nicknameさんの映画レビュー・感想・評価

nickname

nickname

映画という単語にすら愛を感じる

映画(733)
ドラマ(1)

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.8

Regency Village and Bruin Theaters - Westwood


面白いけど
ベノム2体になると見分けるの難しくてややこしかった
marvelでミシェル・ウィリアムズを
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

SMC Santa monica 7

タイトルの出し方かっこよすぎる

眉毛外されて恥ずかしがるアリー

手と手が触れ合う

メイクをとったアリー顔

ギターの音色 鳥肌

ギターの弦で作った指輪
>>続きを読む

おとぎ話を忘れたくて(2018年製作の映画)

3.6

1週間くらいかけてダラダラと観たわりには結構面白かったー!

ロスで観たからこそ文化の違いがよく分かる、実感できる。

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.1

TCL Chinese theaterにて
MX4D

つまらないけど子役かわいいから観れる

少年(1969年製作の映画)

4.3

Escape saint Michelにて

初大島渚作品

、、、言葉に詰まる
阿部哲夫の顔が凄い
生まれ持ったその「顔」がもうこの映画の全てを物語っている

もっと阿部哲夫を観たかったけどこれが最
>>続きを読む

ザ・シスターズ・ブラザーズ(原題)(2018年製作の映画)

3.6

Max Linder Panoramaにて

ベネチア国際映画祭で見逃してけど、観ればよかったなーと後悔してた作品。
そしたらパリで今日公開!


涙が出るほどカッコいい

乱れる(1964年製作の映画)

4.7

Espace St-Michelにて

怖い怖い怖い
素晴らしすぎて怖い
なんてものを観てしまったんだろう

最後の「終」に鳥肌がたつ
なんなの?なんで、、、
私はどうしたらいいの
どうしよう、、、
>>続きを読む

晩春(1949年製作の映画)

-

LE CHAMPOにて

お父さん役の人本当どの作品見ても、いいなあ

麦秋(1951年製作の映画)

3.8

La champoにて

原節子がとにかく美しい

結婚へ対するジェネレーションギャップを感じた

お早よう(1959年製作の映画)

4.5

Le Champo にて

パリで小津安二郎特集がやってた!

初めてちゃんと観た小津作品
みんなが揃いに揃って、観ろという理由がわかる。

意外とたくさんお客さんが来ていて、みんなクスクスしたり大笑
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

2.8

UGC Ciné Cité Les Hallesにて

初めは面白いし、みんなの行く末をドキドキしながら観てたけど
結果、とてもとてもくどかった…

言いたいこと(伝えたいこと)多すぎる!
2時間の
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

フランス・パリ
Cinéma Gaumont Parnasseにて

ただSNSに固執して作るわけではなく
人間模様やハラハラする展開など、構成もしっかりしていて面白かった!

ただ、怖い!
リアルす
>>続きを読む

斬、(2018年製作の映画)

3.6

ベネチア国際映画祭2018

池松壮亮と蒼井優と前田隆成と塚本晋也監督がレッドカーペットを歩き、その4人と一緒に80分間「斬、」を観るというシチュエーション。
その映画に出てる本人たちが、同じ空間に座
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.0

img cindmas candianiにて

字幕かと思いきや、まさかの(?)イタリア語吹き替えでアメリカの映画なのに役者がチャオ!とかグラッツェ!と言ってることに妙にツボに入った、、

でも音楽は
>>続きを読む

7月22日(2018年製作の映画)

4.2

ベネチア国際映画祭2018

主人公の気持ちの動きにとても寄り添って描いてる上に、犯人を含む周りの人々もしっかりと映し出す

気付いたらスクリーンに釘付けになっていて、良い映画を観たなあと思えた

>>続きを読む

Vox Lux(原題)(2018年製作の映画)

3.5

ベネチア国際映画祭2018

期待値上がりすぎたのもあって、それほど面白くはなかった!
それに面白くなりそうな予感プンプンだからこそ、観終わった後「・・・」ってなっちゃう

でもナタリーポートマンの表
>>続きを読む

Acusada(原題)(2018年製作の映画)

-

ベネチア国際映画祭2018

主人公の感情がよく分からない

At Eternity's Gate(原題)(2018年製作の映画)

-

ベネチア国際映画祭2018

ウィレム・デフォーの素晴らしい演技
魂で演じてるようだった

The Mountain(2018年製作の映画)

2.9

ベネチア国際映画祭

観るのが疲れた
バカな私は「The mountain」の題名だけみて山登りとかの話かと勘違いしてたせいもあって、この映画をどう理解していいものかと悩む

>|