中本さんの映画レビュー・感想・評価

中本

中本

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

3.5

いらんなと思う場面もあれどちゃんと面白い。リアルかどうかとか気にする人でも面白い。

ボルベール <帰郷>(2006年製作の映画)

3.8

最後はえっ?て感じだが、なにぶんアルモドバルの映画が好きみたい。ドラン的な魔法の手がある気がする。

推手(1991年製作の映画)

3.6

小さく唸りたくなる。厨房で動かせないくだりは素敵に滑稽。

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.3

1作目と監督同じだよな。どうしたんだ期待を返して欲しい。「カイジ」みたいになってるぞ。

はちどり(2018年製作の映画)

3.4

未分化で散文的なシーンが重なって、論理とか正しさは必ずしも全うされない、人生ってそういうものだなという気にはなった。妙な長回しやスローモーションのせいで長くもあるが、見てしまうのは達者なバランス感覚の>>続きを読む

ラスト、コーション(2007年製作の映画)

3.8

やや長いけれど、日本軍が占領していて云々とか主人公の心境の変化はできるだけ画面だけで表現しようとしていて魅力。何度もあった鏡や窓ガラスの反射を使った演出には都度垂涎。ラスト手前の車に飛び込む場面も鮮烈>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.7

達者。最後のシーンの細かいあれ。どうしてもシンバルに血が流れます。ハグした父親とか別れた彼女とかを清々しく置き去りにする。達者。

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

3.0

無邪気に憧れていた自由な民主主義の代表が、醜い虚構のあれこれを垂れ流している昨今、自分自身にもかような下劣さがないか慎重に振り返らねば死ぬ時に後悔しそう。

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.0

輝かしくも愚かな90年代半ばのクールさを、単なるノスタルジーではなくパチンと映している。その分なんだか暗い気持ちに。。

透明人間(2019年製作の映画)

3.8

古の仕掛けながら問答無用の高揚感。二拍手くらいして拝みたくなるカメラワーク。

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.5

これは許容範囲のセンスの良い映画になっていた。奇跡ばかり起こされても戸惑うからな。

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.1

車で転々と暮らすのもなんだかんだ楽しそうだし、アメリカの現状の一部としてふーんとは思った。けど、工夫がないっていうかアップと荒野を繰り返されてもどうかのお。

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.2

原作と脚本を突き合わせた際の違和感よりも安直と思える構成や進行が、逃げ恥的な示唆の積み重ね(もちろんそれも尊いが)に留まっているのが難しい。

恋人たちの食卓(1994年製作の映画)

3.9

好意的に小津と呟かずにはいられない。それに加えて小津映画から排除されていた料理シーンが素晴らしい。

最後まで行く(2014年製作の映画)

3.7

真上からのカットが好きだった。仕掛けからオチまでちゃんと映っていて素晴らしい。

あの夜、マイアミで(2020年製作の映画)

3.6

一応事実に基づいているらしいけど全く知らず唸る。モハメドアリの由来も知らなかった。

タクティカル・ユニット 機動部隊 -絆-(2009年製作の映画)

3.1

ぬーんと言う感じ。80年代の日本映画にあったナンセンスノリも薄らある。

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

3.0

スタジオ内では俗にルックと言われるような画面調整に苦心しているように思った。野外はそのまま。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

誰のどんな能力なのか分からないが、凄まじい才気のようなものを、シャラメが自転車を漕いだり寝転んだりベランダに立ったりするたびに浴びせられて呼吸困難。

マチェーテ・キルズ(2013年製作の映画)

3.4

大好きとかじゃないけど、コーヒー味のガムくらいには好き。

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

3.5

すごく面白い。三島由紀夫のイメージは変わった。哀しくも羨望の熱量。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.2

たしかにジャックパーセルは持っていたが、共感のばら撒き具合は長いドラマ番組を見たような気分。ナレーションが多くてトレンディ感もあり。

ペイン・アンド・グローリー(2019年製作の映画)

3.9

思っていたところより半拍くらい早いカットの繋がりにおっとっとっとと着いていくと、あれ?なんだか良いもの見たなーって気になるよ。

マッスルモンク(2003年製作の映画)

3.2

アンディラウがなんか着てるなと思っていたらカルマの話になった後半置いていかれそうになるんだけど。

キケンな誘拐(2013年製作の映画)

3.7

しっかり洗練されたタミル映画。チェンナイ良い。明日もカレーだ。

やがて哀しき復讐者(2011年製作の映画)

3.4

スルスル見られる謎解きサスペンスは後半いきなり停止。どういうこと?

セインツ -約束の果て-(2013年製作の映画)

4.0

ポンと出てくるいくつかの小さな場面が大きなうねりを生み出すフルコース感。たぶんすぐにどんなストーリーだったかは忘れそう。ただただお見事って感じ。

アメリカ(2015年製作の映画)

3.3

うむ。悪くはなかったけど意図していないのでは?というようなアバンギャルド感が出ていて、そこはうーむ、

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

3.8

絵を描くために、悟られないように輪郭などを見る前半。観客である自分も、手や耳の細部が気になってくる。ちょっとした視線の仕掛けなども素敵で感心しきり。役者は素晴らしいが、長い固定のカットが多用されている>>続きを読む

トマホーク ガンマンvs食人族(2015年製作の映画)

3.8

なくても良いかもしれない偏執的な場面がいくつもあり。でもある方が好き。フェティッシュと言えばそうだが、もっと天然モノな感じがする。興奮。

>|