かしまっちさんの映画レビュー・感想・評価

かしまっち

かしまっち

映画(418)
ドラマ(0)
アニメ(0)

マダム・ウェブ(2024年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

未来予知というワードで、整合性・予定調和・ご都合展開の境目を曖昧にしている
その割には期待していた・求めていた展開はやって来ない
不在のスパイダーマンの匂いがするという一点でなんとか最後まで追えるかも
>>続きを読む

ネクスト・ゴール・ウィンズ(2023年製作の映画)

4.2

よくある王道系のサクセスストーリーではあるが、
ドラマチックな物語が持つ同情的な力に大きく頼らず、温かな空気に満ちた世界を客観的に眺めるようなスタイルで観客側に寄り添う選択をしたワイティティ監督の采配
>>続きを読む

ボーはおそれている(2023年製作の映画)

4.4

多大な情報量と難解なプロット、奇天烈な世界観を兼ね備えた今作は、極度の混乱と緊張によって導かれる笑うしかできない心理状態を逆手に取った、一風変わった怪奇コメディとしてジャンルの幅をまた1つ押し広げてい>>続きを読む

ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ(2023年製作の映画)

3.5

ゲーム原作の独特の世界観にオリジナルの家族ドラマを挿入することで、一見難解そうに感じる設定とテーマを次第に明瞭化するアプローチへと果敢に挑戦しているが、本筋との解離感と妙に眠気を誘うテンポの会話劇は返>>続きを読む

夜明けのすべて(2024年製作の映画)

4.7

他人との関わりを恐れながらも孤独への不安や焦燥が共存する矛盾の中で、他者存在の尊さと相互理解による救いを思慮深い問いの中で探求する
他者との繋がりを簡単に切り捨てたり心からの信頼を置くことすら容易では
>>続きを読む

カラーパープル(2023年製作の映画)

4.5

溢れかえるレイシズムに抑圧される人々の確固たる意志と団結によって、ヒューマニズムへのアプローチを明確に力強く提示する
凶悪な家父長制の洗脳、世に蔓延する理不尽なヒエラルキー構造に立場を脅かされる者たち
>>続きを読む

雪山の絆(2023年製作の映画)

4.5

アカデミー賞国際長編部門ノミネート作
アンデス山脈に墜落した飛行機の乗客達の救出までのサバイバルを追った、実話を元にした物語

自然の脅威に晒され肉体や精神を削る極限環境下での、人間や社会を形作る倫理
>>続きを読む

アクアマン/失われた王国(2023年製作の映画)

3.8

物語に違和感がないわけでは無いが、楽しい瞬間に溢れている
ワン印のド派手アクションやアップテンポな音楽、そして最終回パワーが全てを流し、何でもOKの領域に足を踏み入れているためアトラクション映画として
>>続きを読む

フレーミングホット!チートス物語(2023年製作の映画)

4.3

チートスの激辛フレーバーであるフレーミングホットの誕生を追うサクセスストーリー
シンプルながらも芯のある物語や楽しい演出、個性豊かなキャラクター達によって、さながらスナック菓子のように手軽に楽しむのに
>>続きを読む

ファースト・カウ(2019年製作の映画)

4.3

男性中心、白人中心、そしてマッチョな思想が物を言う社会であった西部開拓時代に、主役たちの影に落とされた人々に100年越しにスポットライトを当てた時代劇
そこには生きづらさや孤独を抱えた人々が互いの存在
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.6

極上の映像表現に反するかのように繰り広げられる欲望渦巻く醜悪な人間ドラマの混ぜこぜ感が病みつきになる

個性豊かなキャラクターたちの本性は俳優陣たちの演技によって巧妙に覆われており、不透明さと度々見え
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.9

急速に成長するベラの世界を旅する冒険譚
理性や倫理観、宗教観念や社会通念と、肉体的な欲望や本能を繋ぐ線を切断し、独立した特異的な存在の目線から、アンバランスに成り立つ社会の不条理や歪みを暴き出す

>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

4.1

いつまでも浸っていたくなるような心地よい時間の流れの中に、いつか訪れる″その時″への焦燥感を匂わせる
思春期ならではの焦りや緊張を抱える聡美くんが狂児と出会い世界が変わっていく物語は幅広い共感や憧れを
>>続きを読む

ティル(2022年製作の映画)

4.4

壮絶な事件の一部始終、そのハードさを削ぐことなく物語へと落とし込み、そのまま伝えようとする意欲的な表現によって確実に心を抉られるような格段の力強さを発揮している
黒人差別を主に取り扱ったテーマだが、
>>続きを読む

