グリンピースさんの映画レビュー・感想・評価

グリンピース

グリンピース

日々映画に影響されながら生きてます。邦洋問わず何でも見ます。主にB級映画が好きだけど、好きな映画は割とメジャー系だったりしなかったりする矛盾した奴です。あと評価は時の流れでよく変わったりします。

映画(951)
ドラマ(0)

オー・マイ・ゼット!(2016年製作の映画)

3.7

まずオー・マイ・ゼットっていうタイトルがセンスいい!
日本のゾンビコメディ映画はしょうもなくて面白くなかったりするけど、これはよくできたコメディで面白かった!コント的な感覚で楽しめた。コメディかと思い
>>続きを読む

ブルーハーツが聴こえる(2016年製作の映画)

3.6

ブルーハーツは1番好きなアーティストで自分の中の青春時代なので、ずっと見たくてようやく鑑賞。
内容はともかく、ブルーハーツやっぱり最高やなぁぁと再認識できる作品ではあった!
少年の詩が1番良かった!ラ
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.2

試写会にて。
予想以上に面白くてびっくりした。
小説だけがメインじゃなくて、響という少女がメインなので見やすいし、最初、この子めちゃくちゃするなーって思ってたけど、言ってる事は正しいっちゃ正しいし、こ
>>続きを読む

ターボキッド(2015年製作の映画)

3.7

いや、これは意外に面白かった。
味方も悪者もみんながチャリを漕いでるというのがなんとも言えないシュールさでニヤリ。
血や内臓も容赦なく出てきてゴア描写もしっかりしてるし、ストーリーも割としっかりしてて
>>続きを読む

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金(2013年製作の映画)

4.0

面白い。
俺、私こんなに頑張ってるのに、誰も評価してくれない、こんなに頑張ってるのにお金ないやん!なんでやねん!
みたいな事は誰しもが思う事であって、それを無理やり実行するとこうなるという、普通に考え
>>続きを読む

ポンチョに夜明けの風はらませて(2017年製作の映画)

3.8

いやー青春すねぇ!いいすねぇ!
キャスト、主題歌もいいすねぇ!「明日とかどうでもいい!意味とかどうでもいい!どうせ終わんだから、今日が楽しくなくちゃ!」
確かに将来の事を考えるのは大切な事だけど、未来
>>続きを読む

バイオハザード(2001年製作の映画)

3.7

ゾンビ好きだけど、バイオハザードなかなか見る機会なくて見てみたけど、まあまあ面白かった。
ゾンビの世界で考えるとリアリティがあって怖かった。
犬ゾンビは新鮮やった!続編にも期待!

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.8

パンクSF映画!
いやーエル・ファニング可愛すぎやろ〜と終始思いながら見てた。
けっこうぶっ飛んでて、宇宙人なんか気持ち悪かったなー。オープニングがカッコよくて何回か巻き戻して見てた。
パンクロック音
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.7

宿敵ユウジとの対決は見応えがあってハラハラした。
やはり自殺フェス伏線回収できてたかは微妙なだけに、違和感が残るけど、好きな人からしたら、意味があるのかもしれないが。バリカンケンジとの対決がなんとも言
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.7

菅田将暉とヤン・イクチュンこの2人の演技に圧倒される。ヤン・イクチュンに関しては息もできないの極悪イメージが強すぎて、いや、めっちゃおとなしい!ってギャップ過ぎた。
ボクシングも個人的に好きなスポーツ
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.8

いやーこじらせてたなぁ〜
主人公が頑固ちゃんやけど、共感するところはあるし、応援しながら見てた。
主人公の絶妙なブスさ加減もちょうど作品にあってる!めちゃくちゃ美人でもないけど、ブスでもない感じが共感
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

今巷で話題のカメラを止めるな!
すぐ満席になっててようやく鑑賞。
いやー純粋に面白い!伏線をきっちり回収する構成もよく出来てて素晴らしいし、個性的なキャラクター達にも笑わされた。
制作費300万円で撮
>>続きを読む

テイク8(2015年製作の映画)

3.8

今話題の映画、カメラを止めるなの上田監督の短編。
現実と映画の中の物語がシンクロするあたりはカメラを止めるなでも応用されてて、この人こういう感じの演出が上手いなと思う。
ダメな人だけど、愛してくれる人
>>続きを読む

岸和田少年愚連隊(1996年製作の映画)

4.0

昔見て面白かったけど、見返したらやっぱ面白い。
ナイナイの2人はハマってるし、吉本の芸人オールスターて感じで見てても面白い。
めちゃくちゃケンカしてやられて、ケンカしての繰り返しやけど、なんやかんや青
>>続きを読む

いま、殺りにゆきます(2012年製作の映画)

3.4

いや、普通に怖い!
霊的な怖さじゃなくて、人間の怖さ5作品からなるオムニバスホラー。
話を重なるにつれヤバくなっていく気もする。
低予算のチープさがまたリアルで不気味で音楽とかもゾクゾクする。
3話の
>>続きを読む

ザ・キング(2017年製作の映画)

3.8


プライドを捨てろ!権力に寄り添え!
主人公が権力に寄り添い成り上がっていく様が見てて気持ちいい。
しかしどうせなら、いくとこまでいって欲しさがあったが、ある意味リアルなのかも。
上にあがるには、汚い
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

4.3

いや、もうメチャクチャで凄え面白い。
どいつもこいつもイかれてるし怖すぎてあの街には行けない。悪役メイン装備、つね斧という怖さ笑
新感染でコワモテ優しいおっちゃんを演じたマ・ドンソク兄貴がめちゃシブく
>>続きを読む

走れ、絶望に追いつかれない速さで(2015年製作の映画)

