ゆき

Aではない君とのゆきのレビュー・感想・評価

Aではない君と(2018年製作のドラマ)
4.2
多くの人見てもらいたい…
「心を殺すのと身体を殺すのどちらが悪いの?」という問いがずっと心に残る。
見ていて考えさせられて思うことが幾つもあるのに、それを言語化することのできない感情がたくさん生まれた。誰にでも起こりうる普遍的な出来事だからこそ、人事には思えなかった。
結局、どれだけの過程が存在しても、結果によって判決が下されてしまった。それでも加害者の気持ちが充分に理解できるからこそ、やるせない気持ちになった。