枯れ葉(2023年製作の映画)

4.4

男女のすれ違いを描いた古典的なラブストーリー
現代社会の冷たい雨に晒されながらも不器用に生きようとする2人の恋愛模様は否応にも応援してしまう

ざらついた映像や音楽、戯画的なセリフ回しはレトロな雰囲気
>>続きを読む

コンクリート・ユートピア(2021年製作の映画)

4.3

ディストピア的環境で露悪的な人間ドラマを展開する、娯楽性と社会性を程よくミックスさせた韓国映画の十八番とも言えるようなジャンルの1作
イ・ビョンホンやパク・ソジュンらのスター性も充分に浴びられる

>>続きを読む

劇場版 SPY×FAMILY CODE: White(2023年製作の映画)

3.6

間延びしたストーリーの隙間をありったけのファンサービスで埋めている今作は、
シリーズファンには楽しめるかもしれないが、原作の骨格に大きく依存したプロットは作品を根幹から支えてられていない

難易度:易

TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー(2022年製作の映画)

4.7

YouTube出身監督の作り出した今風の愉快な設定から繰り出される、得体の知れない恐怖が押し寄せながらも絶えず興味を掻き立てられ惹き付けられるドラマ展開が非常に面白い
手の呪具を通じたイベントが訪れる
>>続きを読む

レオ(2023年製作の映画)

4.3

小さい頃から教室のペットとして飼われ、気づいた頃には寿命に近づいていた74歳の高齢トカゲのレオは、
ひょんな事からクラスの教育の一環として子ども達の家庭へと持ち帰られることになる
絶好のチャンスに脱出
>>続きを読む

バッドガイズ めっちゃバッドなクリスマス!?(2023年製作の映画)

3.0

愛すべきバッドガイズのカムバック

小規模なだけあって本編と比較してCGのクオリティや声優変更など目立つ点もあるが、楽しいストーリーやキャラクターの掛け合いを見られただけでも収穫あり

ネズミ捕りの男(2023年製作の映画)

4.0

ロアルド・ダールが忍ばせる毒が炸裂する、ダール印の「意味が分かると怖い話」
ウェスのユーモラスな映像表現でもグロさを緩和しきれない、2人の作家性の押し合いのような作品
こういう形のコラボも中々に面白い
>>続きを読む

(2023年製作の映画)

4.1

毒蛇が潜むベッドに横たわる男を中心に展開する巻き込み型コメディ
見え隠れする不穏なテーマ、後味の奇妙さはまさに″毒″

やはりカンバーバッチは奇妙な役回りがとてもお似合い

難易度:やや易

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.8

独創的な美術と音楽に彩られる可愛らしい世界観の中でコミカルかつダークな物語が炸裂する、ウェスアンダーソンの手腕が爆発した代表作

今作は彼の作品の中でもエンタメ性が高く多くの人が楽しめる仕上がりだと感
>>続きを読む

正欲(2023年製作の映画)

4.0

様々な生きづらさを抱えた複数人の群像劇を通じて多様性を掲げる社会の欺瞞を正面から突きつける
知識や想像力の欠如、自らの持つ正しさの暴力性を客観的な視点から省み、
主人公の心の揺らぎを通じて個人の価値観
>>続きを読む

ウィッシュ(2023年製作の映画)

3.7

100周年をお祝いするケーキには、
水彩画のような2D×3Dの美麗なアニメーションや大量のイースターエッグ、愉快なキャラクターと心躍る楽曲などを全部載せした、スクリーンで楽しむにはぴったりの豪華絢爛な
>>続きを読む

理想郷(2022年製作の映画)

4.3

ミニマムな人間の争いを通じてどこか他人事とは思えない人間の醜態さを浮き彫りにし、
極度に張り詰めた不安や緊張とその弛緩により溢れ出る虚しさや切なさが気分を悪くするような緩急を作り出す
波乱に満ちた湿っ
>>続きを読む

ウォンカとチョコレート工場のはじまり(2023年製作の映画)

4.4

お菓子だらけの魅力的な世界観はそのままに、
ポールキング印のハートウォーミングな物語に時折ロアルド・ダール印の毒のある冷たい風が吹き込んでくるような、ミックスした作風は過去作とはまた違った角度で感動を
>>続きを読む

窓ぎわのトットちゃん(2023年製作の映画)

4.6

個性豊かな子ども達の集う魅力溢れる学校を舞台にトットちゃんと周囲の人々との交流を描きながら、
規範や規則に合致しない″普通ではない″存在を省き続ける、品行方正に呪われた冷たい社会を対照的に映し出す
>>続きを読む

>|