内藤さんの映画レビュー・感想・評価

内藤

内藤

start:2018.8.31〜
暇な時に昔見た映画も記録していこうかな

映画(24)
ドラマ(2)

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

2.0

私は人が葛藤する姿には心を動かされるし、
それを乗り越えて幸運を掴み取る姿には
感動するけど、この映画は全く逆。
彼が優しい・まっすぐなお陰で
幸運が舞い込み続ける。
なすがままの人生のどこに感動すれ
>>続きを読む

ブタがいた教室(2008年製作の映画)

1.0

そもそも豚を食う食わない以前に、
小学生が一日で作った釘の飛び出た小屋で
飼育するってどうなの?土すら無い。

小屋に天井が無いのに、飼育場所は校庭。
ボールが飛んできたらどうするの?
誰かにイタズラ
>>続きを読む

レクイエム・フォー・ドリーム(2000年製作の映画)

5.0

皮肉と依存と破滅が詰まった傑作鬱作品。

単純にドラッグだけが引き金ではなく、
恋愛依存(恋人)、孤独(母)など
様々な社会問題が出てくる。

「パーフェクトブルー」という日本アニメの実写化権を買って
>>続きを読む

サイダーハウス・ルール(1999年製作の映画)

5.0

ラッセ監督は自分の居場所探しを描くのがうまい。
元いた場所へ戻るもの、新たな場所へ旅立つもの、
作品によってラストの選択は違うが、
共通しているのは
主人公が人との出会いを通して
自分の役目、すなわち
>>続きを読む

白鯨との闘い(2015年製作の映画)

4.5

お粗末な邦題何やねん!!
原題は In the Heart of the Sea
どう考えてもこちらの方がシックリくる。

かの有名な「白鯨」の著者メルヴィルには
誰にも言えない秘密があった。
遠い昔
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

「ホラー映画なのに怖くない」
という主旨の感想が目立つが、
ジャンルに囚われるのは
映画を観る上で勿体ないことだと思う。

色んな要素があってこそ一つの映画。

この映画に関しても、ヒューマンあり、
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.0

聖書が前提の話。

神と母なる大地の元へ
アダムとイヴ、カインとアベル、
罪深き人間が次々と押しかけてくる。

こうして映像で見せつけられると
大地にとって人間は全然お呼びじゃないし、
キリストを殺さ
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.0

ビューティフルマインドを見ている人ならば
あまり時間がかからずにピンときてしまうと思う。

それでもハラハラドキドキ感はあったし
デカプーの演技はさすがなので楽しむ事が出来た

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

2.0

中途半端なサスペンス、
今までのコッポラ作品と比べると
物足りないフォトジェニックさ。

描きたい絵は分かるんだけど、
コッポラ作品を追いかけてるファンは
ドレスの少女達(とりわけキルスティン)は
>>続きを読む

インシディアス 最後の鍵(2018年製作の映画)

3.8

ホラー映画で幽霊がやってる事って
生きてる人間が同じ事しても怖いよね。

そろそろお決まりのパターンに
飽きたんじゃない?という
監督の気遣いが感じられた前半部分🙆‍♀️
後半はいつもの感じ👍

ジェ
>>続きを読む

マリー・アントワネット(2006年製作の映画)

3.0

ポップミュージックを使いながら
「ときめく恋愛をしたい」
「パーティーが楽しい」
「美味しいお菓子を頬張った」と
完全にティーン目線でフォトジェニックな場面の数々を映し出すコッポラは
女子に支持される
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

2.0

ただのアクションコメディとしてなら
面白いと思う。
でもこちらは大好きなジュマンジの
続編なので、そのつもりで見るよね。

感想は一言で終わり。
「スゴロクして!!!!!!!!」

ザスーラの方がまだ
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

4.5

バッドエンドとして有名な作品だが
原作はラジオを頼りに車を走らせて終わる。
「hope」がチラつくラストだ。

原作通りのラストであれば
ここまで有名にはならなかったろう。
「盛り上げて盛り上げて呆気
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.0

正に、「美への渇望」。
一つの美が、その美に取り憑かれた者たちを
破滅させていく.....。

自然の美(エルちゃん)は何の不自由もなく
チヤホヤされてきたので
ふんわりしたオーラを出している。

>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.0

オーウェンとブルーが
絆を深めた過去にはジーンとした😢💕
ブルーだからこそ育めた友情。
やっぱりあの子は特別だったのね...♡

JWシリーズは恐竜が脅威というより
人間に利用されて可哀想。

遺伝子
>>続きを読む

ブリムストーン(2016年製作の映画)

2.0

啓示、脱出、起源、報復の4部構成。
宗教って貧民の心の拠り所であり、
権力者の道具なのだなぁと改めて感じた。

やりたい放題の神父
(サスペンス映画でお馴染みの
拗らせ系プロテスタント)は、
自分の事
>>続きを読む

ハロウィン・レポート(2014年製作の映画)

2.0

ハロウィンシーズン限定で開催されるお化け屋敷を車で巡るお話🎃
より過激な演出を求め、気づけば田舎の奥地に。
やがて彼らに不可解な出来事が起き始める...

お化け屋敷がリアルで
疑似体験してるみたいだ
>>続きを読む

アレキサンダー(2004年製作の映画)

4.5

この人物の面白いところは
事実と虚像が混在している部分だと思う。
「英雄」「伝説」「大王」と称される人物だが、
この映画で描かれているのは
常に迷いや葛藤を抱えている姿だ。

それ故自分を英雄になぞら
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

しがらみだらけの閉鎖的な村で
娘をレイプ殺人した犯人を捜す母親。
その過程で人の様々な側面が見えてくる。

偏見、怒り、優しさ、許し。
キャラクターの繊細な心理描写が見事で、
キャッチコピーにあった通
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.5

マジックマイク然りバーレスク然り
ストーリーは二の次。歌とダンスで勝負👯‍♀️
本編を見る事は2度とない。
pvを見れば良いのだから。

あまりにも薄っぺらくて
「見世物小屋結成!」「すれ違う心」
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

1.0

学生向けかなー。
災害が、2人の恋愛を盛り上げる為の
道具になってしまっていて残念。
「気になる!会いたい!救いたい!好きだ!そんなの嫌だ!」
見ていて微笑ましかった。
きっと10代の頃見ていたら
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

こういうホラー映画待ってた。
やれ人形が動いた、取り憑かれた、
後ろに居た気がした系のホラーには
越えられない不気味さがあった。

貧困、魔女裁判、厳粛な宗教、森に潜む影。
不穏な空気が漂う中、家族に
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.0

舞台は「カントリー・ロード」で有名な
ウェストヴァージニア。
南部訛りの英語が飛び交う田舎町。
主人公のチャニング・テイタムも
だらしない体型をした元坑夫⛑
(役の為に10kg増量したんですって)
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

目先の窮地は次々脱していくのに、
後ろからもの凄い速さで絶望が追いかけてくる。
たまに先回りしてくる。

盲目の老人の研ぎ澄まされた聴力を前に、
一歩動く事すらできない。
息をすることさえ恐ろしい。
>>続きを読む