はや波さんの映画レビュー・感想・評価

はや波

はや波

2015年以降に見たやつ 自分用のメモ
めっちゃダラダラした映画かめっちゃ血が出る映画が好きです。
最近アニメ見てて映画見れてないです

映画(340)
ドラマ(0)

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.5

任侠映画は字幕ないと分かんないぐらい舌巻いて喋るのが丁度良いんだ最高
いいぞ東映!もっとやれ!
豚の糞の臭いを4DXで嗅がせるんだ!
二つ目の窓といい阿部純子は演技も顔面も推せる
やっとglowの味
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

2.0

ゴジラがジャングルにいたらデケェのかそうでもねぇのかわかんねぇだろが!!!ビル群の中で暴れ狂え!!!

獣道(2017年製作の映画)

4.2

吉村界人のタトゥーが良い
ガラガラ声のヒロインも良い

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.6

俺が監督だったらゾンビに追いかけられながらカブに乗る大泉撮る

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.1

ウェスアンダーソンのシュールな感じあんまなかった、、、mr foxのが好き、、、猫派だから響かなかったなのか、、、、

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.0

二階堂ふみ身体張ってたけど
特に印象に残ってない、、、、不思議
吉沢亮のケツの方が鮮明なんだけどわしはホモか

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

4.0

「誰も知らない」の柳楽優弥と「そこのみにて光輝く」の菅田将暉だった。吉村界人に糞ガキやらせるのも最高。配役がうめぇ
小松菜奈がブチギレてるのエロかったなぁ興奮した
エンディングの向井秀徳で2点ぐらい加
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

広告屋はお巡り許したし
お巡りはババア許したんだから
ババアも人を許せ

オレンジジュースのストローの向き直してあげてるとこで泣いた。

脱脱脱脱17(2016年製作の映画)

2.7

松本花奈この歳で映画一本作っちゃう行動力凄まじい。
が映画としては微妙、、、
劇中歌4曲と豊富で今っぽいのは良かった。

人魚伝説(1984年製作の映画)

-

まったり系の邦画かと思ったら途中から完全にキルビル。
画面真っ赤で笑った
見方間違えたんで採点しないす

ホーリー・モーターズ(2012年製作の映画)

4.6

Who were we?

「お前の罰は、お前がお前として生きることだ」という台詞が印象に残りました。
「汚れた血」は死って感じだったけど今作は生って感じでした。凄く好き。
怪人メルドが女性の肌を布で
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.7

観終わった後の余韻が凄まじく一緒に観に来た友人と暫く無言。
縁側で花火の音だけ聞いてるシーンがとても好きです。

本当に今の日本で最強の役者が揃ってるしそれがパルムドールなんて最高すぎるやっぱ是枝の作
>>続きを読む

アンチクライスト(2009年製作の映画)

-

画が非常に暴力的でとても美しい。
自分の腹の肉を貪る狐が「カオスが支配する」と発した三章あたりから狂い始める。
そもそもセラピストの夫が狂った夢見ちゃってる時点で破滅の予感しかしないが僕の予想なんて遥
>>続きを読む

萌の朱雀(1997年製作の映画)

4.4

僕は円卓が好きです。円卓というかちゃぶ台か。家族で円卓囲んで食事してる光景って凄く温かいイメージがあって憧れます。何を話すわけでもなく円卓でただもくもくとご飯食べてる画が好きです。
襖の外に広がる大き
>>続きを読む

ゆれる(2006年製作の映画)

2.7

微妙な間とか細かい表情の感情表現がくどくて疲れてしまって真木よう子の濡れ場しか記憶にないっす

汚れた血(1986年製作の映画)

4.7

叶わぬ恋が故に愛は疾走する。疾走する愛ってのは死を彷彿とさせる。ジュリエット・ビノシュとジュリー・デルピー。2人の肌が死人の様に白く透き通っていた。本当に美しいものに死は見え隠れしてる気がする。この映>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.3

