sakuranrandselさんの映画レビュー・感想・評価

sakuranrandsel

sakuranrandsel

Happy Death Day(原題)(2017年製作の映画)

2.0

先の展開読めちゃうし
ループの原因や犯人も
中盤でわかるしもっと
伏せん張ったりしたほうが
楽しめた作品だった

ディスタービア(2007年製作の映画)

5.0

つまんないんだろうなぁと
思ってみたら普通に面白かった。
所々緩急もしっかりあって
色んな要素が盛り込まれていた

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

思ったほどだったなぁ
同じテンポで進んでいくから
飽きてしまうな。
次作に期待。

アシュラ(2016年製作の映画)

5.0

チョンウソンとファンジョンミン
あっぱれって感じだったな。
本当にファンジョンミンは何の役を
やらせてもうまく演じて引き込ませるな
そりゃどの作品に出てもヒットするわけだ。
けどこのような話が殺しあい
>>続きを読む

THE NET 網に囚われた男(2016年製作の映画)

5.0

終始くらいムードだった。
しかし南北の緊張感や尋問の
仕方などが妙にリアルだった。
そして訛りがすごく強かったから
聞き取れない部分もあった。
祖母祖父の年代になると北朝鮮が
先祖の人もいるんだろうな
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

4.0

飽きずにずっと見られたな。
あのような事故は起こる可能性が
低いと思うけどこれからトンネル
通るとき少し怖くなる。
緊迫感と人間味のある演技がとてもよかった

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.0

話の内容がよくわからなくて
携帯いじってたらいつの間にか
終わっちゃってた

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.0

筋肉、スタイル良いって映画。
中身としてはなにもなかったな

SCOOP!(2016年製作の映画)

5.0

リリー・フランキーの演技力。
福山雅治のこういう軽く適当な
役柄はすごく見応えがあった。

インサイダーズ 内部者たち(2015年製作の映画)

4.0

面白かったね。
政治の汚い世界を見れたし
自分の知らない世界なんてたくさん
あるだろうからこういうことも
どこかではあるんだろうと思えた。
表に出るのと出させないようにする人は
相当頭が切れる存在だ

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

4.0

見ごたえがあった。
吸い込まれるような臨場感や
緊迫感がしっかりと伝わってくる
飽きずに見ることができた

何者(2016年製作の映画)

4.0

まず出てる俳優が豪華だったな。
全員演技派だったから見入った。
けど終始暗く進んでいきラストに
かけてスパートをかけていってる
結局他人は何を考えているか
全部はわからない

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

2.0

つまらなすぎたな。
何もかもがあっという間で
内容が薄すぎた。

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年製作の映画)

5.0

新しく主演も代わり
心機一転な感じでスタート。
マークウォールバーグは
いつ見ても良い演技してるし
なんだかんだで勝っちゃう
オプティマスは強い

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

5.0

洗脳と言うものは
恐ろしいものだとわかった。
作り方や進むスピードもよく
ずっと集中してみれた

新宿スワンII(2016年製作の映画)

3.0

もっとスカウトの中身を
見せたり喧嘩のシーンを少なく
することはできなかったのかな。
なんかもうただのヤグサ関係の
物語に見えた

一週間フレンズ。(2017年製作の映画)

4.0

山崎賢人の切ない表情がよかった。
こんな感じでおちゃらける演技がいいね
それと相反して親友役の棒読み演技が
すごく気になったがラストにかけての
流れがよかった

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年製作の映画)

4.0

まず彼女が変わってるって
とこからスタートした。
前作よりも劣る部分があったけど
新たにカスタムされて強くなる部分や
人間もそれに伴って強くなってる所がよかった

トランスフォーマー/リベンジ(2009年製作の映画)

4.0

ロボットの戦闘シーンが
すごく魅力的だった。
シャイアラブーフの頭が
おかしくなる演技もよい。

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

4.0

かなり前に見た記憶。
SFが苦手で手を付けてなかったが
改めて見ると面白かった。
しかし長くて寝落ちしてしまった

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

4.0

面白かったは面白かったけど
色々と時間がかかってたのと
そんな早くできるものなのかという
部分もあって突っ込みどころたくさんだけど
見てて楽しめた

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

4.0

悪くなかった。
キャストもよかったし
内容もよかったね。
けど予測できちゃところが
何個かあったのが残念だね
ニーナドブレフは可愛かった

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.0

思ってたより普通だった。
可もなく不可もなくって感じ。
もっと違うテイストのある作品に
変えたほうがよかったかも

トリプルX(2002年製作の映画)

4.0

アクションはさほど派手ではないし
ほとんどなかったけど楽しめた

ビフォア・アイ・フォール(2017年製作の映画)

4.0

見えてる部分と見えてない部分の
描写がすごくよかったな。
人生には色んな選択があるわけで
それでその日が決まるし変わることもある。
何が正解はないが、常に正しい選択を
していきたいと思えた

スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

3.0

やはりシリーズが増えれば
増えるほど作品の力も下がっていく。
すごく今までのものに比べたら
作りが劣って感じてしまった

スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013年製作の映画)

4.0

やはり戦闘シーンがたくさん
盛り込んでる作品は自ずと
釘付けになってしまうな。
どうなるかはわかっていても
はらはらドキドキできた。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

リアリティを追求したからこその
波風も大きく立たず、ゆっくりとした
暗いペースで進んでいく様はよかった。
中国人が逃げ出していなかったら
どうなっていただろう

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.0

強すぎるなぁって感じ。
けどまぁ華麗な銃捌きとか
アクションを何かしながら
見るって時にはいいかも

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

5.0

いい終わりかただったな。
前半はすごく退屈だったけど
中盤からの巻き返しがよかった。
おつかれさまヒュージャックマン

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

5.0

もうストーリーうんぬん
じゃなく楽しめたな。
シャーリーズセロンが
すごくきれいだった
あとはこのシリーズの
何作目で切るかだな

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

4.0

内容としてはラブストーリー
だったけどよくわからなかったな。
けどまぁ流してみるにはみれるし
主演の二人がいい演技だった

ライト/オフ(2016年製作の映画)

4.0

ホラーかと思いきや
ヒューマンホラーって感じ。
怖さと言うよりうつ病の
怖さの方が強かった

>|