BOOMさんの映画レビュー・感想・評価

BOOM

BOOM

映画(176)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

4.3

自分は一体なにを観せられてるんだと思いつつも、演出や音楽、独特な間の使い方が上手くて魅入ってしまう。

正直なところ怖いというよりも笑える作品で、特に熊の使い方は思わず噴き出してしまうくらいツボ。
>>続きを読む

サーホー(2019年製作の映画)

3.8

どんでん返しと裏切りのつるべ打ち!

シーンごとに工夫を凝らしたアクション!特に鎖での大立ち回りが最高!

と、見所は多いけどツッコミどころや間延びしてる感も否めないかな。

ジェットマンが文字通り浮
>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

4.3

映画全体を取り巻くゆるさと独特な間、やたら細かい作画にとにかく惹かれる。

何となく始めたことが何となく楽しくて何となく飽きる。別に立派な志なんて無くてもいいと言わんばかりの良い意味でのいい加減さ。
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.2

音楽や踊りは国境を超える的なものかと思いきや、戦時下の収容所を舞台にしたゴリッゴリの戦争映画でした。

前半は笑えるし、タップダンスも観ていて気持ちがいい。

後半はとくかく心が抉られる。タップシュー
>>続きを読む

劇場版 Gのレコンギスタ II ベルリ撃進(2020年製作の映画)

4.5

富野監督らしく空間をいかしたテンポの良い戦闘はいわずもがな、TV版であっさり目だったデレンセン絡みの描写やベルリの心情、それを知ったケルベスの括入れなど、それを観たかったんやというシーンがモリモリで見>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.3

不憫な人を演じさせたら右に出るものはいないんじゃないかというくらい、ポール・ウェルター・ハウザーがハマり役。

メディアや権威を持った者のありかたを考えさせつつ、ストーリー運びにも隙がない良作。

>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

4.0

かっこかわいいシャーリーズ・セロンを堪能しつつ、これでもかという下ネタのつるべ打ちに思わず笑ってしまう。

本作で描かれるある種の理想的なまでの多様性は、今の世界ではまだまだ実現できないかなーとも思う
>>続きを読む

テルアビブ・オン・ファイア(2018年製作の映画)

3.8

歴史の中で根付いた国や人種の対立の狭間で出来上がっていく脚本のグダグダっぷりが笑いを誘う。

最後に爆笑をかっさらていく誰も傷付けないオチは見事。

あと、フムスが食べてみたくなる。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.3

第二次世界大戦下のドイツをジョジョの目線でコミカルに描きつつ、後半30分で見えている世界がガラリと変わる展開は鳥肌もの。

毒気とユーモアと風刺たっぷりの脚本と出演陣の演技力がたまらんかった。

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.8

男達の友情とル・マンのレースシーンがとにかく熱い。

ドルビーシネマで観たから、腹に響くほどのエンジン音がたまらんかった。

間違いなく今、映画館で観ておくべき作品。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.7

怒濤の展開すぎて多くは語れないけど、毒気のある脚本と演出が見事としかいいようがない。

思わず笑ってしまったし、思わず息を飲んでしまった。間違いなく今年ベスト級の作品。

だれもが愛しいチャンピオン(2018年製作の映画)

3.7

 知的障害をテーマにしながら、押し付けがましいメッセージもなく笑って泣けるハートフルコメディ。

 チームメイトを演じた10人の知的障害者の方たちはしっかりと「演技」が出来ていることこそが、彼らが「他
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.2

 あくの強いキャラと小気味良くフリを利かせたギャグ、終盤のカタルシス溢れるアクションが見事。終始、笑いっぱなしやった。

 観おわったあとチキンがとにかく食べたくなる。

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.0

 ただひたすら砂の中でもがき続ける様を見せつけられて、なかなか辛かった。

 こんにちの日本でも無視できない問題もあり、胸糞が悪いけど観て良かったと思える作品。