おげんさんの映画レビュー・感想・評価

おげん

おげん

恥を捨ててレビューを書いてます!評価は甘め。

映画(789)
ドラマ(6)

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.6

クオリティの高いハードボイルド・アクションなんだけど、前作が面白すぎたし、前作のようなものを期待していたので少しガッカリ。終盤の戦いは疲れた。

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.8

ほんとによくある感じのラブロマンスをただ全員アジア人にしたというだけの映画。でもよくあるラブロマンス大好きだから普通に楽しめた!

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.6

ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督じゃないので、どうかと思ったが、面白かった!吐き気を催すほどえげつないテロリズムから始まり、社会派映画の様相を見せながらエンタメ性もちゃんと含まれてる感じ、ズルいわ!あとベニ>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

面白い!フレディには申し訳ないがストーリーは王道中の王道といったところ。ただ、クイーンの音楽が圧倒的すぎる!ラミ・マレックも良いし、LIVE AIDのシーンは泣いた!

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.5

前作から方向転換しすぎでは?多すぎる登場人物と複雑なストーリーについてけない。しかも語りが多くてダレる。分厚い原作を2時間にまとめてしまってガッカリした劇場版ハリーポッターと同じ感覚の展開の速さ。ただ>>続きを読む

近松物語(1954年製作の映画)

4.5

劇場で観るチャンスを待ってた溝口作品。正直者がバカをみるのは今も昔も変わらない。簡単に言うとラブロマンスなんだけどこんなに感動させられてしまうとは。映像が素晴らしすぎるからなのか。

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.9

面白いんだけど、最も残虐ではないね。どちらかというとヴェノムは素直ないい子だよね。初めからバディ・コメディとして作った方が良かったのでは…シリアスダークヒーロー物として見ちゃうからストーリーの粗が目立>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

面白い!新時代の映画であることは間違いない!でも実際、全編PC画面の必要ある?と思ってしまった。ディスプレイの中を縦横無尽にカメラが動き回るし、いろんなPCに移動したりスマホにまで移動しちゃう。アンフ>>続きを読む

ATARI GAME OVER アタリ ゲームオーバー(2014年製作の映画)

3.8

面白い!レディプレイヤーワン好きな人は間違いなく楽しめる!伝説のクソゲーと名高い「E.T.」探しを中心に、Atariに人生を掻き回された人たちの栄光と挫折を描く。なかなかに切ないドキュメンタリーだった>>続きを読む

エンジェル ウォーズ(2011年製作の映画)

4.1

めっちゃ面白いじゃん!ザック・スナイダーのほかの映画見る前に見ときたかった。映像が馬鹿みたいにカッコいいし。ザックの趣味全開なところも大好き。

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

3.7

好きな映画。クレアがちょーかわいい。クレアの家でのどったんばったん大騒ぎシーンがめっちゃ面白い。

アンフレンデッド(2015年製作の映画)

3.6

面白い!始めは画面の中だけで繰り広げられるという新鮮さもあり、めっちゃ面白いんだけど、進むにつれてどんどん飽きてくる。この形式の新しい面白い映画が出てくることに期待。searchもめっちゃ期待してる。

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

4.1

大傑作!王道中の王道!大号泣!3Dのディズニーに見慣れすぎちゃって始めは違和感あったけどそんなのはすぐ消えます。これリメイクしそうだよね。

コラテラル(2004年製作の映画)

4.4

めちゃめちゃ面白い!殺し屋トムクルーズとタクシーの運転手ジェイミーフォックスの一夜の出来事。トムクルーズが一貫してクズなのも面白いし、2人の間に芽生える不思議な関係や、ジェイミーフォックスの変化がめち>>続きを読む

山椒大夫(1954年製作の映画)

4.4

ヴィクトル・エリセが多大な影響を受けたという本作をやっと観れた!なんてひどい話なんだ…残酷で不条理な世の中で、尊厳を捨てずにどうやって生きて行けばいいのか…圧倒的な映像の美しさも相まって涙してしまう。

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

3.7

これもポップなLGBT映画。主人公のクセが強すぎてあまり共感はできないけど、悩める若者の危うさがよく描かれていると思う。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

