Anteater

神の舌を持つ男のAnteaterのレビュー・感想・評価

神の舌を持つ男(2016年製作のドラマ)
4.1
山の中で教授の父に育てられた蘭丸は、幼い頃から様々なものを食べさせられたため、どんなものでも口に含むと成分がわかってしまうという一風変わった能力を持っていた。
そんな能力があるため今まで恋愛ができなかったが、唯一彼が何も感じずにキスできた「雅」という流れ芸者に一目惚れし、彼女を追いかけて全国の温泉を渡し歩いていた。
しかし、行く先々で雅の情報をつかむも、いつも一足遅く、何故か毎回殺人事件に巻き込まれ…

堤監督のギャグセンスが光る作品。
元々「視覚探偵日暮旅人」の作風が好きで、絶対的な信頼を寄せてはいたが、やはり面白かった。
毎回温泉旅館の女将として2サス(2時間サスペンス)によく出てくる女優さんが出演しているのも良かった。
(2サスマニアの母に見せたら興奮しそう(笑))
映画もあるそうなので、近いうちに観賞予定。