Garuさんの映画レビュー・感想・評価

Garu

Garu

ファーザー(2020年製作の映画)

3.8

第三者視点で見る混乱

絶対的な死の恐怖の次に怖い、本当は誰もわからないはずの世界。
想像することが恐怖であり、本人にとっては否定されることが恐怖だ。

アンソニー・ホプキンスさんの素晴らしい演技と今
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

4.0

移籍後即結果を出す選手(監督)

前よりはるかにおもしろい。
まずキャラがいっぱいいるみたいだけど大丈夫かな?わけわからなくならないかな?が全く大丈夫だった作りが素晴らしい。

前作から続投の人も思い
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

3.7

もはや孤狼でもヤクザでもない

義理や人情とか任侠的な事がほとんどない。せごどんこと鈴木亮平さんがイカレまくりだ。松坂桃李さんと鈴木亮平さんを堪能する。

イカレせごどんはずっと見応えがあるが、終盤の
>>続きを読む

ブレイブ 群青戦記(2021年製作の映画)

3.0

知略・戦略は!

どうしてもそれでは勝てないよ感がすごい。原作もだけどもっとシリアスな感じにしたら面白いような気がする。

書き忘れレビューシリーズ。

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.5

王道ストーリー

昭和ヤンキー漫画を読んでいるかいないかで面白さが違う。そしてOLの仕事こなしてる所が良い。

バカリズム先生のお戯れ。

書き忘れレビューシリーズ。

アフリカン・カンフー・ナチス(2020年製作の映画)

2.5

アカンテやらなアカンテ!

低予算どころか「映画やってみた」感や!
アクションはゲームみたいやけどなかなかのもんやで!
あんなヒトラーも初めてやし、あんな東條英機はもっと初めてやで!

Tシャツ買って
>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

3.7

トム・クルーズ化進行

足場アクションなど原作のふくらまし方が前作より良かった。前作のイケメンパラダイス状態なふくらまし方より良い。

妹のアクションシーン原作でも好きだったが、映画でもばっちりカッコ
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.3

騙されたか忘れる

大泉洋さんをイメージして描いて、大泉洋さん主演で映画化ってすごいな。

スピード感が逆に良くなかったような。きっと原作から削ったと思うが、やっぱり内容が薄く感じてしまう。
ドラマで
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

3.8

ハダシでビート板のブルーハワイ

終盤のあの展開は個人的にはちょっと微妙かなと思ったが、展開関係なくその後のアクションすごく良い。

ほっこり青春ストーリーの影に隠れるリアルで恐ろしいテーマ。

昔な
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

3.8

フェーズ4ナターシャ着地

普通に安心して観れる。一番普通の人間の話だからか、知っている喪失感がより強いからか。

レッドガーディアンやウィドウの話が、なんとなく実際の歴史と関係を持たせているのが良い
>>続きを読む

アジアの天使(2021年製作の映画)

3.5

メクチュチュセヨ(覚)

もっと日韓がぶつかり合う展開が欲しかった。意外とすぐに、そこはなんとなくな感じで進んでいった気がした。

ぶつかる合間にラストシーンみたいなのをもっと挟みつつ、目的と心境を見
>>続きを読む

茜色に焼かれる(2021年製作の映画)

3.8

大不運大理不尽

我慢して我慢して卑怯なことはしないで頑張るその限界がやってくる。

母子の希望とダークサイドの入口のような展開が良い。こんな展開・結末の邦画はあまりない気がする。

あいつら全員だけ
>>続きを読む

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから(2019年製作の映画)

3.4

ゾルタンとシャドー

ラファエルのダメさもそこそこだったり、ちょっと笑えるとこもあったり上手いこと出来ていた。

良くも悪くも色々言われそうなタイムリープものなだけに嫌われないようバランスをとっていた
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.7

優しい男達が助けてくれる…

タイトルのセンスも凄いし、主人公の見た目も含めた設定も良く出来ている。
「リベンジウーマン」みたいな邦題つかなくてよかった。
現実のMeToo運動の果てがこれしかなかった
>>続きを読む

17歳の瞳に映る世界(2020年製作の映画)

4.0

Never Rarely Sometimes Always

原題が出てくるシーンすごい。基本的に直接的に描かれないことが多いが、そのシーンでうったえる事がすごい。主人公の彼女の事、そして世界中にいる
>>続きを読む

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

3.2

ピンとこなかった

劇場版じゃないやつ?を観てないからいけないのか、良くわからない事が色々あった…

とりあえずあの戦争を詳しく知りたかった。どういう戦争なのかとか。少年(少女)兵とかまで必要な戦争っ
>>続きを読む

いとみち(2020年製作の映画)

3.9

口もごもご最高

出演者が見事にうまい事みんなハマっている感じがした。

そして津軽弁にあえて字幕を入れないのが良かった。きっと製作段階で問題になった気がするが、字幕出さなくて正解だと思う。
何言って
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.7

あややがいた

学生時代ではない“あの頃”って言うのが面白い。だいたいみんなそれぞれの心にあるあの頃の事を思い出すような出さないような。

絶妙な配役良かった。みんな上手い。
恋愛を軸とした作品が多い
>>続きを読む

少年の君(2019年製作の映画)

4.5

This used to be our playground.

