riさんの映画レビュー・感想・評価

ri

ri

映画(526)
ドラマ(14)

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最後までいって会えないの切な

オンネリとアンネリのおうち(2014年製作の映画)

4.1

可愛い。大人になった今では少しリッチなリゾートホテルに行った時ぐらいにしか感じられないあの高揚。どっちがオンネリかアンネリか全然覚えらんなかったけど、続編も観たい。

ネコのミヌース(2001年製作の映画)

3.9

古い映画だし、CGとか声とか違和感もたくさんあったけど、こういうのあったな〜ってちょっと子供心に戻れた。ベイブ感あってほっこり。今の技術でリメイクしてほしいかも〜。

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

4.9

あと5時間くらい観れる、観させてください、お願い。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

今夜夢に出てきそうなくらい怖かった、、。
台の下の虚しさ。

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.8

私はお子様なので、え、、、結婚、、?
と思った。福山さん泣くとこで泣いた。

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.0

原作も読んでいたけど、想像力が弱い私には映画化された方がありがたかった。
大切なひとの儚さとか、一緒にすごした幸せとか、明日への活力とか、なんか涙出た。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

ジャックウィルが友達を殴ったところが泣けすぎた、、。
「人を労われ、みんなも戦っている。相手をよく知りたかったら、方法はひとつ。よく見ること。」

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.8

松岡茉優と鈴鹿央士かなりよかった。
海のシーン、足跡つけるやつ、すき。

日日是好日(2018年製作の映画)

4.6

季節のみえる作品。
何度も巡る四季をお茶室の中から眺める。それは同じようで、毎年まったく違うものなんだなぁ。初めて夏のお茶から冬のお茶に切り替わった日、盧から出る湯気と外に見える冷えた草木に冬恋しくさ
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.8

ガクト〜
ふみちゃ〜ん

関東住んでておなじみの何かが出てくるとクスッと笑える

2つ目の窓(2014年製作の映画)

4.0

ひいばあちゃんが亡くなった時のこと思い出した。
虹郎くんも良かったけど、女の子の目がすごく綺麗で印象的だった。

>|