ちゃんしーさんの映画レビュー・感想・評価

ちゃんしー

ちゃんしー

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

3.5

原作を読んだからこそ感じたのは、環奈にあまり焦点を当てられてなかったな〜という物足りなさ。
でも我聞さんによって、この作品が重くなりすぎず温かい作品に仕上がったのは、本も映画も共通だったな。
いや〜我
>>続きを読む

空に住む(2020年製作の映画)

4.0

レビューはあまり高く無いけど、読み手に解釈を任せてる感じが私は好きでした。
この作品の魅力は、見終わった後にじわじわと伝わる点にあると思います。
日常のふとした瞬間に「あのセリフってこういうことだった
>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

3.9

『ほとんどの好きって表立ってやりとりされないものでしょ』
染みる〜っ

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.9

若気の至り、吉沢亮のメンヘラ映画。
大学生の「あるある〜」を全体的に誇張してる。
完全に予告編詐欺だったな〜

後味からじわじわ考えさせられる映画。

(2020年製作の映画)

4.5

壮大すぎて2時間に収めるのはもったいない作品。
映画見た人は、是非原作も読んでほしい。

直樹(成田凌)利子(二階堂ふみ)玲子(山本美月)水島(斎藤工)それぞれの登場人物にも、それぞれの人生があって、
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

3.4

重いストーリーなのに淡く綺麗で爽やか。
思いを馳せているあの人に、手紙を書きたいと思える作品。
最近は、叶わぬ恋を綺麗に描く恋愛映画が非常い気がするなぁ。
こんな大恋愛してみたいって思ったけど、自分が
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

4.2

原作がすごく良かったので、7月17日に公開されることを知ってすぐに見た。
人っていうのは、簡単じゃなくて、難しくて、めんどくさい。
好きなのに、うまくいかない。人生ってそんなことばっかり。
永田はちょ
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.3

柄本佑くんの気怠さ、安定感、抱擁感がとてもいい。
友情、恋愛、いろんな感情が混じり合って、
交錯して、はっきりしないまま時間だけが進んでいく。
遊びに明け暮れる3人の表情からは、いつも何かを悟ったよう
>>続きを読む

楽園(2019年製作の映画)

3.8

人が抱える闇を体現してる。
過疎集落に対する偏見が強まってしまわないか少し心配だなぁ
「怒り」同様の胸糞悪さがあった。

君の名は。(2016年製作の映画)

-

3年ぶりの鑑賞。
胸の奥で詰まるような感情。なんなんだろう〜

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

4.2

この爽やかさ、いいなぁ
自分の見ている世界がいかに狭いか思いらされる。
染谷くんがいい味出してる。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.7

若気の至りだな〜
2人のラインのやりとりは共感性がありました。
水原希子適役すぎ。

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

4.2

序盤の石田ゆり子の「焦ると幸せが逃げちゃう」この台詞が個人的には印象的。

パリの街並み、季節の描写、映像とストーリー展開ともに美しかったです。

億男(2018年製作の映画)

4.1

評価が分かれる作品ですが、私は良作だと思いました。笑
お金に対するメッセージ性が高くて、お金を上手に使える人になりたいなと思いました〜
高橋一生くんはやっぱりかっこよくて好き

神様はバリにいる(2014年製作の映画)

3.8

原作が好きなので鑑賞。本の方がもっとぎっしり兄貴を教えが詰まってます。

九月の恋と出会うまで(2019年製作の映画)

3.6

andropの「koi」という曲が好きで、映画も鑑賞しました。
ストーリー展開はありがちなタイムパラドックス系でしたが、個人的には秋を匂わせる描写と、春奈ちゃんの服装が良かったなぁと。(笑)
見どころ
>>続きを読む

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.2

キャストが豪華で、かなり前から広告も見てたので期待値が高かった分、惜しかったって感じです。宮沢りえは圧巻でした。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.4

生活感の演出、セリフの言い回し、音楽、完璧でした。でも、、、でも、、、主人公の朝子を見ていると、自分自身が持つ黒い闇を見ているようで途中目が当てられなかった。見ててイライラするけど、そうなんだよなぁ、>>続きを読む

>|