千屋さんの映画レビュー・感想・評価

千屋

千屋

色々評価していくと点数基準がわけわからなくなっていってますが基本3.5以上は多分オススメ

映画(952)
ドラマ(0)

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

2.9

アクションシーンとかバイクチェイスのカメラは圧巻。アジョシの時もそうやったけど窓から飛び降りるときの追従してるカメラあれどうやってるんやろう。中だるみしたのがつらかったのと国家なんたら院とマフィアたち>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.5

ヴィルヌーヴ演出が個人的にあんまり合わないので、監督交代した今作は脚本のわかりやすさも相まって頭使わずに観られた。劇場で観ると緊張感凄いね。三作目楽しみやなぁ。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.7

ロビイストって向こうやと正当な職としてあるんやなみんな知ってて投票してるんやろうか。追い詰められてからの逆転劇のカタルシスはみんな好きよね。精神を病むほどのワーカホリックって設定がまたカッコいいな似合>>続きを読む

ブリムストーン(2016年製作の映画)

3.6

トリアーが作りそうな内容と構成。ちょうどRED DEAD REDEMPTION2やってることもあって、なかなか見入った。牧師ってキチガイに描かれがちやけど、向こうの人たちの潜在意識にそういう思いがある>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.2

やっぱりハリーが生きてました!だけですべてが台無しというか、1のあの展開にする必要あった!?ってなるよなそれだけで。ジュリアン・ムーアはよかったよジュリアン・ムーアは。マーリン全然活躍してないのもつら>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

三位一体?父と子?、ジェニファーローレンスが聖霊?汝隣人を愛せよ、ってことはハビエルバルデムが子も兼任してんの?って感じでよくわからない。聖書読むべきかなぁ。新約じゃなくて旧約の方なんかな。世界を作り>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

強引の極みみたいな展開とテンポで"チカラ"を感じる映画。捨てカット全くない。昨今のハリウッドにない、「子供の前で人を殺す」「子供の隣で喫煙する」まであって社会には屈しない精神が強い。「うるさい」で頭ブ>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.4

幼少期壮年期ともに気に座って身を寄せ合うプーとクリストファーロビンに泣ける。ハチミツ塗れの足で家の中歩かれても怒らない度量俺も欲しいな…

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.2

話の核心が早いうちから予測できてしまうのが痛い

>|