acariiさんの映画レビュー・感想・評価

acarii

acarii

映画(382)
ドラマ(0)

紀子の食卓(2005年製作の映画)

3.5

吉高由里子がよかった。
途中出てきた気持ち悪い(役の)人は
古屋兎丸だった。

家族を作ること、役割を演じきることは
人類にとって、簡単な事ではない。
良い父とは何か、良い母とは何か。
当たり前にこな
>>続きを読む

メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版(1997年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

自分がどうしようもないクズだと思ったら、自分よりクズな大人(ヤクザ)を殺して、自分も死ぬという考え方がとても切なかった。

残酷なシーンが多いけど、美しくて儚い少女に恋をする正義感の強い少年の、悲痛な
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

5.0

1984年に上映されて、2年後に生まれた私が物心ついた頃から一番憧れた女性、ナウシカ。
高校時代、彼女へのオマージュでピアスを開けました。(オタクでした)

この作品を映画館で、鮮明な大スクリーンで観
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.6

白夜の悪夢
明るい世界のグロい映像
天国みたいな地獄

A24作品としては3作目に鑑賞
作中のイラストがよかった
花で埋め尽くされるような
衣装ヴィジュアルもよかった

冒頭の妹の事件はいきなり残酷す
>>続きを読む

オール・ザット・ジャズ(1979年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

結構アート寄りの作品かと。後半から入り込んでいけました。
ミュージカルの天才振付師兼監督の顛末を描いた内容ですが、ダンス・演出がどれも素晴らしく、死際の脳内イリュージョンシーンもボリューム満点。しかし
>>続きを読む

バーディ(1984年製作の映画)

3.7

ラストシーン、、よかった。

そしてバーディ演じるマシュー・モディーンの美しさよ…

戦争で(特に精神的に)損傷したアメリカ兵を描いた映画としてわかりやすく、若きニコラス・ケイジの明るいキャラクターで
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.6

観ましたが、あまり印象に残らず…

共感できなかったのだと思います。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.7

「父さんと愛し合ってた?」
「もちろん、というより愛し合うべきだと思ったのかも。一生誰かと愛し合えないのが怖かったのよ。」

「恋の痛みを知ることは世界を知る有効な手段よ。」

珠玉の言葉を放つ母ドロ
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

3.6

ホラー映画の名作『サスペリア』(1977)を『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督がリメイク。
ダンスカンパニーの背後に魔女組織がいたという物語を政治、宗教、歴史、心理学が絡み合った複雑な物
>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.8

どんな困難も乗り越える秘密の言葉は

勇気と優しさ

コロナショックのこのご時世にも響きます…

ディズニーのシンデレラのイメージを崩さずに且つオリジナリティを持って、美術のクオリティも高い良品に仕上
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.8

預言の書と噂通り、現在の新型コロナウィルス問題と状況が酷似している映画だった。
もっとゾンビ映画ばりにめっちゃくちゃかもと思ったけどそんなことはなく、再現映像のように真面目な仕上がりになっていた…よう
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

3.9

観ていたら、ストーリーの流れで『インファナル・アフェア』を観たことを思い出しました…
リメイクってなんだか不思議な感覚になるものですが、このリメイクは俳優も監督も豪華なだけあって、とても良かったです。
>>続きを読む

トウキョウソナタ(2008年製作の映画)

3.8

ホラーでシュールなシーンが続いてからの
ラストシーンのピアノが最高によかった。

役者もよい。津田寛治好きだなー

天才なわけないだろ、俺たちの子だぞ
というセリフが個人的に響いた。
親ってそういうと
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

3.7

後半から面白くなってきました。

どこかで観た展開だなと思って
「ジョーカー」だと気づきました。
元ネタ映画これでしたね。

ロバートデニーロってこんなどこまでも楽天的でかわいそうな、微妙なキャラクタ
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.7

ラガーマンの息子が怖かったので
もう一度観たいとは思わないのですが、

池松壮亮がよかった。
前歯なくて滑舌悪い感じで声も枯らして
結婚しようよ〜!
みたいな事を叫ぶシーンがよかった。

(私が暴力系
>>続きを読む

スケート・キッチン(2018年製作の映画)

3.9

大変よかったです。
フレッシュでリアル感ある、
ニューヨークな青春ムービー!
音楽もイケイケ!