なんて素晴らしい熱い映画。
ベタなストーリーや構成すらわかっていてやっているんだろう。それを上回るものがあるから。
画期的な撮影方法
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.5

スケッチ描けるようになりたい。

面白かったが、やっぱり予告編で見せ過ぎのような気がする。
途中の普通ではあまりなさそうな告白と、その後の展開はビックリしてハラハラして良い。
ただ、終盤の警察のポンコ
>>続きを読む

RUN/ラン(2020年製作の映画)

4.0

雰囲気すらネタバレなしで観たい

何より車椅子だからこそのアクションスリラーなのがすごい。やらなければいけないミッションの難易度が相当高い。
ただ家から出るだけなのに面白いスリルを味わえる。

後で知
>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.7

ビヨンド・ザ・シー

想像より見応えがあった。前日譚パートもよかった。一気に緊張感が出るし、続編だからこその切なさもあった。

じっくり進行して行く物語。次回も期待。
子供たちとキリアン・マーフィーも
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.4

バチボコ

終盤のバチボコヤンキー漫画、もしくはグラップラー刃牙状態の部分だけで満足した気になるし、そこだけでいいかもしれないし、逆に言うと他がいらないとも言える。

裏ゾッキ(2021年製作の映画)

3.2

蒲郡パワー

序盤に確か山田監督と斎藤監督が言っていたそんな感じの映画ではない、コンビニに行くような映画?みたいなこと言ってたのが確かにそうだなぁと思って、結局最後まで思ってしまった。

映画史に残る
>>続きを読む

ゾッキ(2021年製作の映画)

3.6

ぶぁんくん!

短編の作品集をスター3監督が手掛け、それに上手く脚本で繋がりを出した。エロ本も。

色々な人がキャスティングされていて面白かったが、九条ジョーさんの伴君が最高の出来だった。まさかのキャ
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

3.6

剣は凶器、剣術は殺人術

今作を知った時、ここの話を丸々一本やるのは良いと思った。原作もここの話すごく良いし、なにより「最強の人斬り」が観れる。

有村架純さん、高橋一生さんもさすがの存在感だった。
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.4

虎伏絶刀勢はしたのかな

アクションがすごいし、縁も原作より強そうなくらいだった。
しかし前回のシリーズを超えるほどではない。凄いが想定内な感じか。

土屋太鳳さん出したくて伊勢谷友介さん出したくない
>>続きを読む

天国にちがいない(2019年製作の映画)

3.9

自分バージョンみてみたい

観る人によって好きなシーケンスがそれぞれありそう。
パリカフェモデルショーよかったなぁ。基本的にちょっとバカにしてるやつ面白いなぁ。

人によっては退屈な映画だが、逆に意図
>>続きを読む

ルクス・エテルナ 永遠の光(2019年製作の映画)

3.5

天才変態

ミニシアターで終盤誰か倒れるんじゃないかと思いましたよギャスパー・ノエ先生。

書き忘れレビューシリーズ。

Arc アーク(2021年製作の映画)

3.5

変なポーズで固められたらどうしよう

「プラスティネーション」のポーズ決めるところの舞い(?)みたいなの面白い。芳根さんも寺島さんも見せどころだった。
だけど施設自体や、出会いのパーティーみたいなとこ
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.7

プールでビールをループしたい

序盤のまだわけがわからない頃のシーンも実はしっかり意味があったり、コメディテイストだがしっかりできていて楽しめる。終盤のになるにつれて思わず素敵なシーンもある。

タイ
>>続きを読む

わたしの叔父さん(2019年製作の映画)

4.0

ヌテラ

こちら側にある程度物語を考えさせるのが上手い。
なぜそうするのか。なぜそうなったのか。日々のルーティーン通り生活していても、物事は変化して行く。

少しおかしくて心地よい作品。
ランチデート
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

3.6

お疲れ、全てのエヴァンゲリオン

エヴァ好きの人に会ったらあれもこれも聞こう。スコアあがりそう。
「第3村」って言う話作ったらおもしろそう。


書き忘れレビューシリーズ。

海辺の彼女たち(2020年製作の映画)

4.0

内容も映画としてもどう捉えるか

労働環境や人種問題などの話かと思ってたらちょっと違った。
物語は素敵な話ではないのだが、その少しのズレで人の心に深く潜り込む物語となっていた。

あまり出てこない日本
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.7

またひはのぼる

特に何もないようなものなのだが、現実の一つの出来事と心の一つの出来事を中心に、ノスタルジックな気持ちに浸れる。

元が舞台劇みたいだけど最初のシーケンスはすごく舞台っぽい。その後変わ
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.8

卵のピクルスとビール

序盤心配になる頭の中の人物相関図。だが意外としっかりと理解できるのが良い。さすが。
物語の世界が狭く、実は簡単な話だからなのもあるかも。

主要メンバーみんなカッコいい。チャー
>>続きを読む

>|