まめもさんの映画レビュー・感想・評価

まめも

まめも

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

-

三角耳のモフモフ が傍にいるだけでがんばれるときって沢山あるもの

トムボーイ(2011年製作の映画)

-

白か黒かはっきりつかない気持ちにそっと寄り添ってくれるような映画
とても好きでした

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

-

羽海野チカさんが描くものは、どれも心をかき回されるからずるい。

月光の囁き(1999年製作の映画)

-

バカみたいによかったし、バカみたいに好きだった。なんでだろ。映画館でみられたのもよかった。

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

-

綺麗事に描かないからこそ、優しさや愛がとっても滲みてしまうけれど、それでもだれかを手繰り寄せて、手を握って、抱きしめてあげたくなるような映画。刺さる。

>|