YU101

チキンとプラム 〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜のYU101のレビュー・感想・評価

3.1
バイオリン弾きが妻にバイオリンを壊されて「僕はもう死ぬことにした」と決めてからの8日間を描いた物語。
自分の人生を回想する。

独特の香りがしてくるような変な感覚のふわふわ〜としたフランス映画。結構シビアなシーンもあるけど。

日本人には創り出せないファンタジックな映像美。でもそれだけって言ったらそれだけかな。特に面白いシーンもないかも。

物語は淡々と進む。
印象に残っているのは巨大なおっぱいに飛び込む(妄想シーン)と、妻ではなく初恋の女の人とのいろんな出来事のシーン。

この世界観はすごいと思うけど
観るのは一度で充分。お腹いっぱい