僕は松岡茉優がなんかのバラエティ番組でデジモンについて熱く語ってるの見てからファンなんですけどそれ抜きにしても最高に演技上手すぎて崇拝。聖母マリア

世の中との価値観の違いに悩まされるヨシカはもう自分
>>続きを読む

虐殺器官(2015年製作の映画)

3.2

人間の遺伝子には文法を生成する器官が備わってるって話が面白かったです。

にしても沢山の事件の中に実は共通点があって裏で糸引いてるカリスマ殺人鬼がいました〜って話もう飽きちゃったよ!もっと新しい切り口
>>続きを読む

シルバー・グローブ/銀の惑星(1987年製作の映画)

4.5

凄い、、、としか言えない。
衣装も刺青もセンスがえぐい、緑の炎とか絵文字とか世界観の構築凄まじかったです。
ただ鳥人間みたいなのはもうちょっと頑張れ
字幕読む速度追いつかなくなるぐらいのマシンガントー
>>続きを読む

CURE キュア(1997年製作の映画)

3.7

不気味な生活音が不安感を募らせる
適度に難解で解説がないのも粋 役所広司に引けを取らないくらい萩原聖人(知らなかった)は演技が上手い、サイコかつセクシーベリーナイス

Ryuichi Sakamoto: CODA(2017年製作の映画)

-

大震災による津波で調律が狂ってしまったピアノ。
楽器の音とは人間から見れば自然、自然から見ればとても不自然なものである。
調律が狂うのは自然の物質達が元の状態に戻ろうとするからだ。
津波によって一瞬で
>>続きを読む

ヘドローバ(2017年製作の映画)

2.0

小林勇気と西村喜廣組み合わせたイメージそのまんま。
昔はB級見れたけどもう耐えらんねぇええええ

恋恋風塵(れんれんふうじん)(1987年製作の映画)

2.6

いや、、、そりゃそうなるっしょ!という展開。草も生えない。

撮り方とか雰囲気はとても綺麗。多分僕はラブストーリーが好きじゃない

プレイタイム(1967年製作の映画)

4.1

「タチ・ヴィル」圧巻。ガラス製のモダニズム建築群からなる巨大セットをパリに創り上げ撮影。その熱量の凄まじさたるや。

登場人物みんなポンコツだけどみんな良いやつで和んだ。

後半が趣旨なんだろけど前半
>>続きを読む

麻雀放浪記(1984年製作の映画)

4.3

いや かっこよすぎか

このヒリヒリ感
牌を触る手つきにキャラが出ててたまらん

僕は出目徳推しなんですけどギャンブル強くて寡黙な爺さんってまじかっこよくないですか?パチ屋で済ました顔でドル箱積んで煙
>>続きを読む

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

4.7

怒涛のモンタージュはフェルナン・レジェの「バレエ・メカニック」を彷彿とさせる。
芝居、母性、欲、罪の意識、死んでいるようで生きている

人は生きて行く中で数多の仮面を被る。僕らは被り方を知っていても外
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

グリードアイランドを感じた。

金田バイクとデロリアンが並走したりメカゴジラvsガンダムとか夢でしかないでしょ、、、シャイニングの世界入った瞬間余りにもリアルでニヤける。「叶わぬ夢だったとしても、その
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

3.9

童話である「リズと青い鳥」のストーリーが主人公2人の関係に落とし込まれている。めっちゃ綺麗、、、、

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.4

岩井俊二の世界観をアニメーションで表現するのはやはり難しいよね、、、
ただ最後の水中から花火を見上げるシーンは本当に綺麗だった。
キャストや制作陣に著名な人間をひたすらに盛り込んで集客を狙うあたり作品
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

3.7

普通にYouTubeにあがっててビビった。
でかいこと起きても日常は大して変わんないって話でした
撮り方ハイセンス。主人公の語がいい感じにダサそうでダサくない。褒めてる。

>|