みずけんさんの映画レビュー・感想・評価

みずけん

みずけん

21歳大学生
映画はほぼオールジャンル、オールタイムで好き(ミュージカルだけ苦手)
音楽はビートルズ イーグルス ビーチ・ボーイズなどなど

映画(798)
ドラマ(7)

ブギーナイツ(1997年製作の映画)

4.0

これは面白かった。とりあえずポール・トーマス・アンダーソンの監督作を全部見ることが確定した。「There Will Be Blood」以外見てないし。
ポルノ業界を題材にしてるから敬遠する人多そうなの
>>続きを読む

ヤア!ブロード・ストリート(1984年製作の映画)

-

ポール・マッカートニーはやっぱり神様ですわ。作曲、作詞、演奏、ヴォーカルの総合点が高すぎる。この頃のポールって70年代までの生々しい勢いみたいなのはないけど、大人の余裕とかノスタルジーみたいなものが感>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

4.0

去年ハワイ行った時に泊まってるとこの広場みたいな場所で屋外上映してたのをちらっと見てから気になってた作品。その時のイメージからだたの爽やかな青春映画と思いきやLGBTがテーマで現代社会にマッチしてる深>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

4.1

「リトル・ミス・サンシャイン」の監督×「500日のサマー」のスタジオ×ポール・ダノ主演ということで、見る前から好きなタイプの映画だということは確定してた。見始めてすぐ「こんなん絶対面白いやつじゃん」と>>続きを読む

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.9

数年ぶりに見たけどこれは普通に面白い。こんなに次作を匂わせた終わり方してたっけ?
来年の9年越しの続編楽しみ、監督がガイ・リッチーに決まってないのは若干不安だけど。

耳をすませば(1995年製作の映画)

3.9

ジブリの中ではあまり目立たない(?)作品だと思うけど個人的には大好きな作品。
実は先月たまたまこの作品の舞台になった多摩ニュータウン近辺に行くことがあったんだけど、風景がこの作品とそっくりな事に加えて
>>続きを読む

E.T.(1982年製作の映画)

3.9

出川哲朗の「ET・ジョーンズ」っていう迷言が自分の中では有名な作品笑
午前十時の映画祭で見た。小学生くらいの時に見て何となくしか覚えてなかったから改めてきちんと見れてよかった。
80年代の映画=スピル
>>続きを読む

ギター弾きの恋(1999年製作の映画)

3.9

何ヶ月か前に電車で見たのふと思い出した。あんま覚えてないけどいい映画だったはず笑

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.7

ウディ・アレン作品にしては珍しくハマらなかった。
この作品のケイト・ウィンスレットみたいな四六時中イライラしててすぐ人に当たるおばちゃん、現実世界にもたまにいるけど凄く苦手なんだよなー。パート先で女子
>>続きを読む

アビエイター(2004年製作の映画)

3.8

色々な賞取ってるしスコセッシ監督、ディカプリオ主演でキャストも豪華なのになんでこんな評価が低いのか全くわからなかった。まあ確かに想像を超えるほどの感動はないけど3.3はどう考えても低くないか。
でも1
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.8

マーク・ウォールバーグが車運転してると変形しそうで怖い。笑

このテロが起きた時自分はもう高校生だったので、この衝撃的な事件がニュースで報道されてたのは鮮明に覚えてる。でも犯人逮捕に至るまでの経緯とか
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.0

ずーっと頭の中ではてなマークが渦巻いていた。でも見てるうちにいつの間にかハマってた。
なんか異世界にでも連れていかれたかのような気分でレビュー書く気にならない。なんだこの浮遊感。
例の女の子、めちゃく
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

4.0

ウェス・アンダーソンの代表作といえば「グランド・ブダペストホテル」だと思うけど、個人的にはこれが一番好き。美しい絵画を見ているような気持ちでずっと見ていられる。
あとビル・マーレイとナタリー・ポートマ
>>続きを読む

アフター・アワーズ(1985年製作の映画)

4.1

この映画、ずっと見たかったけど全然出会えなかった。
まずGEOのアプリで在庫検索をしたら札幌の全店舗で取り扱いなし。次にTSUTAYAを当たろうと思ったけど、なぜか最近札幌のTSUTAYAが次々に閉店
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.0

高校生の時に学校から帰ってすぐ見たけど爆睡した作品。高校生の放課後なんてただでさえ眠いのにこの作風は絶対寝ちゃうわ、と見返してて思った。
その時は全然わからなかったけど、ビル・マーレイ、オーウェン・ウ
>>続きを読む

フォロウィング(1998年製作の映画)

4.0

「人生に退屈していた主人公ビルは街で目に付いた人物を尾行、観察するという行為を繰り返していた。いつものように見知らぬ男を尾行していたある日、彼はうっかり尾行に気づかれてしまう。」

こんな冒頭のあらす
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.7

この映画は一体なにを伝えたかったの?
愛にはなんの価値もないと言いたかったの?
ネガティブなメッセージしか見つけられなかった。
あと奥さん役のミシェル・ウィリアムズって人、美人だけど不幸が似合うという
>>続きを読む

インポッシブル(2012年製作の映画)

3.7

ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ、トム・ホランド、3人とも名演技。
実際にあった自然災害を実話を元にして描いた作品で、個人的には苦手なタイプの映画(ストーリー的にも、視覚的にも目を背けたくなる描写が
>>続きを読む

