シュリさんの映画レビュー・感想・評価

シュリ

シュリ

映画(61)
ドラマ(0)
  • 61Marks
  • 1Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

正しい日 間違えた日(2015年製作の映画)

3.4

何が正しい日なのか間違えた日なのか。
言葉のチョイスもそうだが、同じ言葉でも受け取る人にもよるし、誰にとって正しいのか間違えなのか難しい。
繰り返せない日々。正しい日になることを祈りたい。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.8

ユーモアたっぷり。
笑いと優しさに溢れる、そしてハワイに行きたくなる映画。

細かな笑いとホロリ涙のバランスが良く見たあとほっこり。午前開始だったのでこれからいい気分で過ごせそうです。

Oh Lucy!(2016年製作の映画)

3.3

寺島しのぶは裏切らない。
その一言に尽きる。
姉との絡みは笑える。あんな姉もこんな妹もイヤだ。ジョンやミカとの絡みは切ないけど笑いもあり。最後やっぱりのトムの癒しにホッとするが…。

後味のあまり良く
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.2

苦手な部類の映画ですが
佐藤健の強さと美しさ目当てでの鑑賞。
でも飽きることなく楽しめました。

新宿をあんなに破壊して‥と嘆きつつ
損保ジャパンビルや歌舞伎町の看板など色々な角度から新宿を楽しめまし
>>続きを読む

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

3.4

バイオレンスはちょっと苦手。だけどそれだけでないところもあり良かった。
井浦新はもちろんですが、
成田凌ってこんなにかっこよかったんだ。とびっくり。ドラマでのイメージとは全然違い、かっこよくもあり可愛
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.2

岩ちゃんの癒される笑顔は一切ない、みんな狂っている予告通りの映画でした。
予想出来なかった事もあり、騙されながら観れました。
愛は人を変えることもあるかもしれないが、映画の中だけであってほしいです。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

歌が耳から離れなくなり鑑賞。
死後の世界は綺麗。
だけど2度目の死は少し残酷。
永遠はないが切なくもあった。

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.5

オラフがかわいい。
冒頭の待ちきれないオラフが特に。
そしてスヴェンのものまねもキュート。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.8

メリル.ストリープってだけで観に行った。
男社会で女がトップに立つ厳しさ。
望んでその立場についたわけではないが、やると決めた時の潔さはカッコイイ。
逆に女でなければできなかったのでは?とさえ思えた。
>>続きを読む

女々演(2017年製作の映画)

3.0

女の子のマウンティング。
なんか嫌だな。関係ないな。
と思っていましたが、私もしていたんだ!
と気付かされました。

ミクが主役したかった。なんて思わなかったし、そんなような思い込み、日常でもあったな
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

久しぶりのミュージカル映画。
テンポよく、最後少し涙あり。

だけど、なんかこのストーリー
見覚えが…と途中で思ってしまった。

が楽しめました。

犬猿(2017年製作の映画)

3.8

上手く姉妹と兄弟がリンクしていて面白かった。
血ってほんとすごいなと。
友達なら離れればいいけど、離れられない辛さや奥深い愛情がうまく、笑いを織り交ぜながら描かれていて、江上さんもなかなか良かった。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.5

キュートで女王さまな綾瀬はるかと下僕な坂口くん。時代もちょうどあっていて、違和感なくみれました。
穏やかだけど、切ない、気づいたらホロリとしていました。

不能犯(2018年製作の映画)

3.0

なんかすっきりしない

男性陣のイケメンに助けられました。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.5

高橋一生の笑顔がいい。

友達でも恋人でも
踏み込めない、踏み込まないで、やり過ごすことある。
それがうわべの付き合いかと言えば、そうでもない。
過去のことなど自分の知らない事に囚われ、知りたくなるこ
>>続きを読む

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

3.3

ドラマの続きだと思い観に行ったが、
時系列は一緒での視点違いだったがなかなか面白かった。
ドラマの答え合わせみたいな場面も多く、見ていない人は楽しめたのか心配。

岡田くんが嫌な役だが、意外とはまって
>>続きを読む

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(2016年製作の映画)

