記録さんの映画レビュー・感想・評価

記録

記録

ヘル・レイザー(2022年製作の映画)

5.0

思ってたよりもかなり面白かった

ヘルレイザーの世界観がコンパクトにこの映画一本で収まっていたのもGOOD

オリジナルとは違い人体標本みたいな見た目にアレンジされたセノバイトのデザインもかなりお気に
>>続きを読む

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

全体的にちょっと物足りなさもあるもののとりあえず海面に顔と背鰭半分出しながらジョーズみたいにこっちに泳いでくるゴジラがめちゃくちゃ怖いし初めて見る映像で興奮したので二重丸◎!!!!

それとゴジラ映画
>>続きを読む

死神ランボー 皆殺しの戦場(1984年製作の映画)

5.0

終盤が特にすごい

この悲惨さはタクシードライバーを超えてる

傑作‼️‼️

ノスフェラトゥ(1978年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ面白かった

オリジナルのサイレント版同様、影を使った恐怖演出もさる事ながら人々が棺を運ぶシーン、ネズミの群れ、など見せ方が芸術的で印象的なシーンが多い、自然の情景なども美しさと同時に畏怖
>>続きを読む

狼の血族(1984年製作の映画)

5.0

もふもふわんこがいっぱいでかわいい🐺

町のセットなんかもミニチュア感があってかわいらしい

売りである人間から狼になるシーンのインパクト最高!

回転(1961年製作の映画)

5.0

歴史的傑作!

なるほど黒沢清監督の心霊描写の原点はここか!と同時に1960年代の時点でもう既にホラー表現の多くが確立されていた事に驚く

とくにやっぱ黒いドレスの女が湖の辺りでただ立っているシーンの
>>続きを読む

狼の時刻(1966年製作の映画)

5.0

なんか同監督の仮面/ペルソナと近いものを感じた

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

5.0

初ベルイマン!

ちょっと想像以上に凄かった、冒頭の映像からもう既にただ事ではない、ベルイマンの映像センス半端ない👀‼

一見意味がわからない冒頭に流れる映像の羅列も本編を見ているとだんだんと理解でき
>>続きを読む

タイム・オブ・ザ・ウルフ(2003年製作の映画)

5.0

傑作!

ハネケ監督による終末世界映画!

ハネケ監督のタッチで食糧難に陥り極限状態の人々が描かれる

冷たさと同時に人の温かさみたいなのもあって良かった

ラストの炎🔥のくだりがこれまた暖かくも切な
>>続きを読む

巨大アメーバの惑星(1959年製作の映画)

5.0

火星のビジュアル面白い!

そして何といってもパッケージにも出てる火星のコウモリグモがめちゃくちゃかわいい🦇🦀💕

傑作!

人類SOS!(1962年製作の映画)

5.0

大傑作!めちゃくちゃ面白かった!

ただでさえ宇宙から植物怪獣が襲ってくる((🌵))と言うプロットの時点で面白いのにそこに流星雨の光を見て失明してしまった人類☄️という設定が加わる事でより一層スリリン
>>続きを読む

極道恐怖大劇場 牛頭(2003年製作の映画)

5.0

これは大怪作!!!!

マジで何を見せられてるんだw

そして映像特典のメイキングがこれまた楽しげw

リサイクル -死界-(2006年製作の映画)

5.0

正直全体的に演出がクドすぎるけどなかなか面白かった!

とりあえずもう世界観というか異世界の描写が最高!

ターセム・シンのザ・セルとかが好きな人は多分ハマると思う異界ホラーの傑作!

マスターズ・オブ・ホラー 恐1グランプリ 世界の終り/魔女の棲む館(2005年製作の映画)

5.0

ジョン・カーペンター『終末の世界』🎞️
監督の作品だとマウス・オブ・マッドネス系統?
呪いのビデオみたいな見たらヤバい系の曰く付きのビデオとかフィルムみたいなのすごい好き

スチュアート・ゴードン『魔
>>続きを読む

インプリント ぼっけえ、きょうてえ(2005年製作の映画)

5.0

なかなか面白かった最高!

