うさんの映画レビュー・感想・評価

う

映画(1038)
ドラマ(8)

TENET テネット(2020年製作の映画)

-

映画や音楽というものは 当時の出来事や感情を思い出させる記憶装置のようなものでもあって、
どれだけの月日が経っても これを観る度 昨日のことを鮮明に思い出すと思うのです。

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

4.2

『マルコヴィッチの穴』『エターナル・サンシャイン』のチャーリー・カウフマン監督兼脚本作。
初課金した映画ムダ話のおかげでようやく理解できたが、わからないままでもよかったような。
原題の訳し方も申し分な
>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

原作からカットされたシーンとか、登場人物のキャラの濃さとか、ほないこかの棒読み具合とかツッコミどころは多々あるが、それらを帳消しにさせる大倉忠義の存在感や成田凌の表情がこの映画の全てであり、この二人が>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

-

ホドロフスキーのがよっぽど狂気だしトラウマティック

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

バレンタインの話じゃないんかい

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

この結末でないとヒットしないし日本でウケないのもわかるが、父親の居場所まで語る必要はないのでは。省略された時間軸の説明が園児に対する遠足の持ち物のそれくらい丁寧で(?)、観客は用意された答えに安堵して>>続きを読む

ロマンスドール(2019年製作の映画)

-

ネバヤンと一生出しとけば釣れるなんて
サブカル女子甘く見てもらっちゃ困るぜ

宮本から君へ(2019年製作の映画)

-

生きてるだけで、強いの
だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

>|