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年製作の映画)

3.8

ウェス・アンダーソンの独特な世界観好きだなー。キューブリックもそうだけどちょっと見ただけですぐこの監督の作品とわかる凄さ。冷静に考えたらかなり深刻な物語なのに全くそう感じさせないのもウェス・アンダーソ>>続きを読む

アメリカン・グラフィティ(1973年製作の映画)

4.0

ジョージ・ルーカスってこんな映画も撮ってたのか。この頃からハリソン・フォードはハン・ソロと同じようなキャラクターだったのね笑
まず60年代のカリフォルニア眩しすぎ。音楽とかファッションとか車に「T-B
>>続きを読む

激突!(1971年製作の映画)

3.8

71年のテレビ映画と言うことで16mmのボロボロ画質を勝手に想像してたけどめちゃくちゃ高画質でびっくりした笑
あまりにもシンプルなストーリーなのに1時間半飽きさせないのはさすがスピルバーグと言った感じ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.7

1作目の時は凄い話題だったのにこっちはいつの間に公開されてたの?って感じ。もうAmazon Primeに追加されてるし。
今回はちょっとダークな雰囲気でマンネリ脱却しようとしたのかなと思うけど結局はど
>>続きを読む

タロットカード殺人事件(2006年製作の映画)

3.8

ウディ・アレンやっぱいいわ。テンポよく進むからどの作品も見てて飽きないしあっという間に感じる。
全然関係ないけどこんな昔から「グーグルする」って言葉あったんだなーと感心した笑

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

-

10年間ずっと追いかけてきたシリーズの集大成ということで感無量すぎて評価できない。
10年通った学校の卒業式と同窓会を同時にやったみたいな気分。
しばらく時間が経ってから落ち着いて考えたい。笑

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

4.2

左腕にはめられたギプスを濡らさないようぎこちなくシャワーを浴びるシーン。
共演女優と写真を撮る時、身長を高く見せるために乗っていた台から降りるシーン。
フェラーリを走らせていると見知らぬ美女に微笑みを
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.7

金曜ロードショーでやっていたので視聴。子供の頃夢中になっていたコナン映画(ベイカー街の亡霊とか)の姿はもはや跡形もなくなっていた。
てか公安とか検察とか難しい話してて子供理解出来んの?笑
去年かなりヒ
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.1

土曜日にエンドゲームを観に行くので復習。この作品は映画館でも見たけどほんとに夢中になって見れる。よくもまあこんな映画作れたなといい意味で思う。
ヒーロー映画ってみんな「どんなに敵が強くても結局最後はヒ
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.9

Netflixで見つけてなんとなく最後まで見てしまった。何年か前にDVDで見た時よりもかなり画質が良かった。
この映画の唯一無二の気味悪さというか気持ち悪さみたいなのすごい癖になる。そんな内容なのに主
>>続きを読む

ラブ&マーシー 終わらないメロディー(2014年製作の映画)

3.8

父親に聴力障害が残るほど殴られて、ビートルズよりも先に先進的なアルバムを作っても評価されずメンバーからも「こんなアルバムからヒット曲なんて出ない」と罵られ、酒とドラッグに溺れて体も精神もボロボロになっ>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.3

Amazonプライムに追加されてたので視聴(見るの4回目くらい笑)
この映画本当に大好き、死ぬ間際に見たい作品を挙げろと言われたらこれか「ニューシネマパラダイス」を選ぶ笑
自分みたいなハワイの事が好き
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.8

先週見たのにレビュー忘れてた
「期待値低めで来月のアベンジャーズのために一応観ておこう、位の感じだったから予想外に面白くて裏切られた」みたいな事を書こうとしてた気がするけど正直もうほとんど覚えてない笑
>>続きを読む

プライドと偏見(2005年製作の映画)

4.0

前半部分はいつの時代も結局男は年収、女は容姿が全てなんだなーと醒めながら見てたけど物語が進むにつれどんどん惹き込まれた。
イギリスの原風景とか音楽とか言葉遣いが美しすぎて現実を忘れながら見れた。

>>続きを読む

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー(1998年製作の映画)

3.8

主人公の設定がロビン・ウィリアムズと共通する所があって色々考えさせられる。
けどあんまり惹かれるものが無かった。海外のレビューサイトで「too obvious」という感想が多くてめっちゃ共感。

恋とニュースのつくり方(2010年製作の映画)

3.9

つまんなそうだったけどハリソン・フォードとダイアン・キートンが共演してるの衝撃的すぎて見た。結果なかなか面白かった。やっぱり実力のある俳優使ったらほんとにキャラクターって魅力的になるんだなと。
あとこ
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

3.8

若干お涙頂戴感がしてしまって入り込めなかった。最悪の表現をすると「めっちゃ金かけて作ったアンビリバボーの再現VTR」みたい。
日本人はこういうの好きそう(=自分には合わない笑)

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

4.0

これは難解すぎる。時系列がごちゃごちゃな上に現実と空想(とういより潜在意識?)も混ざってて理解の難易度がかなり高い。
難解ながらも何故か惹き付けられる雰囲気で、単純な表現をすると不気味。見逃してる部分
>>続きを読む

>|