つづりさんの映画レビュー・感想・評価

つづり

つづり

映画(31)
ドラマ(0)
アニメ(17)
  • 31Marks
  • 75Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

⻤太郎誕生 ゲゲゲの謎(2023年製作の映画)

5.0

最高。丁度いいホラー感にアクション、愛に嫌な悪役…とにかく映画の良い要素てんこ盛り。
今年1面白かったかも。でも若者受けしまくりキャラ達がちょっと可愛すぎるかな。
グロシーンありの結構大人向け。個人的
>>続きを読む

スレンダーマン 奴を見たら、終わり(2018年製作の映画)

-

んー…ビックリする所は怖かったけど、話の内容の解釈がんー…って感じだなと思ってたら意外と皆同じで安心。

犬鳴村(2020年製作の映画)

2.0

邦画ホラーって感じ。予想外な急な展開が面白いかな…怖いけど邦画によくある人間的な怖さ

海獣の子供(2018年製作の映画)

5.0

海好きにはたまらん映画。海も空も儚くて不思議な雰囲気。子供の時の忘れられない一夏って感じ。ED曲天才過ぎ。鳥肌が止まらなくて映画の余韻が止まらない。映画館で見たい

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

再上映で改めて見てきました。子供の頃見た自分の感覚と全く違いあの頃よりも感動して泣いてしまいました。時間の流れが違う親子の愛、親を知らないのに子供を育て愛するマキアの愛、それに応えようとするエリアル。>>続きを読む

アリス・イン・ワンダーランド(2010年製作の映画)

5.0

ダークファンタジー感、アリスらしくへんてこりんのぽんぽこりん。まから始まる言葉を考えていました、マッドハッター大好きです。俺とした事がぼうしたことだ。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

1.0

衝撃的な展開から永遠に黒いドロドロとした液体に心が覆われているような感覚。
理解できない面白さ、良い意味で気持ち悪い感覚。二度と見ないかも、いい意味で

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

1.5

文豪太宰が好きで見ました。本当に人間として失格している小栗旬…美しかった…
ここまで男にのめり込める女達…生々しい超えてフィクションみたいな感覚でした。

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

4.0

恋愛モノ苦手だけど全然見れた甘過ぎない素敵な話。何人か登場するんだけどそれぞれの恋に、愛に浸りました。
友情愛、恋愛、不器用な愛。どのペアも好き…泣いた…泣いたよ…
後半の小坂と鹿野の会話が涙せずに居
>>続きを読む

君たちはどう生きるか(2023年製作の映画)

4.0

表現の暴力。火の表現、水の表現、人物の表情、音楽、効果音全てが素敵…没入感がすごかった。不思議な(いつもの)宮崎駿の物語って感じでした…余白を残すそれが良い、面白かったです。生きている間に宮崎駿の新作>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

温まる物語。壊滅的な状況なのに楽しく生きてる素敵なお話でした。家族ってなんだろう、家族の形ってなんだろうってなるよね、マスコミや世間の目が痛かった。
どんな理由があろうと犯罪は犯罪と割り切らなきゃいけ
>>続きを読む

寫眞館(2013年製作の映画)

2.7

声がない、台詞がないけれど音楽と表情だけで物語が読み取れる素敵な作品…温かい気持ちになれました…悲しい気持ちにもなれました…題名はなんと読むのでしょうか…

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.2

愛があるのか無いのか分からない。唯々相手がそこに存在しなければいけない、愛がなくても居なければいけない。親子間での共依存。感情は曇り時々嵐、どこまでも救われない話にドキドキしていました。
救いが無いと
>>続きを読む

蛇にピアス(2008年製作の映画)

1.5

時間が経つと良かったな…ってなる作品。主人公♀目線でしか話が進まないから全容が見えない。うまく見せようと何処かに匂わせる様なのが有るかも知れないけれど…私は感じ取れなかった。

けど面白い。真っ直ぐす
>>続きを読む

子宮に沈める(2013年製作の映画)

-

しんどい、しんどい、しんどい。評価が難しい。見れば見る程底無し沼の様に沈んでいく。
そして実際にこの事件が実際にあったと思い出すとなんとも言えない悲しい辛い気持ちになる。だけど見てよかった…新しい感情
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.0

グロにエロに情がぐちゃぐちゃ。見た事を後悔してるけど後悔してない、また新しい作品の類を見て私は感性が広がった気がするよ。勧められないけど面白かった。

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.4

複雑な関係、思春期特有の複雑な感情…と言うには線を超えている気がするけれど。
美しい殺人劇、異常な愛、複雑な情がてんこ盛り。
原作見てた人だからあまり期待はしなかったけれど全然グロい大好き。

告白(2010年製作の映画)

4.0

馬鹿みたいにみんな狂ってる。馬鹿と天才は紙一重だね。

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

2.0

エモーショナルに全振り?ずっとよく分からない愛の形…でもお互いがお互いの事好きなんだなと言う事だけは分かる。思春期すぎるよ。終わり方が大好き

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.5

ゾンビが苦手なのに見てしまった…夢にもでできたけれど終わり方が素敵ですね…ゾンビとかどうでも良いくらいの愛、愛じゃよ愛!!!

ミスト(2007年製作の映画)

4.0

聞いた事あるタイトルでただのホラーものだと軽い気持ちで見たら何という衝撃…。
思わず「え…」と声に出ていました、衝撃的な展開に脳が置いてけぼり。心臓がギューーとなった、だけどそれがいい。とても美味しか
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

どう語るかが難しいけれど愛の物語という感想でした…親子愛です。けれど瑞穂ちゃんにとって何が良いのか、家族にとって、お母さんにとって何が善なのかと言われると私でも無…となってしまいます。見た後の余韻もと>>続きを読む

母性(2022年製作の映画)

1.0

分からないな…
空白をたくさん残して作品が終わってしまいました…だけど見ている間の違和感がとても良かった…