りくがめさんの映画レビュー・感想・評価

りくがめ

りくがめ

映画(107)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.4

余命2年と言われながら40数年も生きたことに先ず驚く。 
そこにはジェーンの愛があったからなのだろうと思う。
エディ・レッドメインの演技も素晴らしい。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.4

香川照之期待を裏切らないネェ。
堺雅人もいい!
冷や冷やしながらも楽しい作品だった。

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.7

笑いと感動
最高にこころ温まる映画に出会えて良かった。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.3

20年以上振りに鑑賞。
ほとんど記憶に残って無かった。
改めて観て、数奇な運命を生きた彼に拍手を送りたい。
最後はちょっと短過ぎる幸せだったな。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

3.6

名作と言われていたが、初めて見た。
140分があっという間だった。
19年、レッドについては40年という気の遠くなる時間を耐えて、最後は罪を裁いて更に勝ち逃げ!
面白かった❗️

フォーカス(2015年製作の映画)

3.0

面白かった。
詐欺師の話はどこまで信じていいのか、結局は信じちゃいけないんだね。
ウィルスミスいつもカッコいいね😊

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

3.3

内容全く知らずに見た。
監督クリントイーストウッド、この人多才だなぁ。
フランキーバリとフォーシーズンズの伝記だったのね。
懐かしい曲ばかりで超お徳に楽しめた。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.0

天才詐欺師の話し。
どこまでか実話なんだろう?
まさか100%?ってことはないだろうけど。
楽しく鑑賞した。

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years(2016年製作の映画)

4.0

ビートルズファンとしても、彼らの活躍と歴史を知る上で、貴重な映像です。
素晴らしい作品です。

ザ・マジックアワー(2008年製作の映画)

3.0

いつバレる?ってどきどきしながらのストーリー展開。
三谷ワールドだね。

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.0

難しい内容だった。
純粋な竹原ピストル、読み切れない本木雅弘の心理。
最後までハラハラしながらみた。

のみとり侍(2018年製作の映画)

2.5

エロとコメディと人情と取り混ぜて、飽きずには見れた。

ジャッジ!(2013年製作の映画)

3.0

馬鹿馬鹿しさ満載、笑えた!
ハッピーエンドハート♥️

ロング・トレイル!(2015年製作の映画)

3.2

以前映画館で観たので2回目。
初老の二人が3,500kmものアパラチアトレイルを完歩できるはずはないと思うが、取り敢えず旅にでて、様々な困難にあいながら旅を続ける。
崖から落たところで、助け上げられ旅
>>続きを読む

大空港2013(2013年製作の映画)

3.0

全編ワンシーンワンカットとはしらすにみた。
竹内結子凄いわ!
一ファミリーでこんなにドタバタあるもんかね。

大空港が松本空港ってのも笑える。

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

1.8

ただゾンビを撃ち殺して終わり?
エンディングくそ。

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

2.9

相変わらずお馬鹿なストーリー。
途中のドタバタはモラルに欠けるけど、何故か解決する。
これはこれでいいのか

茄子 アンダルシアの夏(2003年製作の映画)

3.3

大変よく出来たロードレースアニメです。
声優陣もよい
大泉洋、小池栄子、筧利夫などなど
エンドロールに流れる忌野清志郎の自転車ショー歌も洒落てる

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.0

暇つぶし的にみ始めたら、どんどん引き込まれてしまった。
キャスティングも良かった。
伊藤先生❗️

ザ・ウォーカー(2010年製作の映画)

3.4

今回もデンゼル・ワシントンは死なない伝説!
なぜ彼はあんなにつよいのか、30年の成すものか。
ラスト全て暗記にはやられた。

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

3.7

アルパチーノハマり役すぎる。
ドンビトーのロバートデニーロもかっこいいね。

トワイライト ささらさや(2014年製作の映画)

3.1

大泉洋が乗り移って現れる演出は、格役者さんも大変だったのではないか。
面白い演出だった。

億男(2018年製作の映画)

3.0

九十九は帰ってくることを前提としてみた。
借金返したら、夫婦時間かけて話し合って、また再婚すれば良いと思う。
しかし、途中の競馬場とか、ミリオネアとか、はイライラしながらみた。

黒部の太陽(1968年製作の映画)

3.2

昭和30年代、よくも完成させたなと感心します。
3時間を超える作品ですが、一気見しました。

マイ・ボディガード(2004年製作の映画)

4.0

デンゼルワシントン強すぎる。
奴らを追い詰めていく復讐劇、ストーリーも良い。
ラスト自分の命が燃え尽きるのを分かっていて命の交換をしたクリーシー、渋い。

コロンビアーナ(2011年製作の映画)

3.5

復讐にいきるカトレア、最初の少女時代の逃走能力におとろき、のちのアクションもカッコ良かった。
楽しい作品だった。

グッモーエビアン!(2012年製作の映画)

2.6

ストーリーとしてはもやもやが残る内容。
大泉洋はマルチな役者だね。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

2.8

先ず実はという所がすごい。
生意気な女子高生広瀬すず、信念を曲げない教師天海祐希、二人のぶつかり合いと、皆んなの頑張りに感動した。

アウトロー(2012年製作の映画)

3.0

トムクルーズものとしてはアクションが寂しかった。

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.0

役者はそろっている。
長編スペクタクルとしてはまあまあ

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.5

かったるい映画かと思いつつみたけど、いい作品でした。
大泉洋はうまいね😋

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.2

都市伝説たしつ笑えた。
ガクトをはじめとして俳優陣も面白いメンツだつた。

>|