Hipoさんの映画レビュー・感想・評価

Hipo

Hipo

  • 737Marks
  • 197Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

影裏(2020年製作の映画)

3.0

主演二人の世界観と存在感で成り立っている感じ。全体的にずっと暗くて波がなく、退屈な感じが。緩急がないから一度観ただけではポイントが掴みづらかった。

ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ(2009年製作の映画)

3.4

表現したい所は分かるし、俳優陣もそれぞれ豪華。でもあの時代の文学的作品は、映像にするとどこか無理が生じるというか。それはどうやっても相容れない物があるというか。難しい。それにしても皆さん色気ある。

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.4

本当は新しい命が誕生するかも知れなかった。現実は厳しく。主人公から脇役へ、脇役から主人公へ。許してくれる存在が、受け入れてくれる存在がいて、自分が許す事も受け入れる事も出来る様になる。でももう一捻り欲>>続きを読む

ロックンロール・ストリップ(2020年製作の映画)

3.8

ジャルジャル後藤さん主演作で、前から興味はあったけど予想以上に面白かった。ありていのコメディかと思いきや、しっかり見せる部分は見せ、ドラマとしても良かった。脇役の方々もいい感じに目を引く。坂口涼太郎さ>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.6

小学生の時一度茶道の体験をした。道、とつくものは何であれ心を整える。樹木希林さんの演技はやっぱり素晴らしいし、その奧が見える様で見えない様なバランスが何とも言えない。のんびり、ゆったり鑑賞出来る映画。

決算!忠臣蔵(2019年製作の映画)

3.4

着眼点は良いと思った。お金の面から見た忠臣蔵、そしてそれをコメディで描くというのも。でも何だか惜しい。俳優陣が豪華なのに、生かし切れてないというか。最近時代物のコメディが多いけど、どれもあまり変わり映>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.0

良かった!でもとても痛くて悲しい。その痛みに胸が抉れてしまうような、そんな生々しさ。辛いけど目を逸らせない。苦しいけど見ない振りは出来ない。
主演の二人が素晴らしく(皆んな良い)、特に蒼井優さんがすご
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

2.6

怖い物見たさみたいな感じでとりあえず。それ以上でも以下でもない。
ただこの映画を見て「CATS」をこういう物だと思ってしまう人がいたらそれは本意ではないというか。
これは映画でなく、やっぱりミュージカ
>>続きを読む

杉原千畝(2015年製作の映画)

3.5

この映画が出来るまで存在も知らなかったけど、こんな時代にこんな方がいらっしゃったというのがただただ誇らしい。

15年後のラブソング(2018年製作の映画)

3.5

気軽に楽しめる作品。所謂一発屋でもそれなりの魅力があったのはきっと事実で。作品は自分の手を離れると、自分の思いとは全く姿形を変えてしまう。時を経て過去の自分の作品と客観的に向き合うとまた新しい物が生ま>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

3.8

とても複雑な気持ち。命を宿す事は素晴らしいし、奇跡的な事には違いない。ただそれは新しい命を守るべき責任や立場も生じてくるから、手放しで喜べる時ばかりではない。正しさや良し悪しは誰が決めるのだろうか。幸>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.8

同じような境遇でも、見た目や立場・セクシュアリティで受ける物も考え方も違う。
理不尽な差別や偏見を受けながらもインテリジェンスを何とか保とうとする姿も、生き抜く為に本能的に行動する姿も、どちらも正しい
>>続きを読む

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

3.8

『ジュディ・虹の彼方へ』
子供の頃にかけられた呪縛は大人になっても中々解けない。根が深ければ、もっとその呪縛は強力になってしまう。その苦しみと踠き。昔のイメージを抱えなければいけない重圧。
加えてレニ
>>続きを読む

ヒトラーを欺いた黄色い星(2017年製作の映画)

3.6

こういうの、ちゃんと生き延びてくれて、こうして話をしてくれる人がいるというのが奇跡的。

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

3.8

「喜劇愛妻物語」
リアルで、生々しくて、悲しいような幸せなような、温かいような、やるせ無いような。面白かった。
誰かと一緒に暮らすと言うことは、当たり前の存在になるということは、男と女は。上だったり下
>>続きを読む

グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇(2019年製作の映画)

3.3

ドタバタコメディ。俳優陣は豪華、それぞれの演技力もピカイチ、なのに映画としては光るものに欠けるという残念な印象。小池栄子さんのダミ声が最後までしっくり来なかった。魅力的なんだけど。

ポップスター(2018年製作の映画)

3.0

うーん、的を得なかった。全然ポップでもなかったし。最後に音楽推しなのも…もったいなすぎた。

嘘八百 京町ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.3

俳優陣はすごくいいのに、単なるドタバタコメディの印象しか残らなかった。もったいない。

音楽(2019年製作の映画)

4.0

『音楽』
全然知らなかったアニメ映画。何気に観たけど面白かった。シュールでそっけないのに熱く、分かりやすくて本質を突いている。音楽だし青春だし、アート。超お勧めとか超面白かったとか、そういう感じでは全
>>続きを読む

ニューヨーク・ニューヨーク(1977年製作の映画)

3.4

『ニューヨーク・ニューヨーク』
恥ずかしながら、見終わった後で主演がロバート・デニーロだと知った。なるほど、あの色気はそういう事だったのかと納得。時代や若さの所以。勢いもノリも時として大事だし、それが
>>続きを読む

ムーミン谷とウィンターワンダーランド(2017年製作の映画)

3.3

『ムーミン谷とウインターワンダーランド』
思ったより色んな要素を入れ込んでた。パペットアニメーションだし、個人的にはじっくり観るというより、気軽に眺める感じでそれがよかった。アニメとはキャラの感じが違
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

3.5

『ラストレター』
ちょっと前から気になっていた作品。
俳優陣も豪華でそれぞれの演技が素晴らしく、世界観も岩井俊二さんらしい空気を感じられる。それらが良い分、もう少し上を期待していたのも正直なところかな
>>続きを読む

>|