3.5

芸術とファッション。
ドリス自身は、喜びや楽しさが上まわるからこそというが、毎年毎シーズンやってくるファッションをやりきれるのって、やっぱり凄い。
料理をしてオフを過ごしている姿も素敵。あの庭も。

嘘八百(2017年製作の映画)

3.0

出演している人たちに惹かれて鑑賞。
ドタバタを安心して楽しくさいごまで見れました。
新春の映画らしく、イヤミのない映画でした。

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.5

終始泣いた。
実話で大まかなストーリーは知っていたが、そこでのさまざまな人の想いが伝わってきて、最後本当にこの結末を迎えられて良かった。
当人達だけでなく、社長や仲間、家族も素敵な人ばかり。実話だから
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

ヨシカの心の声ほどではないが
私も言ってるな!心の声。
よく会うおじさんに挨拶したり、こどもの成長を勝手に見守ったり。気になる人に、サラッと話しかけて見たり。そんな社交的な自分になれたらな〜と思ってい
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.4

ファンタジー満載。

黄泉の国はそれぞれ見え方が違う。
もしかしたら、現代もそうなのでは?
と。

ミックス。(2017年製作の映画)

4.0

豪華メンバー過ぎる。
みんな個性ありありで、ごちゃごちゃな設定なのにうまくまとまっていて、楽しいエンタメでした。
蒼井優やっぱりすごい。最高‼︎

ドリーム(2016年製作の映画)

4.2

3人の女性それぞれが人種というだけでなく、年齢や家族とか色々な状況のなか頑張れたのは、周りの仲間や家族の支えあってからこそだな。と実話なだけにヒシヒシと感じた。
理解者を自ら得られるように、不遇な状況
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.6

何度も泣けた。
犬目線と人目線のズレもよかった。
イーサンに、犬はみんなこの動きするよ。なんて言われた時は、早く気づいて〜!
とすっかり犬目線になってました。

月と雷(2017年製作の映画)

3.5

直子あってのストーリーだったかな。共感しないが直子のような生き方もいいな。なんて軽い気持ちでみていたが、直子を失った側の人達の人生を考えるとひどく辛い。
智のおかげで、おかあさんができたところだけが救
>>続きを読む

アヤメくんののんびり肉食日誌(2017年製作の映画)

2.0

これ映画?
というストーリー。タイトルから、もっとラブコメ満載を期待していましたが残念。
足立梨花ちゃんは可愛かったですよ。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.4

ユリゴコロか〜
映画だけの世界であってほしい、
色々な意味で辛い映画。
2つの世界はバランス良く進んで観やすかった。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.0

長く感じた映画。
二つのストーリーでなくどちらかをもっと丁寧に描いてくれたら良かったのかも。
長谷川さんチームベースのストーリーのほうが良かったかな。締め方が好みでなかったのかも。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.5

水原希子可愛すぎ。
そして狂わされ過ぎな男たち。
狂わされたいから狂わせる。けど狂わすスキル半端なかったな。
やっぱり奥田民生がいいのかも。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.5

特別な事情はそれぞれ重要視されることだけど、ヴェラのジェームスを信じる思い。実話だけに、ぐっときた。
ボブによって運が開けた話だけど、ヴェラの存在は大きいと感じた。

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.8

家族。血の繋がり。
それぞれを取り巻く状況が絡まりあい、前半は見ていて辛かった。
沙織の手
以降少しずつ観ている息苦しさがなくなってきてた。
血の繋がり。距離。いろいろあるけど、想いが、少しでも通じ
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

泣けた。
私が選択してきたから、
今ここで泣けたのかも。

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.5

気晴らしに
大爆笑とはなりませんでしたが、
個性豊かで楽しめました。

兄に愛されすぎて困ってます(2017年製作の映画)

3.5

おにぃの笑顔とせつなさに、
期待以上にキュンとした映画でした。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.5

明日なにが起こるかわからない。
でも、それはとてつもなくいいことかも。そう思って生きたほうがいい。
何が起こるかわからなすぎるから。

>|