モッツァレラチーズさんの映画レビュー・感想・評価

モッツァレラチーズ

モッツァレラチーズ

映画(190)
ドラマ(0)
アニメ(0)

ジギー・スターダスト(1973年製作の映画)

5.0

完全な後追い世代です

グラムロックというものに過激なロックというイメージが勝手にあったので、最初聴いた時は普通のロックのようで拍子抜けしました
しかし先入観がなくなってから改めてこのライブドキュメン
>>続きを読む

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

4.0

デリケートなテーマなので家族と観ると気まずいかなと思いましたが、良い人たちばかり出てくるとても暖かい話でした

ありえないくらい良い人たちですが、舞台装置のような良い人ではなく、きちんと背景があるので
>>続きを読む

アリス(1988年製作の映画)

4.5

この監督の入門に最適な作品
主役が可愛らしい女の子なので他の作品に比べて大分ポップで観やすいです

まずウサギのストップモーションの芸の細かさに度肝抜かれます
ただ細かく動かすんではなくほんとに生きて
>>続きを読む

悦楽共犯者(1996年製作の映画)

4.5

オナニー映画
平和な映画です
しかしみなさん方法が独特すぎます
完全にウケ狙いですね
パンを鼻に詰めるのはちょっとわからんでもないなと思ってしまった‥
あと鳥人間カッコ良い

この監督はクレイアニメ、
>>続きを読む

男のゲーム(1988年製作の映画)

4.0

サッカーと思いきや残酷な殺し合いゲーム
めっちゃサッカーをバカにしてる笑

クレイアニメで表現されるさまざまな殺し方
次から次へとアイデアが溢れるのはさすがです

休憩に猫の映像流すとかもうやりたい放
>>続きを読む

ファウスト(1994年製作の映画)

5.0

ホラーっぽい雰囲気ありますが実はギャグ要素満載です

呪文唱えて悪魔を呼んでは返してまた呼んでのシーンは大爆笑
コントかよ

悪魔との契約シーンもユーモア溢れてます
シュールというか、普通に笑える作品

エル・トポ(1970年製作の映画)

3.5

次々と達人たちを撃破していくという漫画のような前半から時間が飛んでヒューマンドラマのような後半
2部構成にした意味がわかりませんでしたがそれぞれ楽しめました

カルト映画ですが、先入観抜きにすれば普通
>>続きを読む

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

5.0

街に渦巻く混沌のエネルギー
野心を持った若者たちが銃を持って仲間とのしあがる
小学生くらいの頃から既にオモチャのように銃を扱う凄まじい環境

こんな舞台で、気弱な傍観者を主人公にしたところがすごくセン
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

4.5

初見では良さがわからなかったが徐々にわかってきて大好きになりました
初期たけし映画のような殺伐として哀愁帯びたヤクザ映画が好きだったので、この映画のアッケラカンとしたドライで陽気なアウトロー感が理解で
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

5.0

映像音楽全てがカッコいい傑作
特にセリフとその言い方

ピーキーすぎてお前にゃ無理だよ
やっとエンジンがあったまってきたところだぜ
理科の実験じゃねえんだよ
どうしたよ?揉め事かー?
お前もボスになっ
>>続きを読む

機動警察パトレイバー2 the Movie(1993年製作の映画)

5.0

超絶渋い
ものすごい雰囲気に圧倒されました
社会派なストーリーと全編を覆う静かな緊迫感がたまりません
余計なものを抑え研ぎ澄まされた高純度な完成度
パトレイバーを知らなくてもこの作品は観て損ないです

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984年製作の映画)

3.5

無茶苦茶な話だけど面白い
ギャグでもホラーでもミステリーでもない不思議な話
テレビアニメでもあった意味不明系の謎回をスケールアップした感じなんでしょうか
まあ世代ではないのであまり詳しくはないですが
>>続きを読む

天使のたまご(1985年製作の映画)

3.5

話はなにがなんだかよくわからん
ただ映像美は素晴らしいです
この映像をずっと眺めていたい気持ちにさせられます

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年製作の映画)

4.5

サイバーパンクなアニメの名作
未来的アクションと哲学的な問答
まさに超サイバーパンク
サイバーパンクに浸りたいならこれを観ましょう

余談ですが、原作漫画の魅力はフランクなノリで高度な情報戦と死線をく
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

4.0

ものすごい迫力!
二大スターvsモノはどちらにも配慮して引き分けになるパターンが多いですが、今回はちゃんと勝敗着けたのが素晴らしい
そして待ちに待ったみんな知ってる裏ボスも登場!
さらに小栗旬さんには
>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

4.0

バカ映画ですが話はしっかりしてますし、満足度の高い映画でした
サービス精神旺盛な贅沢な作り
実はかなり真面目な人が作ったんじゃないかなあ?
小難しい映画ばかり観ていた時にふとこれを観たら予想を遥かに超
>>続きを読む

21オーバー 最初の二日酔い(2012年製作の映画)

3.5

楽しめるバカ映画
ジェフの性格がまともなのかイカれてるのか最後まで掴めませんでした

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

5.0

サイコパス映画の名作
欲望に忠実な天然ド悪人な主人公が辿る運命
痛い目に遭っても一切反省などせず狡猾さと運の良さで困難も渡り歩く
まあその困難は自業自得なのですが