ウィルスミスの息子はかなりの曲者役。
でもそんな男の子に恋しちゃう気持ちも、
わかるー!

女子ってめ
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

2.0

ビジュアル良いだろうな〜と思いながらも作品としては怪しそうだったので見ないでいたのですが、最近主人公役の二人がお付き合いをしてると知り、今観たらおもしろいかもと思って観ました。
が、おもしろくなかった
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

3.6

ニューヨーク最下層に住む兄弟(主に兄)の奔走ストーリー。
目が離せない騒がしい展開を抜けての、なんだか切ないエンディングシーンがよかったです◎

弟役が監督兼任とは…!

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.8

最初派手なアメリカンギャルズの会話についていけず楽しめるかやや不安になったけど、そこを過ぎたらタランティーノの描く世界に入り込んで楽しめました!

映画としての完成度が素晴らしい◎
前半で鑑賞者にショ
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

3.6

トム・ハンクス演じるビクターの純朴さがひたすらかわいかった。

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

3.9

何気なく観た映画だったけど号泣。
ドナーコーディネートという仕事を初めて知った。彼の仕事の真髄を知るシーンでいっきに泣けた。
ドキュメンタリーのような冷静な映画だけど、この映画を軽いものにはしたくない
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.0

美しい映画だった。

そして良かった台詞、

人は皆叶えられなかった夢を
心のどこかで悔いている 
だから映画を撮る

ヘヴンズ ストーリー(2010年製作の映画)

3.4

私の目当てだった、忍成君は良かったです。
ただ、始まりがかなり弱いです…
長い映画なのにこの始まり方だと皆不安になるでしょう。後半から良くなってきます。

あと主人公が弱いのかなぁと思ったけど、
主人
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

人類は宇宙規模の生活になっても、戦争を繰り返すんだ。そんな未来の物語だけど、勇気をもらえるのはなんでだろう。正義ってなんだろう。
やっぱり最強に強い女の子はかっこいいし見てて気持ちいいなー!
と思った
>>続きを読む

イン・ザ・スープ(1992年製作の映画)

3.5

オダギリジョーはこの映画を観て芸名をつけたそうですね。
ジョーは屈託の無い愉快なおじさん、に見えて笑えましたが、実際は裏の顔があるのかもな〜かなりヤバそうなおじさん。

オダギリジョーが好きそうな、ク
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.6

可愛い子供が主人公の戦争映画はお涙頂戴狙いという先入観から、純粋な気持ちで見れないかも…と思って見始めましたが、思いの外壮絶なストーリーで、こんな風に若い(監督の)目線と表現で戦争の愚かさを映画にして>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.1

熊谷出身です。漫画を見てあまりいい印象はなかったので映画は敬遠していたのですが、評判が良かったので遂に、観ました。

確かに、漫画より良かった。
埼玉の為にここまでやってくれるなんて…!みたいな。(俳
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.9

クレイアニメというだけで尊敬してしまうんですが、痛切なストーリーの中に主人公達の優しさが詰まっていて、良かったです。
これは結構大人の為のアニメじゃないのかな〜

雪の山小屋のダンスパーティーのシーン
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.0

(男のロマン!みたいな映画かなと敬遠していたのですが、最近証券取引の世界に興味を持ち始めたので観てみました)

下劣ですが、面白かった!
レオ様の演技力が半端なく輝いています。
セールストークが上手い
>>続きを読む

春を背負って(2014年製作の映画)

3.0

出演者がめちゃ豪華なのと、立山連峰いつか登りたいなと思いつつ見ました。
しかしなんだかテレビドラマぽくて残念…

煙草と人間の共通点てわかるか
煙草も人間も煙になってから価値がわかる

豊悦演じるゴロ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.9

心霊写真みたいな広告ポスターからホラーかと思い込んで観ましたが、ホラーではなかったので思ったより怖くなくてよかったです。
韓国の社会問題を風刺した、皮肉がたくさん詰まった映画で面白かったです。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

平均スコアが思ったより低いのは、映画というかドラマっぽいからかな〜?
(「あなたの番です」的な)
サスペンス好きとしては思ったより楽しめました!

派手に回るメリーゴーランドの中で成田凌と千葉雄大が取
>>続きを読む

>|