3.5

ずっと気になっていた作品。
タイトルのセンスと画の綺麗さが素晴らしい。そして安定の太賀。黒川芽以の可愛さ。
思っていた感じとは違ったのだけれど、「人は人に忘れられた時、本当の意味で死ぬ」
ONE PI
>>続きを読む

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

4.1

いやー前知識あんまりなしで見たけど面白かった!
警察学校で出会った2人が正反対な性格かと思いきや、2人とも女には飢えてたり、笑える所があり見てて面白かった。
良いコンビや。

警察って汚かったり、偉く
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.1

クスッと笑えて泣けるハートウォーミングストーリー「ブリグズビー・ベア」
タイトルは言いにくいけど、3回泣いたし、感動した。
25年間監禁されて自分の当たり前だった世界が、当たり前じゃなくなった時、人は
>>続きを読む

福福荘の福ちゃん(2014年製作の映画)

3.6

大島美幸がホントに男にで見えるのが凄いというか、たまにこういう男か女かわからん人いるよねっていう。
話としてはゆるい感じかと思いきや、時たまシュールさをブッ込んでくる所は割と好き。カレー親父のシーンは
>>続きを読む

過激派オペラ(2016年製作の映画)

4.0

いやー何ともパワーのある作品だった。
過激派オペラの公演が純粋に最初から最後までめっちゃ見たいと思ったし、次のやつも見せて欲しかった。
女たちの欲望と愛とエロが渦巻いてて圧倒された。
演劇のパワーが画
>>続きを読む

クレイジー・ナイン(2015年製作の映画)

4.2

これはぶっ飛んだ名珍作だった!
まずもうぶっ飛んだ演出、ぶっ飛んだ奴ら、ぶっ飛んだ内容、もうぶっ飛んだしか言ってないけど、ぶっ飛んで最後にいろんな意味でぶっ飛ばされる。
いや、ツッコミ所満載で笑えるん
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

4.1

いや〜邦画ってやっぱ面白えなぁって思った。彼氏とのセックスを中断して電話に出るとおじいちゃんが死んだ知らせだった。そんなわけで、繰り広げられる葬式バタバタドラマ。まだ、個人的に葬式というものを体験して>>続きを読む

なっちゃんはまだ新宿(2016年製作の映画)

3.0

正直前情報もなしに見たし、個人的に好きなMOOSIC LABで賞を取ったからというから、ちょっと気になってたから見たけど、主演の子は可愛くないし、オカダは棒読みだし、正直退屈なだけだった。なっちゃんだ>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.8

こういう感じの邦画が見たいだけあってか、良かったな〜。雰囲気からして邦画らしさが滲み出てて、登場人物まあ、簡単にいうとクズしかいないのだけれど、ある意味人間らしさがあって、良かった。
臼田あさ美のエロ
>>続きを読む

笑う招き猫(2017年製作の映画)

3.8

飯塚監督作品の中では一番面白かった!
原作も読んだ事があって、映画も面白かった。清水富美加と松井玲奈の漫才師の話なんだけど、その周りの群像劇でもあって、その個性的なキャラ達がイキイキしてる。し松井玲奈
>>続きを読む

TOKYO CITY GIRL(2015年製作の映画)

3.5

「何の意味もない」
「17歳、夏」
「夢の寿命」
が良かった!
「まあ、大変よなぁ〜東京で生きていくっちゅうのは」塚地がいい味出してる。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

深くて切なくて、そして優しい物語。
画が綺麗で雰囲気が抜群に良かった。それは監督の演出ももちろんの事、キャストがみんな良くて、型にはまってた。
家族ってなんだろう。悪い事って何だろう。って色々と思った
>>続きを読む

(秘)色情めす市場(1974年製作の映画)

3.5

ちゃんとしたポルノ映画を見たのは初めてかもしれないけど、なんか色々凄かった。
一番酷い時代の大阪の西成を舞台にしてるだけあって、滲み出る迫力が伝わって来る。昔の関西弁って泥臭くてええやん。

バッファロー’66(1998年製作の映画)

4.0

始まりと終わり方が良い。
刑務所帰りの男が自分の家族に嫁を紹介する為に女を誘拐するお話。
刑務所から出所後、トイレが行きたくてたまらないのに、どこも空いてないという始まり方は笑ってしまう。
終始自分勝
>>続きを読む

ピンク・フラミンゴ(1972年製作の映画)

4.0

最高のお下劣映画。
世界一のお下劣女の称号を狙う極悪夫婦とのバトル。もうこの設定だけでお下劣すぎて笑う。お下劣と"お"をつけてるけど、そんな可愛い映画ではない。肛門パクパクやニワトリ3P、しまいには犬
>>続きを読む

こぼれる月(2002年製作の映画)

2.8

監督の実体験らしく、実体験だからこその生々しさと、重さ。
こういう人達も実際にはごまんといると考えると見ててしんどくなる。
個人的には映画はエンタメと思ってるので、暗い内容をエンタメに消化してる方が好
>>続きを読む

デッド・オア・リベンジ(2015年製作の映画)

3.4

胸糞悪いオッさんに胸糞悪い復讐をする。
自業自得とはいえ胸糞悪い復讐は見てて気分良くはないなー。復讐って見ててスッキリするやり方と胸糞悪いやり方があるんだなと思った。

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

3.7

中学の理科教師が原子爆弾を作る話。
なのにその目的はないという意味不明さ、目的がないのに原子爆弾を作るという怖さ。人間が力を持つ怖さと似てる部分があった。菅原文太めちゃしぶとくてなかなか死ななくて笑う
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

ディズニーワールドのすぐ近くの安モーテルでその日暮らしを送っている親子の話なんだが、子供が凄いみんな生き生きしてて、ドキュメンタリー映画を見てるようで、どんな演出の仕方をしてるのか気になった。「ポップ>>続きを読む

>|