RikakoAokiさんの映画レビュー・感想・評価

RikakoAoki

RikakoAoki

映画(263)
ドラマ(0)

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.4

ホラー映画ジャンル?
レクターがなぜサイコなのか、過去や内面を一切見せないから恐怖を煽る。
伏線とかない感じが逆に新鮮でした。
怖くて何度か早送り。やっぱり私はホラーのジャンルは胸糞悪くなっちゃう。

ザ・ワーズ 盗まれた人生(2012年製作の映画)

3.0

クーパーさんイケメンやし演技もうまい。
なんとなーくまとめ方が好きじゃない

クーパー家の晩餐会(2015年製作の映画)

3.0

バレンタインデーとかそういう系の主役多い系映画。話がうまくいきすぎてあんまり好きじゃない。

大洗にも星はふるなり(2009年製作の映画)

3.0

今を輝く俳優ともう消えかけてしまった俳優さんが二極化してる。

鴨川ホルモー(2009年製作の映画)

3.5

何にも残らないですが、単純に鬼が可愛かったのとわたしもホルモーやりたいのと、キッズウォーの双子が久しぶりすぎて懐かしい。

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

2.9

リメイク版らしさもあってよかったです。
個人的にはもっと歌ってほしい。そして、口パク感無くしてほしい。
ミュージカル好きとしては普通です。

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

4.0

すきなジャンル。どんどんリースウィザースプーンが可愛く思えてくる。笑顔とキャラクター大事。

シカゴ(2002年製作の映画)

4.0

内容は薄く、歌は力強く、って感じがTHE古典ミュージカルでとてもよかったです。
ずっと見たかったシカゴ見れて嬉しい。

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

5.0

アニメでもウェスアンダーソン感!
カメラワークがさすが!素敵!
絶妙なフォックス感と人間感の掛け合わせ!

メアリー&マックス(2008年製作の映画)

5.0

ぜひ見て欲しいです。凄くいい。
ブラックユーモア。
いろんな訳あり人間が出てきますが、共感もできます。
アニメーションの進み方がとっても可愛い。
完全に大人向けアニメーション。
ぜひ見て欲しい。

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.1

ザックガリフィアナキスとジャックブラックが被る。日本でいうとこの温水さん的な。あんまり好きではないです。
学園系ならシスターアクトの方がよっぽど好き。

名探偵コナン 世紀末の魔術師(1999年製作の映画)

3.5

普通にコナンが探偵してる。
そりゃ新一?ってなる。。
結構わかりやすく伏線はるとこすき。

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.0

ウェスアンダーソンさん。
やっぱりわたしはムーンライトキングダムが圧倒的にすきです。
はやく犬が島が見たい

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

3.8

名画奪還を議題にして色々な歴史背景が垣間見て面白かったです。最後は人としての判断ですな。

名探偵コナン ベイカー街の亡霊(2002年製作の映画)

3.6

コナン史上評価高いやつ。
黒ずくめ関わらない系。
率直に本当の意味の日本のリセットが二世同士が協力することなら、クリアしないと全員殺す設定が違和感。
あと、新一のパパ息子の生存心配しなさすぎ。

コヨーテ・アグリー(2000年製作の映画)

3.3

バーでのダンスシーンが好き。それ以外は特にって感じなので
圧倒的なながら映画です。

天才マックスの世界(1998年製作の映画)

3.5

ウェス映画の初期!
色使いが特徴的な最近の作品の方がすきです。
ストーリーだけだと、ウェスさん物足りないかも、と思ってしまう。

帝一の國(2017年製作の映画)

4.5

結構好き。
話題の俳優集まりすぎてうはうは。
ただやっぱり菅田くんの演技力とイケメンが飛び抜けてる。
テンポも良くて中だるみもない。
シナリオの意外性もある。
これ女子だからこう思うのかしら。(イケパ
>>続きを読む

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

5.0

すごい好きです。黒人差別というくらいテーマだけどshit pieのお陰で少し明るくなってるのがすごい。
おかしいものをおかしいって思えなくなっちゃうって本当に悪。

天使にラブ・ソングを2(1993年製作の映画)

4.0

テイストは1と変わらないです。
高校生可愛いなあ、パワフルだなあ、歌っていいなあって感じの作品。

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

4.5

元気でパワフル。
ストーリーは、こうなるだろなーと思った通りに話が進んできますが、それでもウーピーさんのキャラクター、演技力然りで満足度が高い。

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.0

美しい。ウェスアンダーソン監督の作品全部見たい。
色使いと構図がおしゃれすぎる。
もはやアート。

デトロイト・ロック・シティ(1999年製作の映画)

5.0

すっごいくだらないんだけど、ずっごく面白いし、パワフル。
伏線多め。回収の仕方も好き。
高校時代って本当にくだらないことが世界の全て感あるよね。
あと99年ならではの良さが散りばめられててすごくいい。

ウォルター少年と、夏の休日(2003年製作の映画)

3.5

なっちゃんが永遠お勧めしてる映画をやっと見れた。
すっごいハートウォーミングな映画。なんというか、映画らしい映画。お手本みたいに真っ直ぐな映画。
AIの子役おっきくなったなー。

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.4

伏線をたくさんはってきれーーい回収する映画。
綺麗に回収しすぎて、わたし好みではないかもしれない。

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

4.0

ずっと見たかった映画。ながら映画じゃないのに、ながらで見ちゃったのが失敗。歌のメッセージング性が凄く強い。美しい。

ティム・バートンのコープスブライド(2005年製作の映画)

3.8

ミュージカル映画。
ティムバートンらしい!
全然あなゆきよりいいです。
歌も素敵。
暗い雰囲気の中に美しさと温かさがあって、好きです。

真珠の耳飾りの少女(2003年製作の映画)

3.0

スカヨハ主演映画の中では、1番綺麗で妖艶、役に合ってる印象でした。むしろ後半モデルと一体化してきた。
そのくせコリンファースは好きがゆえにフェルメールとおもえない。
何か起こるわけでもなくずーっと官能
>>続きを読む

>|