ニベアさんの映画レビュー・感想・評価

ニベア

ニベア

映画(360)
ドラマ(51)

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.7

悲しい事件というよりも、人の強さを感じられる映画。
要所要所に実際のシーンが流れて、リアリティもある。

武士の献立(2013年製作の映画)

3.3

お笑い要素があるかと思いきや、真剣なお話でした。
物語的にはとても素敵ですが、最後のエンディングの曲が、全然合わない気がした。

きみがくれた未来(2010年製作の映画)

3.4

ファンタジー感が強いけど、落ち着いて観れた。
こういう街に憧れる。

ピノキオ(1940年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

悪い子がロバになったり、嘘をつくと鼻が伸びたり、子供に見せたいと思った。

インセプション(2010年製作の映画)

3.8

以前観た時は理解が出来なかったので、再鑑賞。
夢が何層も重なってる中でもしっかりとストーリーが組立られてる。
街が上下になるシーンは圧巻✨

フィラデルフィア(1993年製作の映画)

3.7

トムハンクスの演技力はさすがと感じる映画。
オペラシーンは恐怖を感じたけど、その反面、家族や恋人の温かさにジーンと来た。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

鳥肌が止まらないくらい、歌のシーンにドキドキした。
ストーリーは割とシンプル

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.6

高校生の恋愛ものと余裕で観ていたら、まさかの号泣…

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.7

何度見てもゾッとする。
レクターのどアップのインパクトが凄すぎて、目が離せなくなる。

トロイ(2004年製作の映画)

3.2

ブラピの格好良さと、オーランドのダメ男っぷり

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.3

もっとサスペンス性が高い作品かと思った…もっと高橋一生が動いている所を観たかったけど、長澤まさみ×吉田鋼太郎の印象が強い。

チェンジリング(2008年製作の映画)

3.4

全体的に暗いお話。
アンジーの控えめな女性役って初めて見たけど、すごく合っていた。

>|