ツナ

ハルのツナのレビュー・感想・評価

ハル(2013年製作の映画)
3.8
言の葉の庭やさかさまのパテマなど、2013年はアニメ映画豊作の年でした。
マイナーですが、本作もその一つだと思います。

飛行機事故で恋人のハルを失ったクルミ。彼女を立ち直らせる為 一人のロボットがハルとして生まれ変わり、彼女の心に空いた穴を埋めていく。近未来の京都を舞台に繰り広げられるSFドラマ。

1時間と短いながら上手くまとまっていて、絵も綺麗で見応えあり。展開も起承転結がはっきりしてるので見やすいです。
後半はどっかで見たことある展開だなーと後々思いましたが、観てる時は結構素でビックリしました。クルミの正体に唖然。

竹を割ったように爽やかな中編アニメーションです
世界観や設定がなかなか良かっただけに、ラストが割とあっけらかんとしてて若干拍子抜けしましたが。あと、他キャラの掘り下げがちょっと中途半端かな。
とは言えこれだけの短さでしっかりと見せたいところを見せ、一本の映画として完成してくれてるので僕的にはアリです。
こういう作品、もっと増えてくれてもいいと思います。