Campbellさんの映画レビュー・感想・評価

Campbell

Campbell

邦画ばかり見ます。
洋画は苦手です。

映画(233)
ドラマ(0)

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

-

今もすぐそこで、同じようなことが起こっているんじゃないかと思うぐらい、リアルな恋愛。

元カレがオダギリジョーさんなら、忘れられないのは仕方ない!!

映画の内容とタイトルの繋がりが最後までよくわから
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

-

すごく良かった!

法律にも守られてない、お金も家族もない
何もないからより強い絆になるのかな。

あの家でのみんなの幸せな生活風景を知ってるから、警察の常識的な言葉の投げかけに、いやいや違うんだよ!
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

-

表現が独特すぎて、話の内容が入ってこなかった。。。

井浦新はピンポンの頃から変わらなく
落ち着いた役が似合うなぁ。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

大人版童話。
見終わった後、心が洗われた。
主人公がバスで帽子を枕代わりにするシーンがすごくきれいで印象的だった。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

-

まさかここまで泣くとは思わなかった。

すぐにできること、言えることは
ちゃんとやろうと思った。
でも、やっぱり時間があることを言い訳にして、
やってないけど。

勇気がないときは、この映画を思い出し
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

-

田中泯さん、すごく良かったです!
クリーニング屋の2人だけでも映画が1つできそう。
のろろ祭りで街を練り歩くシーンが、
かっこよすぎてずっと見てたかったな。
時々、あのシーンだけをスマホで見返したいぐ
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

-

昭和の日本を表現させたら、世界一なんじゃないかと思う監督さん!
死後の世界観も、すごくきれいだった。

命より大事な人。
そんな人に出会えたらいいな。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

-

序盤は2人のどうしようもない生活に
嫌な気分しかなかったけど、
ラストを見るとすべてのシーンの見方が
変わった。

不器用で尽くすところは
2人とも似ているのになぁ。
真実を知った時の選択肢は全く対照
>>続きを読む

ディア・ドクター(2009年製作の映画)

-

映画館でやってたときに、見た映画で記憶に残る映画。

免許とは、わかりやすい証明書。
でも、免許があるからといって素晴らしい医師とは限らない。
病気は心からくるものも多くて、
一人一人に寄り添いながら
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

映画館の席が前の方で首が痛くて話に集中できなかったせいかわからないけど、三隅の供述が変わっていく意味と心理が全くわからなくて、前半モヤモヤしすぎて話に集中できなかった。

でも中盤から、真実ってなんだ
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

-

生田斗真がものすごく綺麗だった。
心から綺麗な人って仕草にも綺麗さが現れるんだなぁって思った。

理解者がいることが大事なことや、
見た目や偏見で人は決めらないこと。
大事なことが全部つまった映画。
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

-

みんなキャラが濃いのに、上手くみんな主張できてて面白かった。

内容は頭の中に入ってこなかったけど。

あと、みんなが内心思ったことを、うまく逆手にとって笑いに変えてるとこも嫌味がなくて福田雄一ワール
>>続きを読む

子宮に沈める(2013年製作の映画)

3.0

実際にあった事件をもとにした映画らしいが、ドキュメンタリー?って思うほどリアルに感じた。
BGMもなくて、カメラが常に人を追っかけるわけでもないからかな。
それにしても怖かった。

子供が閉じ込められ
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.2

自分にとって大事なことが満たされると心も穏やかになれる。
さちおにとって、守りたいや必要とされたいは自分を満たす大事なことだったんだろう。

クイズ番組のようにさちおの代わりがいても変わらないものもあ
>>続きを読む

>|