のぐさんの映画レビュー・感想・評価

のぐ

のぐ

映画(129)
ドラマ(0)

バトル・ロワイアル II〜鎮魂歌(レクイエム)〜(2003年製作の映画)

2.5

前作のパロディのような映画。
クライマックスあたりの竹内力の登場シーンは、笑ってはいけない、のよう。

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

3.2

学生時代以来の鑑賞。タランティーノを見過ぎたせいか、昔ほどの衝撃はない。
たけしはたけし。

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.0

大したストーリーがないのに、何時間でも何度でも観てられるの、なんでだろう。

ラバーボーイ(2014年製作の映画)

3.0

彼氏が友達になんであんなに偉そうなのかと、あまりの役立たなさぶりにびっくり。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

何歳からでも人間は変われる。
こういう映画を子どもと一緒に観たい。
感想を言い合いたい。

第三夫人と髪飾り(2018年製作の映画)

3.0

ベトナムの映画は初めてかも。
起伏があるわけじゃないけど、観てられる映画。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

溜めが凄い。
ディカプリオの凄さをウルフオブウォールストリートに続き再認識。ブラピも良かった。

ディパーテッド(2006年製作の映画)

4.0

マーベルもいいけど、こういう映画もやっぱりいいなーと思える映画。
ラスト数10分は圧巻。

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

3.7

誰も悪くないのが余計悲しい。
もし今の時代だったら、と言い切れないのが残念。

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.5

国籍差別、男女差別の物語。
砂浜のシーン、一時的とはいえ、幸せが溢れてて救い。

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.2

これで最後というのはちょっと。クイックシルバーは相変わらず最高。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

4.0

せつない。4作目で1番良かった。
自分だけじゃないことがわかった時の安心感。

X-MEN2(2003年製作の映画)

3.6

普通になれないの?
なれないし、なる必要もない。

X-メン(2000年製作の映画)

3.5

ウルヴァリンは、1作目から女の子守ってたのか。

暁に祈れ(2017年製作の映画)

3.6

タイの刑務所に衝撃。
映像はサウルの息子を思い出す。

ドリーマーズ(2003年製作の映画)

3.8

ないってどこかでわかってる永遠にすがるか、現実に踏み出すか。美しい映画。

>|