の映画)

3.0

遠藤憲一さんの渋さと演技が好きで観た作品なんですが
どんな役を演じても素敵なおじさま(*´∀`)

しかし、ストーリーは単純で私の中では残念(>_<)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.5

とても迫力があり、動物達の仕草が可愛らしくて、世界観は好きなんですが
残念に事なに
西洋の方はかなりの特徴がない限り
同じ顔に見えてしまうという
そして名前を覚えられないという
洋画を観る上での私の弱
>>続きを読む

ギャングース(2018年製作の映画)

3.5

ギャング系
人を簡単に殺したり、殺されたりする事が嫌いで受け入れられない作品でしたが、フリーパスがあるので観賞。

程度は違えど、ブラック企業の組織を見ている感じがありました。
弱い者を落とし入れて食
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.0

とても重い作品でしたが、もしかしたら身近で起こるかも知れない!
と思うと感情移入出来ました。

脳の死を死として受け入れるのか?
それとも心臓の死を死として受け入れるか?
答えなんかない。
あなたなら
>>続きを読む

エア・バディ(1997年製作の映画)

3.8

偶然、目にした作品で
犬がバスケをやるなんて面白そうだから観賞。

ピエロを商売にしていたおやじが(悪い飼い主)
役にたたない犬を保健所に連れ行くと連絡している最中、運よく軽トラの荷台からゲージが落ち
>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

3.6

バスケットボールの知識は全くなくの観賞。
しかし、スピード感やパワーが日本とは確かに違う!
と感じました。
時々漫才っぽい会話のやり取りにクスッとしたり、時には無の世界に吸い込まれたり、バスケに興奮し
>>続きを読む

体操しようよ(2018年製作の映画)

3.0

ストーリー的には単純。
この作品を観て、何だか真面目にラジオ体操をやりたくなりました。
真面目にやると結構、疲れるんですよね〜。

ゆる〜い性か?
風邪薬を飲んでしまった性か?
睡眠不足の性か?
気持
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

2.0

皆さん評価がよろしいようですが、鬱を経験した事がない私には、感情移入が出来なかった。

面倒臭ぇ〜
不快感100%
冷たいのかも知れないですが、いくら感情をぶつけられても鬱でない人には鬱の人の気持ちは
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.7

出だしからマックスなテンション。
今回はとりあえず!と思っての観賞でしたが、観るならぜひ音響が良いIMAXやドルビーアトモスをオススメします。
爆音があればそちらでも。

皆さんが絶賛するのがとても良
>>続きを読む

ういらぶ。(2018年製作の映画)

2.0

ジャニーズファンの為に作られた作品。いつもになく
女子高生の観客。
会場は走り回るは
大声でしゃべるは
笑うは(人をアザけ笑うような笑い)

そして
作品には胸キュンする所が全くなかったし、いつも否定
>>続きを読む

1/11 じゅういちぶんのいち(2014年製作の映画)

3.0

評価があまり良くないですが
私はこの作品が結構好きです。

若いって、たくさんの可能性があっていいね〜
夢を諦めた男子高校生が少女と出会って、また夢を追い掛けるという単純なストーリーなんだけど、その
>>続きを読む

走れ! T校バスケット部(2018年製作の映画)

3.8

良くある話しですが、そう思っていても
この類いの作品になは弱い。
感動で涙です。

実話っぽい感じがありますが、もしそうならば
きっと励みになる方もいらっしゃる事でしょう。

特に学生さんにはオススメ
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

3.5

政治やり法律やら苦手な私には難しい作品でしたが、もう一度整理をしながら観たいです。

怒りにしか感じなかったのは私だけかも?

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.5

本当に「スマホを落としただけなのに」というタイトルがピッタリとハマっています。

個人情報の流出の怖さ!
周りをも巻き込んだり。
スマホは絶対に落としたり無くしたらいけないよ!

成田凌さんの演技にキ
>>続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

3.4

野村周平さん派の私には、なかなか本の魅力が伝わりませんが
本が好きな方にとっては、ますます好きになるような作品なのではないでしょうか?

禁断の恋。
もっとミステリアスでドキドキするような刺激があって
>>続きを読む

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―(2018年製作の映画)

3.2

キャストは良いし、決して悪い作品ではないのですが、メッセージ性が薄い。

その中で感じた事は、女性でも努力すれば第一線で男性同様に仕事が出来ると
背中を押してくれそうな作品でした。

複雑な家庭環境で
>>続きを読む

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

3.8

この作品を観て働く!
という事を考えさせられました。

例えばお客さまを笑顔にする。
お客さまに満足してもらう。
当たり前の事ではあるけど、現代では利益が優先だったり、お客さまは神様という意識がなくな
>>続きを読む

スモールフット(2018年製作の映画)

4.2

イエイティの国と人間界。
それぞれに言い分はあって勘違い。
日常もそうだけど、人の話しに耳を傾ける。
納得しなくてもいい。
自分の言い分だけを押し付けずに聞く。
そうすれば、誤解や勘違いが解けたり
>>続きを読む

あいあい傘(2018年製作の映画)

3.2

前半から中盤頃までやかましい。
うるさいわい( `д´)
そして、漫才まがいなやり取りがつまらない!
笑わせてやろう的な感じが見え見え。
しかし、後半は涙・涙・涙(TT)
あいあい傘の意味も明かされる
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.3

現代っぽくてほとんどの方が利用しているSNS。
あまりにも身近なので作品に入っていきやすい!
そしてどうなるのか?
という心理を掻き立てるような感じで、面白い。
ただネットで犯罪に巻き込まれる事もある
>>続きを読む

宇田川町で待っててよ。(2015年製作の映画)

3.0

どんな作品かは分からないけど、タイトルだけは知っていたので 観賞。

いやいや〜
ボーイズラブ(´~`)
同性に恋心を抱く気持ちが全く分からん?

しかし、女装していた八代は肌が綺麗で美しかった。
>>続きを読む

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

2.8

頭が良すぎるのもどうかな〜
多少悪くても人間関係が良好でプライベートも楽しめていれば、それでいいや!
と思わされた作品でした。

視野が狭いのかも知れませんが
キャリーのわがままさと無神経さには腹ただ
>>続きを読む

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

3.2

とても静かな作品で
景色や音を楽しんでいただければと思います。

ストーリーは単純ですが息子を思う母親の気持ちが描かれています。
その配役の吉田羊さん
味があり演技が上手いわ〜(^-^)

劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~(2018年製作の映画)

3.0

前編を観てから、とても楽しみにしていました。
しかし、何かが違うような違和感。
相手を思う気持ちは互いに変わらないのだけど(-_-)

それでも紅緒のじゃじゃ馬さや表情の変化にホッコリしました。

億男(2018年製作の映画)

3.5

お金の事を深く考えた事がなかったので、その面では良い作品だと思いましたがエンターテイメント性が高くてゲームみたいな感じがした。

高橋一生さん
いいやつ〜(^-^)
佐藤健さん
ダッサイ!

>|