めちゃめちゃ面白い!全く新しい映画体験!スクリーンの誰もが息を潜めて映画を見るという面白さ!静けさとうるささの対比が素晴らしい。ストーリー展開のためだけにミスって音出しちゃうのはやめてほしかったなー。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.6

仕事が全てじゃないよねって言うのが全面的に押し出されてて、ちょっと辟易するけど、終盤の展開は普通に感動しちゃった。プーさんみたいな生活楽しいだろうなぁ。

ブッシュウィック-武装都市-(2017年製作の映画)

3.6

割と現実にありそう!長回しにするための違和感のあるカメラワークと、チープな合成にちょっと冷めちゃうけど、普通に面白い。

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

4.2

なぜゲイだけがカミングアウトしないといけないのか、というテーマを掲げながら、青春娯楽映画としてめっちゃ面白いっていう傑作。こういうメッセージと娯楽が両立出来ている映画を劇場で公開しないって信じられない>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

4.1

アンダーザシルバーレークのデヴィッド・ロバート・ミッチェル!新学期が始まる直前のお泊り会。青春時代は、急いでも急がなくてもすぐに過ぎ去ってしまう。しかも急がなくて良いというのに駆け出してしまうんですよ>>続きを読む

呪怨(2002年製作の映画)

3.7

Jホラーにハマったみたいです。これも良作でした。オムニバス形式で、伽倻子と俊雄がどこにでも出てくるのがほんと怖い。奥菜恵と伊東美咲がびっくりするくらい可愛い。

リング(1998年製作の映画)

4.0

これも素晴らしいJホラーですね。怖いシーンだらけだったんだけど、1番最後が1番ゾワっとしましたね。

仄暗い水の底から(2001年製作の映画)

4.0

これがJホラーか…しょっぱなからめちゃめちゃ怖い。ジメッとした感じが気持ち悪い。でもめっちゃ面白い!感動した!

インシディアス(2010年製作の映画)

3.6

死霊館とほぼ同じ内容。これもめっちゃ怖かった。

死霊館(2013年製作の映画)

3.6

ジェームズ・ワン監督作。安定感のあるホラーだった。めっちゃ怖い。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.7

1作目に見劣りしないいい映画だった!また時間空いてもいいから、続編やってほしいね。

好きだった君へのラブレター(2018年製作の映画)

3.5

良作でした。こういう映画の主人公はだいたいジョンヒューズ好きだよね。僕も好き。

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

4.1

好きだ…くたびれたシャーリーズ・セロンは見ててけっこうキツいけど、素敵な希望を見せてくれる。公式サイトにちゃんとした解説が載ってるんで、読んでください。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.6

ゾンビ映画大好きなんで、期待値MAXで観に行ってしまった。間違いなく面白いんだけどちょっと拍子抜け…伏線を回収する緻密に練られた脚本と、ホットパンツが素晴らしい。

追想(2018年製作の映画)

3.7

好き。お互いが前進するために必要な別れもある。追想ってタイトルは絶対間違ってる。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.8

トム・クルーズやっぱり大好きだな。147分のうち90%はアクションシーンだったんじゃないかな。もうちょいミッション・インポッシブルっぽいカッコいいガジェットを使った緻密な潜入とか見せて欲しかったなー。

トップガン(1986年製作の映画)

3.7

午前10時の映画祭にて再鑑賞。トムを一躍有名にさせた本作。自分の親世代は夢中になってたんだろうなー。王道中の王道の展開にはわかっていながらニヤニヤしちゃう。音楽もめっちゃいいけどかなりクドい!

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.3

家族愛をメインに持ってきてるのがいいね!入場者特典でMCU10周年のポスターもらったけどクオリティ低すぎないですか…?

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

4.2

マイルを貯めることだけが生きがいの、スーパーミニマリスト主人公が大切なものに気付くまでを描く。残酷なエンディングだけど、いい終わり方だなー。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.7

オーシャンズは安定して面白い。ソダーバーグが監督じゃないんで、少し不安だったけどぜんぜん問題なかった。9、10、も楽しみにしてます。

>|