髪の毛が赤だったり青だったり日本描写のビジュアルがポップで面白い

拷問シーンは痛そうすぎて目を背けたくなった😣爪と指の間って1番痛いらしい😱

あとなんも知らずに見てたか
>>続きを読む

感染(2004年製作の映画)

5.0

落合 正幸作品2本目の鑑賞
『催眠』に続きかなり面白かった!
内容的にも人間の"意識"下の話が根底にあったり『催眠』の姉妹作っぽい印象

全体的に一応パンデミックもののような印象だけど心霊ホラー的なシ
>>続きを読む

催眠(1999年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ面白かった傑作!
とりあえずもう黒沢清監督の『CURE』が好きな人は見るべし!(逆も然り)
ストーリーもそうだけど大杉漣とかでんでんが出てるあたり多分確信犯

とはいえCUREと違ってあか
>>続きを読む

リバイアサン(1989年製作の映画)

5.0

久しぶりのクリーチャー映画😊
内容は海底版『遊星からの物体X』といったような雰囲気🐟🐙
セットの作り込みや潜水服のデザイン、クリーチャーの造形も素晴らしく、ハラハラさせる展開が多くてなかなか面白かった
>>続きを読む

セブンス・コンチネント(1989年製作の映画)

5.0

再鑑賞_2023.9.14
初期ハネケ作品いつまで経っても配信もないしソフトの再販もないのでDVDを借りて再鑑賞

人の死ぬ瞬間をまじまじと見せられているようで何度見ても辛い映画

死について考えさせ
>>続きを読む

女優霊(1995年製作の映画)

5.0

言わずと知れた日本幽霊映画の傑作👻
前からずっと見たいと思っててようやく見ることができた
まずキャストに柳ユーレイに大杉漣と北野映画キャストが出てるのが良かった
映画制作の話っていう構造も面白い
霊の
>>続きを読む

The Reflecting Pool(原題)(1979年製作の映画)

5.0

最近見た映画でこの短編作品を思い出す描写があったので再鑑賞

やっぱこの不思議な感じたまらない

ベンチ No.0458(2014年製作の映画)

5.0

Ivan Maximov作品特有のいろんなユニークなキャラクターが出てきてとにかく見てて楽しい

やはりアニメはもっと自由であるべきと感じさせてくれる

大いなる幻影 Barren Illusion(1999年製作の映画)

5.0

傑作!

ビル・ヴィオラのアート作品のように姿が消えていく主人公

コピーの向こう側に立つ幽霊のように見える女、そのあとコピー機から出てくる黒く塗りつぶされたコピー用紙

公園でボールを蹴って遊ぶ2人
>>続きを読む

エレファント(1989年製作の映画)

5.0

なんだこれは👀❗️

セリフ、BGM、ストーリーは一切なく、ただ人が歩いてきて銃で標的を撃ち殺し去っていくという内容の30分程度のオムニバスショートムービー

とにかく淡々と映像が進み突然人が撃ち殺さ
>>続きを読む

復讐 THE REVENGE 消えない傷痕(1997年製作の映画)

5.0

これもまたとんでもない大傑作!

復讐シリーズの二本目で、一作目は高橋洋、二作目は脚本も黒沢清という構成は蛇の道/蜘蛛の瞳と通じる

蜘蛛の瞳同様、今作も個人的に一作目の高橋洋脚本よりも二作目の方が好
>>続きを読む

復讐 THE REVENGE 運命の訪問者(1997年製作の映画)

5.0

これまた大傑作、めちゃ面白かった

冒頭からなんかイーストウッドというかペキンパーというかフリードキンというかなんか暗めの西部劇っぽい雰囲気を感じた

年代的にCUREの後なのか前なのかわからないけど
>>続きを読む

ワイルド・アット・ハート(1990年製作の映画)

4.0

パッツンパッツンのストッキング被って銀行強盗するシーン好きすぎる。そのあと警察が来て外出てきてショットガンで自分の頭吹き飛ばすシーンまで最高

エレファント・マン(1980年製作の映画)

5.0

久しぶりのリンチ映画
随所にデヴィッド・リンチだなぁと感じる部分があるのがまた良い

>|