こことは全く違う世界の話だからなの
>>続きを読む

神さまの言うとおり(2014年製作の映画)

2.0

話はめちゃくちゃですね
謎解きゲーム好きな人なら楽しめます

リング0 バースデイ(2000年製作の映画)

3.5

ラストの絶望感がすごい
こうなることはもちろんわかってはいたんですが‥
強い力と美貌を持って生まれたがためにこんな酷い目に
悲しいですね

仲間由紀恵さんは貞子にピッタリハマり役でした

リング2(1999年製作の映画)

3.5

あの世と繋がってるー!と井戸をスッスッとよじ登る貞子だけ印象に残り、話はまるで覚えてません汗

しかしやはり井戸を登る貞子は怖い
めっちゃスムーズに登るので絶対追いつかれるって分かるのが怖い
そして悲
>>続きを読む

ザ・リング(2002年製作の映画)

3.5

貞子のギラっとした目つきがカッコよい笑
いや貞子じゃないのか

日本版にあった生理的嫌悪感がスッキリしてスタイリッシュに
オーラのようにノイズがジジッとしたり瞬間移動したりとにかくカッコいい笑
あちら
>>続きを読む

リング(1998年製作の映画)

5.0

邦画ホラーの歴史的名作ですね
作品自体傑作ですが、邦画界への功績も含めて最高点を付けるしかない素晴らしい作品と思います

当時友達が、テレビから出てくるのがマジで怖い!と騒いでいたのを思い出します
>>続きを読む

スカーフェイス(1983年製作の映画)

5.0

度胸と知恵でチンピラからギャングのボスに成り上がる!
野蛮でスマートなアルパチーノの魅力が炸裂!
ヒップホップのラッパーたちの間で大人気な作品

偉くなって着飾っても地の育ちの悪さがどうしても出てしま
>>続きを読む

狼たちの午後(1975年製作の映画)

4.0

主役の銀行強盗2人が決して悪人ではなく憎めない良いキャラ

悪人ではないのに強盗を決行してしまった必死の緊張感がリアル
銃を必死に取り出す動きも愛らしい
悪い人ではないと気づいた行員たちが強盗をむしろ
>>続きを読む

エンド・オブ・デイズ(1999年製作の映画)

3.5

悪魔の復活というおどろおどろしいテーマとシュワちゃんが融合した作品

しかし暗いオカルトホラーとシュワちゃんアクションが上手く噛み合わずどっちつかずな気がします

とはいえ世紀末の混沌とした世の雰囲気
>>続きを読む

メランコリア(2011年製作の映画)

4.0

冒頭、映画のダイジェストを絵画のような美しい映像で表現しており圧巻の映像美でした
そしてさらにド迫力のラストシーン
ストーリーはもうどうでもよい笑

この監督は本当に映像だけは素晴らしい

アンチクライスト(2009年製作の映画)

3.5

性に狂ってしまった女性の話
セックス依存症の女性をモンスターのように描いている

女って男より性欲強すぎて引くわ〜とか言ってるオッサンの自慢話を延々聞かされてる感覚

この監督の作品は深いのか浅いのか
>>続きを読む

ドッグヴィル(2003年製作の映画)

3.0

セットがなく白線で舞台を表現するというかなり異質なコンセプトの作品

レイプされてる現場のすぐ外で村人がレイプに気付かず普通に生活してるって絵面を撮りたかったがためにこんな企画を思いついたんでしょうか
>>続きを読む

食人族(1981年製作の映画)

1.0

イマイチよくわかりませんでした
言いたいテーマはわかるんですが
現代人を上から目線で説教する映画は基本的に嫌いです

決めゼリフで「野蛮なのはどっちだ!?」って言われても‥
極端な例を出されても困る
>>続きを読む

呪怨(1999年製作の映画)

5.0

人気ホラーシリーズの本当の第一作目

後続のシリーズを観て呪怨なんて大したことないと思ってる方はこのビデオ一作目を観るべきです
劇場版はこのビデオ版の下位互換です

異常なストーカー女の執着
嫉妬で理
>>続きを読む

CURE キュア(1997年製作の映画)

5.0

これはすごい映画
震えました

無気力で舐め切った態度の凄腕催眠術師萩原聖人さんと、我慢限界ブチギレ爆発寸前刑事役所広司さんの催眠術バトル
徐々に覚醒していく役所広司
表面的にはとても静かだが、実際は
>>続きを読む

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

3.0

超絶オシャレ映画

当時ノリにノッていたホワイトストライプスが懐かしい
ロック業界の希望の星だと期待してましたが、歴史に爪痕を残し切る前にアッサリ解散してしまった
もう過去の出来事になってしまって少し
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.5

綺麗なヤクザ映画
ちょっと綺麗すぎるかも

舘ひろしさんが最後まで威張ったりしない優しい親分なのがよかったです
もし若いとき観たらこんな親分情けないと思ってたはず
穏やかで優しい人こそ本当にカッコ良い

>|