かりんさんの映画レビュー・感想・評価

かりん

かりん

映画(34)
ドラマ(2)

ちいさな独裁者(2017年製作の映画)

3.5

エンディングで現代でも戦争の異常さは起こりえると伝えてくれた

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.5

この題名の意味がやっとわかった。
視点はずっと変わらないが、聴覚だけでこんなにも物語にのめりこめると気づかせてくれた

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

4.0

リロアンドスティッチもそうだけど、そういう生物的な何かを超えた友情に弱いので最高でしかない。

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.9

よくある、ただの恋愛ラブコメかと思いきや女性の強さを表してて、よかった!!

告白(2010年製作の映画)

4.9

どこまでが「なーんてね」なのか、、。良い映画はやはり予想ができない

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

ストーリーはそんなに好きじゃないけど、歌が最高!!Never enough 鳥肌。

アクアマン(2018年製作の映画)

4.0

無駄なシーンが一個もなかった、もう次から次へとストーリー盛りだくさん!決闘のシーンが揺れて鬼楽しいので4dxオススメです

ゾンビーズ(2018年製作の映画)

3.1

ゾンビではなく、今現在白い目で見られている人々に当てはめることができる。

エスター(2009年製作の映画)

3.9

サイコホラーなので、夜ねれないとか、そういう引きずる類ではなかった

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.0

人によって主人公に共感できるか、嫌いになるかその2択に分かれ、だから映画の評価も変わっていく

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

3.9

いつまでも変わらないものもあるし、進化してしまうものもある。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.0

ファンからしてみれば素晴らしい映画だが、前作、ハリポタ観なければ理解しきれないあたり、内輪で楽しむ作品

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.5

夢の中でなら会える。その夢は彼らにとって救いだったのか、、人によってこの映画の結末は違うと思う。ただジュゼッペの命がルナの頬をつたったのは幻想でも夢でもない。悲しく、虚しいけど、彼が海を好きなだけ見る>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

歌声が素晴らしかったし、どうせハッピーエンドだと思ってたので割と驚いた

好きだった君へのラブレター(2018年製作の映画)

3.0

そんなに深いわけでもないけど、普通に楽しめる。暗い気分になりたくない時にオススメ

メアリーの総て(2017年製作の映画)

3.5

エル可愛かったな。
若い女性が自分の声を探し続ける中沢山の絶望を味わう物語。綺麗事などない、人の”人生”を描く物語だった。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

DVDを買ったほうが安いだろう。というほど観てしまったので、早く円盤ください。

私は十代で、クイーンなんて全く好きではなかったし、なんなら顔も見たことなかった。気まぐれで観てみたが、圧巻。一度は聴い
>>続きを読む